1. HOME
  2. ブログ
  3. クラウドPBXの市場シェアは?拡大傾向にある5つの要因もあわせて解説!

クラウドPBXの市場シェアは?拡大傾向にある5つの要因もあわせて解説!

クラウドPBXは企業活動を豊かにして、業務の効率化を図るシステムです。しかし「自社でクラウドPBXの導入を検討しているが、実際どのくらいの企業がクラウドPBXを導入して、どのようなメリットを享受しているのか」と気になる人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、クラウドPBXの市場シェアが拡大傾向にある5つの要因について解説します。

そもそもクラウドPBXが何かについては以下の記事を御覧ください↓

 

クラウドPBXの市場シェアおよび今後の動向は?

クラウドPBX市場シェア

クラウドPBXは、ここ数年で大企業を中心に普及しつつあります。これまでのPBXが持っていた機能をそのままに、クラウドPBXはさらに高い利便性を持ったシステムへと進化し続けています。

少しずつ世間に認知されているクラウドPBXですが、一体どれほど現在の市場に広まり、将来性があるのでしょうか。自社へ導入する前に確認しておきましょう。

クラウドPBXは2010年代になって新しく登場したサービスのため、2022年現在においてクラウドPBXの市場シェアを表した明確なデータはなく、参考となる資料が少ないのが現状です。

しかし、アメリカの調査機関であるParallels社が、2011年と2012年のクラウドPBXの市場シェアに関する情報を公開しています。2011年におけるシェア率は、企業規模ごとに差が出ており、従業員数が50名未満の小規模SMBでは3%、従業員数が250名未満の大規模SMBでは13%になっています。

当時のシェア率は低いですが、現在のクラウドサービスの普及率が伸びていることによって、2020年時点で5%は上昇すると予測されています。

今後の動向としては、現代の変わりつつあるワークスタイルによって、従来型のPBXやコードレスホンの需要は今後減少傾向になると予測されています。これは企業活動が音声コミュニケーションを基盤とし、クラウドとの連携やスマートフォンで使える内線アプリの利用が進む可能性が高いことから、ある程度推測できるでしょう。

そのため、中小企業から大企業までテレワークの需要が増加している傾向から、今後もクラウドPBXの利用率が増加していくと予測されています。また、現在では多くの企業からクラウドPBXが開発されているため、さらなる機能の拡張や利便性の向上などが期待できます。

クラウドPBXの市場シェアが拡大していく5つの要因

市場シェアが伸びていく

クラウドPBXの市場シェアは増加傾向にありますが、何故ここまで急速に普及しているのか気になる人も多いのではないでしょうか?

クラウドPBXの市場シェアが伸び続けている理由には、主に5つの要因があります。ここでは、そのクラウドPBXの市場シェアが拡大していく5つの要因について解説します。

会社外でも電話環境を構築できる

クラウドPBXは、インターネット環境さえ整っていれば会社外でも快適な電話環境を構築可能です。社外で内線を使用してスタッフ同士で連絡を取り合う機会が多い場合や、会社の固定番号で外線に受発信したい場合に役立ちます。

そのため、会社外での活動も多い企業にとっては利便性が高く、導入を検討している企業も増えているようです。またクラウドPBXであれば、外出中の担当者への取り次ぎも簡単です。従来のPBXのような着信に折り返す必要がなくなるため、社内外問わず快適な電話環境が構築できます。

低コストでの導入が可能

クラウドPBXは、その導入コストが従来のPBXに比べて低コストで導入できるため、導入するためのハードルがそこまで高くなく、気軽に買い換えできます。

クラウドPBXでは、各々が所持しているプライベート用のスマートフォンやPCにクラウドPBXの機能を付け加えることができるため、電話機端末の本体代金やPBXの設置にかかる配線工事も必要ありません。

自身のスマートフォンやPCに専用のアプリをインストールし、会社内にクラウドPBX用のアダプタを設置するだけで導入できる手軽さが魅力です。

通話料を大幅に削減できる

クラウドPBX通話を活用すれば、従来のPBXに比べて大幅にコストダウンできます。クラウドPBXの運用コストは、月額費用やオプション費用、通話料のみになります。そのため、従来のPBXで必要であったリース契約料金や定期メンテナンス料、修理費用などがかかりません。

月額料金はかかってしまうものの、オプションの有無や従来のPBXでかかっていたリース契約料金を考慮すれば、総合的に月々の運用コストをお得に抑えられます。

また、クラウドPBXに不具合が発生した際のメンテナンスは、クラウドPBXのメーカーが対応するため、現場にあまり余計な負担を強いることなく使い続けられるでしょう。

テレワーク化が進む

クラウドPBXは、テレワークを積極的に導入したい企業にはぴったりのシステムです。導入することで、着信の度に会社に出向いて応答する必要もなくなります。

そのため、コールセンターやお問い合わせの窓口業務は、このクラウドPBXを活用することで在宅でも不自由なく業務を進められます。業務効率の向上を始め、ライフワークバランスの見直しも期待できるため、多様な働き方を推進している現代にマッチしたシステムといえるでしょう。

便利な拡張機能が豊富にある

クラウドPBXには、通話機能以外にも通話録音機能や勤怠管理システム、スケジュール管理機能などといった充実した機能の数々が搭載されています。

このような機能は基本的にオプション機能になりますが、一台で何役もこなせるシステムのため、人件費の削減や業務の効率化を考慮すれば多くのメリットを受けられます。この機能の利便性があることで、従来のPBXからクラウドPBXへ乗り換える企業も少なくありません。

まとめ

この記事では、クラウドPBXの市場シェアが拡大傾向にある5つの要因について解説しました。企業における様々な管理業務を一元化したい場合は、クラウドPBXを導入することで多くのメリットを受けられます。

クラウドPBXを導入する企業は増加傾向にありますが、無暗に導入するのではなく、自社の業務を見直してクラウドPBXの導入が必要なのかどうかを改めて検討してから導入しましょう。

 

 

弊社では現在7社のクラウドPBXサービスの代理店を行っておりまして、料金や評判、機能、音質などから最適なサービスをご提案可能です。また、クラウドPBXは社内のネットワーク環境によっては、音質が劣化してしまいますが、私たちは、音質を高めるために光ファイバーや携帯についてもトータルでアドバイスさせて頂きます。

そして、電話番号が今の番号そのままに導入できるかなどもその場で回答できます!

ご興味があれば、まずはお電話にてお問い合わせくださいませ。

電話:株式会社アーデント 03-5468-6097 ※「クラウドPBXの記事を見た」とお伝えください。

または、おすすめのクラウドPBX7社比較サービスの詳細はこちらから↓以下ご覧下さい!

▷クラウドPBX7社一括比較サービス
の料金、詳細はこちら

 

 

 

専門家がまとめたクラウドPBXを比較する上で大事なポイントはこちら↓↓
クラウドPBX選定、5つの大事なポイント

関連記事

オススメのクラウドPBX 7社を一括比較!価格、機能が簡単に比べられます!

格安コールセンターシステムの導入ならクラウドPBXが驚きの安さだった!

クラウドPBXの音質を改善する方法 10選

クラウドPBXは個人事業主、sohoワーカーに最適な理由6選!

飲食店舗の電話には、断然クラウドPBXが向いている理由9選

士業の事務所の電話としてNTTより圧倒的にクラウドPBXが向いている理由9選

NTT局外でも固定電話番号をそのまま変えずオフィス移転する方法!

レンタルオフィスの電話番号や転送電話を使ってはいけない!?

光電話の引越しで電話番号を変えたくない場合の解決策

東京で電話番号を変えないオフィス移転をご希望の方へ

クラウドPBXでコールトラッキングができる?!

これから独立開業するなら、電話はだんぜんNTTよりクラウドPBXがいい理由7個

サロン系の店舗運営にお勧めの電話サービス!クラウドPBX

専門家がまとめたクラウドPBXを比較する上で大事なポイントはこちら↓↓
クラウドPBX選定5つの大事なポイント

クラウドPBXとビジネスホンのコストを徹底比較

バーチャルオフィスの転送電話よりクラウドPBXがいい理由4つ

引越、事務所移転で電話番号を変えたくないときに見てほしい厳選情報2019!

CRMに入れた顧客の電話番号をスマホに自動反映。クラウドPBXで着信時に相手先名を表示させる方法

クラウドPBXで使える電話機の種類を全てご紹介!

料金最安のクラウドPBXはこれ!初期導入費用なし?!

CRMとクラウドPBX連携によるCTI機能がすごかった!(zoho CRMの場合)

テレワークの電話ならクラウドPBXが最適!役立つ7つの効果をまとめました!

クラウドPBXのFAX接続方法が実は4種類ある?!

フリーダイヤル料金はどこの会社が安い?!大手4社比較とさらにコストを削減する方法

法人の固定電話代削減でおすすめの方法!経費削減ノウハウ!

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事