1. HOME
  2. ブログ
  3. 料金最安のクラウドPBXはこれ!初期導入費用なし?!

料金最安のクラウドPBXはこれ!初期導入費用なし?!

<この記事を書いた人>

そもそもクラウドPBXとは?

クラウドPBXとは、インターネットを活用した電話のことで、従来のビジネスホンのPBXをクラウドサーバーが代わりに行う電話のことです。

インターネットの電話なので、スマートフォンで、どこにいても会社の代表電話の発着信が可能で、テレワーク導入が進む昨今、人気のサービスになっています。

詳細はこちら↓

 

通常かかる初期導入費用と月額費用目安

クラウドPBXにする場合、初期導入費用と月額費用がかかります。

初期導入費用目安

これは会社によって大きく異なりまして、

目安ですが、1ユーザー当たり1万円前後かかります。ただし、電話機を購入する場合は電話機代がかかりますので、より導入費用は高くなります。

例えばオプション無、1番号、5人で利用する場合、6~15万円ほどかかります。

 

月額費用目安

こちらも会社によって異なるのですが、以下の料金構成になっています。

基本料 5000円前後のサービスが多いです。
アカウント(1ユーザー当たりにかかる料金) おおよそ1ユーザー当たり月額1200円前後が多いです
電話番号代 100円~1000円、番号あたりかかります。
オプション費用(IVRやモニタリング、通話録音等) 各会社によって異なります。

例えばオプション無、1番号、5人で利用する場合、1万円前後が毎月かかります。

料金最安のクラウドPBXサービスはこれ!

そんな料金最安のサービスはこちら、clocallです。

clocallの料金体系はこうなっています。

初期導入費用

かかりません。

月額費用

基本料 なし
アカウント 1人当たり980円。ただし、5人以上は人数が増えても定額4900円
電話番号代 1番号当たり月額100円
オプション 通話録音:1ユーザー当たり月額1000円

IVR:月額500円

フリーダイヤル:月額3000円

音声カスタマイズ:月額500円

仮にオプション無、1番号、5人で利用する場合、

初期導入費用はなく、月額5000円(ユーザー単価980円×5 + 番号代100円)のみになります。

通話料金

宛先 clocall NTT光電話
固定電話宛 8円/3分 8円/3分
携帯電話宛 16円/1分 17円前後/1分
アメリカ 5.5円/1分 9円/1分
中国 3.33円/1分 30円/1分

clocallは、海外に発信する場合特に安く、おそらく国内最安です。

 

 

対応できる電話番号(局番)

発番できる番号は以下の通りです。

局番 エリア 注意事項
03 東京
043 千葉 千葉県佐倉市、千葉市(花見川区横戸町及び柏井町を除く)、八街市、四街道市、印旛沼郡酒々井町
044 川崎 神奈川県川崎市、東京都町田市(三輪町及び三輪緑山に限る)
045 横浜
048 埼玉 埼玉県上尾市、桶川市、春日部市、さいたま市、蓮田市、 北足立郡
052 名古屋
06 大阪
011 札幌 北海道江別市、札幌市、北広島市、空知郡南幌町
050 全国
0120、0800 フリーコール

clocallの機能

通常ビジネスで必要となる電話機能は、全部対応しています!

 

clocallの欠点

ただし、clocallには以下の欠点があります。

1.番号ポータビリティができない

基本的には新規発番での利用となります。そのため、これから開業する、新規事業などに向いています。

なお、フリーダイヤルについては、ポータビリティが可能です。フリーダイヤルの場合、通話料は前述の料金表のとおりとなりまして、ソフトバンク、NTT、KDDI,楽天よりも安いです。

詳細はこちら↓

 

2.クラウド上の共有電話帳がない

誰かが登録したら、全員に反映されるクラウド電話帳の提供はありません。

3.段階着信は20秒固定

着信を全員に同時にさせるのではなく、まずは総務スタッフさんに着信させ、出れなかったときに、役員や営業を鳴らすということができるのですが、この遷移時間は20秒固定になります。他のクラウドPBXですと、1秒単位で設定が可能です。

4.モニタリング、ウィスパリングがない。コールセンター機能は弱い

コールセンターで必要になってくるモニタリング(上司が部下の会話を聞く機能)、ウィスパリング(上司が、会話中にお客様に聞こえないように部下にアドバイスする機能)がありません。コールセンターを将来的にやる予定の企業には向いていないです。

 

まとめ

基本、電話が使えればいいという少人数の企業にはこれほど安く導入できる電話サービスはありません。仮に5人で利用する場合、NTTの光電話なら、光ファイバー代で5000円くらい、光電話代で2500円くらいで合計7500円くらいかかりますし、もちろん家では電話は受けられません。

弊社では、クラウドPBXサービスを全部で7社代理店をしていて、他社のクラウドPBXも詳しいのですが、外出が多かったり、テレワークをする予定で、かつコストを抑えたい企業様には、clocallがおすすめです!!

資料、見積もり希望のお客様は以下からお問い合わせくださいませ。

clocallへのお問い合わせはこちらのフォームからお問い合わせくださいませ!



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

申込はこちら

なお、急いでいて、すぐに申し込みたいという方はこちらから。3人分のアカウント作成までは、無料で行えまして、その後内線通話までは無料でお試しが可能です。

clocall 新規アカウント作成フォームへ

 


クラウドPBX選びの大事な5つのポイント

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

クラウドPBX、通信関係の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。