1. HOME
  2. ブログ
  3. インターネット回線の「共有型」と「専有型」の違いとは?

インターネット回線の「共有型」と「専有型」の違いとは?

仕事を行う上で欠かせない存在となっているのが「インターネット」です。インターネット回線は大きく分けて「共有型」と「専有型」の2種類があります。

企業でインターネット回線を導入する際には、それぞれの特徴やメリットを押さえておくことが重要です。本記事では、インターネット回線の「共有型」と「専有型」の違いについて分かりやすく解説していきます

共有型のインターネット回線とは

共有型のインターネット回線とは、1本の回線を何本にも分岐させ、複数企業・ユーザーが共有して使用するタイプのインターネット回線のことです。

共有で使用するため安価に利用できるのがメリットですが、アクセスが多くなるとネットワークの遅延・不安定さにつながりやすくなります。

専有型のインターネット回線とは

専有型のインターネット回線とは、1つの回線を1企業が占有して使えるタイプのインターネット回線のことです。共有型とは真逆で他ユーザーの影響を一切受けないというのが特徴です。

専有型の場合、通信速度に関しても他者の影響を受けずに利用できるため、快適なインターネット環境の下で仕事に取り組めます。インターネット環境を利用する企業の多くは、この占有型のインターネット回線を採用しています。

専有型のインターネット回線は安定した通信が可能になりますが、共有型よりも費用は高額になりがちです。

インターネット回線を選ぶ際に重視するべきポイント

企業で新たにインターネット回線を導入する場合、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

  1. 通信速度・安定性
  2. 利用料金
  3. 対応エリア
  4. サポート体制の充実度

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

①通信速度・安定性

インターネットの品質に直結する重要な要素が通信速度です。通信速度の数値が大きければ大きいほど、送受信できるデータ量が多くなるため、快適な通信が可能になります

たとえば、Webサイトやメールの閲覧がメインであれば10Mbps程度の通信速度が必要であり、Web会議や動画の市町などでは20~50Mbpsの通信速度が必要です。光ファイバーの場合、最大で1Gbps以上のプランが用意されているため、基本的にどのような業務でも遅延や不安定さを感じることなく、快適に作業できるでしょう。

また、通信の安定性も重視するべきポイントです。前述した専有型のインターネット回線であれば、1つの回線を1企業が占有して使えるため、混雑等の影響を受けずに安定した通信が可能になります。

 

②利用料金

インターネット回線を選定する際には、インターネット回線の月々の利用料金も確認しておきましょう

インターネット回線の料金は、月額料金や初期費用、オプション料金など、サービス事業者によって異なります。また、キャッシュバックやセット割引などの特典を提供している事業者も多いため、複数の事業者を比較しつつ検討するのがおすすめです。

ただし、月額料金を安く抑えようとしてサービス内容が不足してしまったり、通信速度が遅くなってしまったりすると業務に影響が出てしまいます。そのため、自社の規模や業務内容を考慮しつつ、必要な要件を満たしているか、料金が適正であるかどうかを確認するようにしましょう。

 

③対応エリア

インターネット回線は、サービス事業者によって対応しているエリアが異なります。たとえば光ファイバーを利用したい場合、光ファイバーが通っていない地域ではサービスを利用できないため注意する必要があります。

どのインターネット回線を利用するか決まったら、サイトやカタログを見るなどして住んでいる地域に対応しているかどうかを必ず確認しておきましょう。

④サポート体制の充実度

たとえばインターネット回線を導入した後に回線や機器のトラブル・故障などが発生した場合、自社で迅速に対処するのが難しい場合があります。そのため、サポート体制が充実しているかも事前に確認しておきましょう

トラブルがあった際に迅速に対応してもらえる事業者を選んでおけば、安心感を持って利用することができます。具体的には、以下の内容を確認しておきましょう。

  • どのような方法で問い合わせできるのか(電話やメール、チャットなど)
  • サポートの対応時間
  • サービス事業者のサポートページが理解しやすいか

まとめ

今回は、インターネット回線の「共有型」と「専有型」の違いについて解説しました

共有型のインターネット回線は、1本の回線を何本にも分岐させ、近隣の複数企業・ユーザーが共有して使用するタイプのインターネット回線のことであり、専有型のインターネット回線は、1つの回線を1企業が占有して使えるタイプのインターネット回線のことを指します。ビジネスで利用する場合は、安定した通信が可能な専有型のインターネット回線がおすすめです

代表的な専有型のインターネット回線としておすすめなのが「NUROアクセス」「光ビジネスアクセス NEXT」の2つです。それぞれのサービスの特徴や料金について以下の記事で詳しく解説しています。こちらもぜひご覧ください。

 

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事