1. HOME
  2. ブログ
  3. NTT東西のひかりクラウドPBXメリット・デメリットを徹底解説

NTT東西のひかりクラウドPBXメリット・デメリットを徹底解説

クラウドPBXとは

そもそもクラウドPBXとは、クラウドサーバーに電話番号を紐づけて、スマートフォンやPCで、場所を問わず会社の代表番号の発着信ができるサービスです。テレワーク時にも最適ですし、クラウド活用が進む中、旧来のビジネスホンからの移行をする企業が多いです。

クラウドPBXの詳細については以下の記事で詳しく解説しています↓

 

NTT東日本、西日本が運営するクラウドPBXが、ひかりクラウドpbx

NTTのひかりクラウドPBX

クラウドPBXは、いくつもの企業が提供しているサービスですが、その中でもNTT東日本、西日本が提供するサービスが、「ひかりクラウドPBX」です。

ひかりクラウドPBXは、NTTが提供するサービスということもあり、初めてクラウドPBXを導入する企業の場合、ブランドの安心感があり、よく検討される商品です。

ただ、一般的なクラウドPBXとは違う特徴があるサービスですので、以下ご紹介したいと思います。

 

ひかりクラウドPBXの特徴

ひかりクラウドPBXはフレッツ光(光回線)が必要

クラウドPBXには、光ファイバーがなんでも関係ないフルクラウド型のサービスがありますが、ひかりクラウドPBXはそうではありません。必ず、NTTの光ファイバー、フレッツ光の契約が必要となります。そのため、例えばレンタルオフィスで、自社で光ファイバーを引き込めない物件、マンションで光ファイバーはCATVしかダメな物件などでは、ひかりクラウドPBXを使うことはできません。

ひかりクラウドPBXの電話回線は、光電話

ひかりクラウドPBXには、ひかり電話オフィスエースが必要です。家庭用光電話、光電話オフィスタイプでは利用できません。

 

ひかりクラウドPBXのメリット

ひかりクラウドPBXでは、既存のビジネスフォンをGWという機械をレンタルして、設置することで利用が可能になります。そのため、ビジネスフォンのリースをしたばかりで、その電話機を使いたい企業には向いているサービスです。

 

ひかりクラウドPBXのデメリット

フレッツ光(光回線)が引けない物件では利用できない

さきほどもご説明しましたが、光ファイバー、NTTフレッツ光が必須のサービスとなります。そのため、NTTのフレッツ光が引き込めない物件では利用ができません。

光電話オフィスタイプ、家庭用の光電話では利用できない

光電話オフィスタイプや光電話では、ひかりクラウドPBXの利用ができません。そのため、例えば2~3人の企業だと、最適な光電話よりも、ひかり電話オフィスエースを使うことになり、電話回線部分の料金が高くなってしまいます。

特に影響するのは同時通話数の部分です。

以下、比較表を御覧ください。

プラン 家庭用光電話 光電話オフィスタイプ 光電話オフィスエース
基本料、ch数 500円(1ch) 1300円(3ch) 1100円(1ch)
1chあたりの追加ch料金 200円 400円 1000円
同時通話数上限 2ch 8ch 300ch

上記の表を見てもわかるとおり、同時通話数8ch以上、つまり人数でいうと、20名以上くらいの企業に最適なのが、ひかり電話オフィスエースプランになります。

ひかりクラウドPBXを使うために、10名で光電話オフィスエースを使うのは、ちょっと割高になってしまうところがります。

 

10名単位での利用

ひかりクラウドPBXでは、アカウント数が10名単位となります。そのため、1人、2人での利用でも10名分の料金が必要となり、10名を超えて11名で利用する場合は、20名分の料金が必要となります。

30名以上では、1名単位で追加が可能ですが、30名未満の企業では、不必要なアカウント分も支払う必要があるため、ちょっと使いづらいところがあります。

 

ひかりクラウドpbxの料金

ひかりクラウドPBXでは、まるらくオフィスというNTTの総合ITサポートサービスを契約するかどうかで、料金が異なります。

まるらくオフィスありの場合

ひかりクラウドPBX 料金表 まるらくオフィスあり

まるらくオフィスとは、NTTが提供するITサポートサービスで、ルーターは、オフィスではなく、NTT網に設置されており、セキュリティの強化、24時間監視、VPN通信が行えるようになるサービスです。

まるらくオフィスは月10,000円(税別)が必要となります。

つまり、ひかりクラウドPBX料金+まるらくオフィス10,000円+光電話オフィスエース料金がかかります。

例えば、10名で、1番号3ch、スマートフォンで利用する場合、

ひかりクラウドPBX16,500円 + まるらくオフィス10,000円 + 光電話オフィスエース3,100円 = 月額29,600円(税別) になります。

 

まるらくオフィスなしの場合

ひかりクラウドPBX 料金表まるらくオフィスなし

まるらくオフィスがない場合は、上記の料金表となります。

例えば、10名で、1番号3ch、スマートフォンで利用する場合、

ひかりクラウドPBX11,000円 + 光電話オフィスエース3,100円 = 月額14,100円(税別) になります。

 

できない機能がある

ひかりクラウドPBXは、一般的なクラウドPBXと異なり、できない機能がいくつかあります。

クラウドPBXでよく使われる機能 ひかりクラウドPBXでできるか?
通話録音 ×
段階着信
時間外アナウンス ×
留守番電話
外線転送
IVR ×
CRM連携 ×
コールレポート ×
PCソフトフォンでの通話 ×

時間外アナウンスができない、通話録音ができない、PCソフトフォンも通話ができないということで、ひかりクラウドPBXは、通常の電話が使えればいいという企業様に向いているサービスと言えるでしょう。

 

まとめ

NTT東西の光クラウドPBXは、NTTのフレッツ光、光ファイバーと光電話オフィスエースとセットで契約するサービスでした。そのため、利用する物件で、NTTの光ファイバーが契約できるかどうかの確認が必要となります。

また、10名単位のサービスで、少人数企業の場合は、料金が高くなってしまうケースがあるので、注意が必要でしょう。

逆に、30名以上の企業で、既存のビジネスフォンを生かしたい場合には、向いているサービスだと思います。

 

弊社では現在7社のクラウドPBXサービスの代理店を行っておりまして、料金や評判、機能、音質などから最適なサービスをご提案可能です。また、クラウドPBXは社内のネットワーク環境によっては、音質が劣化してしまいますが、私たちは、音質を高めるために光ファイバーや携帯についてもトータルでアドバイスさせて頂きます。

そして、電話番号が今の番号そのままに導入できるかなどもその場で回答できます!

ご興味があれば、まずはお電話にてお問い合わせくださいませ。

電話:株式会社アーデント 03-5468-6097 ※「クラウドPBXの記事を見た」とお伝えください。

または、おすすめのクラウドPBX7社比較サービスの詳細はこちらから↓以下ご覧下さい!

▷クラウドPBX7社一括比較サービス
の料金、詳細はこちら

 

 

 

専門家がまとめたクラウドPBXを比較する上で大事なポイントはこちら↓↓
クラウドPBX選定、5つの大事なポイント

関連記事

オススメのクラウドPBX 7社を一括比較!価格、機能が簡単に比べられます!

格安コールセンターシステムの導入ならクラウドPBXが驚きの安さだった!

クラウドPBXの音質を改善する方法 10選

クラウドPBX料金価格を一覧表で7社一括比較!

クラウドPBX導入で失敗するポイント6選とその回避方法を徹底解説!

クラウドPBXは個人事業主、sohoワーカーに最適な理由6選!

飲食店舗の電話には、断然クラウドPBXが向いている理由9選

士業の事務所の電話としてNTTより圧倒的にクラウドPBXが向いている理由9選

NTT局外でも固定電話番号をそのまま変えずオフィス移転する方法!

レンタルオフィスの電話番号や転送電話を使ってはいけない!?

光電話の引越しで電話番号を変えたくない場合の解決策

東京で電話番号を変えないオフィス移転をご希望の方へ

これから独立開業するなら、電話はだんぜんNTTよりクラウドPBXがいい理由7個

サロン系の店舗運営にお勧めの電話サービス!クラウドPBX

専門家がまとめたクラウドPBXを比較する上で大事なポイントはこちら↓↓
クラウドPBX選定5つの大事なポイント

クラウドPBXとビジネスホンのコストを徹底比較

バーチャルオフィスの転送電話よりクラウドPBXがいい理由4つ

引越、事務所移転で電話番号を変えたくないときに見てほしい厳選情報2019!

CRMに入れた顧客の電話番号をスマホに自動反映。クラウドPBXで着信時に相手先名を表示させる方法

料金最安のクラウドPBXはこれ!初期導入費用なし?!

CRMとクラウドPBX連携によるCTI機能がすごかった!(zoho CRMの場合)

テレワークの電話ならクラウドPBXが最適!役立つ7つの効果をまとめました!

クラウドPBXのFAX接続方法が実は4種類ある?!

フリーダイヤル料金はどこの会社が安い?!大手4社比較とさらにコストを削減する方法

フリーダイヤル料金の仕組みとは?クラウドPBXなら今よりも下げられる!


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事