TOP クラウドPBX、通信関係 バーチャルオフィスの転送電話番号よりクラウドPBXがいい3つの理由

バーチャルオフィスの転送電話番号よりクラウドPBXがいい3つの理由

バーチャルオフィスやコワーキングスペースで代表番号を取得するなら、いくつかデメリットがありますので、そこを把握しておきましょう!その解決策として、クラウドPBXもご説明しています。

【要注意!】2021年11月に総務省で答申案が発表されています。

今後、バーチャルオフィス提供の電話番号は継続して利用ができなくなる可能性が高くなっています。

以下、総務省HP掲載資料の抜粋です。

【バーチャルオフィスへの対応について】

答申案/総務省でバーチャルオフィス提供電話が継続できないことに

答申案/総務省 情報通信審議会 電気通信事業政策部会 電気通信番号政策委員会(第32回)配付資料・議事録より⇒

 

 

 

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話番号、電話転送サービスとは?

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話番号、電話転送サービスとは?

バーチャルオフィスやコワーキングスペースを契約すると、電話番号や電話転送を施設側で提供しています。どんなものかというと、バーチャルオフィスの電話サービスは主に以下の3タイプに分かれます。

1.バーチャフオフィスが契約した番号を使う電話

このケースは電話の契約はバーチャルオフィス・コワーキングスペース側で持っていて、その業者がNTT等と契約した番号を提供されます。転送ではなく、発信も可能です。

電話機も、指定されたものをオフィス内に設置するのですが、1台10000円~20000円くらいとります。そのため、通常のオフィスを借りて、自分でNTTと契約するよりもかなり高額な負担となります。

 

2.外部の電話転送だけのサービス

実際には、そのバーチャルオフィス・コワーキングスペースのサービスではなく、外部の業者さんの転送電話サービスを自社サービスとして提供しているパターンです。

この場合、転送だけになりますので、発信ができません。また、携帯に転送して使いますので、

2人、3人同時に電話を受けることができません。転送先の人が、電車に乗っていれば、結局は電話を受けることはできなくなってしまいます。

バーチャルオフィスでは、このパターンが一番多いと思います。

 

3.外部の発信、着信可能な電話サービス

アプリを提供しているケースもあるのですが、このケースの場合、発信、着信両方が可能です。

できれば、こちらだと理想的ですね。

 

この3パターン、どれもが、そもそもバーチャルオフィス事業者が電気通信事業の許認可を受け、そのルールに基づいた電話番号の提供を行っていないことがほとんどです。

 

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話番号、電話転送サービスの欠点、デメリット

 

欠点1 通話料が高い

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話番号、電話転送は通話料が高い

 

バーチャルオフィス提供の電話番号で、発信もできる場合、かなり通話料が高額なケースが多いです。

一例ですが、以下のような料金設定が多いです。

 

NTTの光電話   バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供電話
8円/3分   →    20円/3分

約2.5倍の料金設定ですね。

また、この通話料は高いので、どこの会社もHPに掲載をしておりません。通話料部分を先にデポジットで預ける方式のところも多いです。

 

欠点2 将来住所を移転して番号をもっていくことができない

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話番号、電話転送は将来移転した場合に番号が変わってしまう

将来オフィス移転をして、そのバーチャルオフィス・コワーキングスペースから出る場合は、使っていた電話番号は必ず変わってしまいます。

お客様への説明はかなり面倒ですよね。

欠点3 全員で電話を受けられない

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話番号、電話転送は電話を全員で受けることができない

これも、地味にデメリットです。

転送先に携帯に転送する場合ですが、一人にしか転送ができません。

 そのため、転送先の人が電車に乗っているなど、電話に出れない状況になると、鳴りっぱなしで、結局は留守番電話や外部の電話秘書に転送することに。

 

欠点4 FAXについては基本対応外。もしくは、受信のみ

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話番号、電話転送ではFAXは使えないか、もしくは受信のみ

いまだにFAXは使っている企業様も多いと思いますが、バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供サービスでは、

FAXは、対象外かもしくは送信ができないことがあります。

ただ、こちらは施設によっては送信ができるサービスを提供しているケースもあります。その場合でも、電話番号は、電話番号と1番違いなどにはできず、局番から全然違う番号になってしまいます。

 

解決策は、直接クラウドPBX・クラウド電話サービスを契約!

解決策は、クラウドPBX・クラウド電話を契約

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話では、上記の問題が付いてきてしまいます。

それを解決するには、クラウドPBXの導入を検討しましょう。

 

こちらであれば、以下の対応が可能です。

1.将来移転しても使い続けられので、移転時の手間がなくなります。

2.通話料は、NTTの光電話よりも安く、コストダウンに。

3.電話は全員で外でも受けることができて、お客様からの電話を逃さないですみます。

4.FAXもセットで契約ができるので、連番も用意が可能

クラウドPBXの詳細はこちら↓

クラウドPBXとNTT光電話のコスト比較

以下料金を比較してみました。

クラウドPBXとNTTひかり電話のコスト比較表
まず、光ファイバーがなくても使えるので、NTTで契約するよりもかなりお得です。

また、通話料も安いのと、転送費用が外でもスマホで受けられるため、削減できるので、かなりのコストダウンになります。

 

まとめ

これからバーチャルオフィスコワーキングスペースの契約をお考えなら、電話については、施設提供電話を契約する前に、一度クラウドPBXを比較してみましょう!!

 

弊社では現在7社のクラウドPBXサービスの代理店を行っておりまして、料金や評判、機能、音質などから最適なサービスをご提案可能です。また、クラウドPBXは社内のネットワーク環境によっては、音質が劣化してしまいますが、私たちは、音質を高めるために光ファイバーや携帯についてもトータルでアドバイスさせて頂きます。

そして、電話番号が今の番号そのままに導入できるかなどもその場で回答できます!

ご興味があれば、まずはお電話にてお問い合わせくださいませ。

電話:株式会社アーデント 03-5468-6097 ※「クラウドPBXの記事を見た」とお伝えください。

または、おすすめのクラウドPBX7社比較サービスの詳細はこちらから↓以下ご覧下さい!

▷クラウドPBX7社一括比較サービス
の料金、詳細はこちら

 

関連記事

オススメのクラウドPBX 7社を一括比較!価格、機能が簡単に比べられます!

格安コールセンターシステムの導入ならクラウドPBXが驚きの安さだった!

クラウドPBXの音質を改善する方法 10選

クラウドPBXは個人事業主、sohoワーカーに最適な理由6選!

飲食店舗の電話には、断然クラウドPBXが向いている理由9選

士業の事務所の電話としてNTTより圧倒的にクラウドPBXが向いている理由9選

NTT局外でも固定電話番号をそのまま変えずオフィス移転する方法!

レンタルオフィスの電話番号や転送電話を使ってはいけない!?

光電話の引越しで電話番号を変えたくない場合の解決策

東京で電話番号を変えないオフィス移転をご希望の方へ

クラウドPBXでコールトラッキングができる?!

これから独立開業するなら、電話はだんぜんNTTよりクラウドPBXがいい理由7個

サロン系の店舗運営にお勧めの電話サービス!クラウドPBX

クラウドPBXとビジネスホンのコストを徹底比較

バーチャルオフィスの転送電話よりクラウドPBXがいい理由4つ

引越、事務所移転で電話番号を変えたくないときに見てほしい厳選情報2019!

CRMに入れた顧客の電話番号をスマホに自動反映。クラウドPBXで着信時に相手先名を表示させる方法

クラウドPBXで使える電話機の種類を全てご紹介!

料金最安のクラウドPBXはこれ!初期導入費用なし?!

CRMとクラウドPBX連携によるCTI機能がすごかった!(zoho CRMの場合)

テレワークの電話ならクラウドPBXが最適!役立つ7つの効果をまとめました!

クラウドPBXのFAX接続方法が実は4種類ある?!

フリーダイヤル料金はどこの会社が安い?!大手4社比較とさらにコストを削減する方法

法人の固定電話代削減でおすすめの方法!経費削減ノウハウ!

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事