1. HOME
  2. ブログ
  3. windows10、11でWIFI接続不良の原因を調査する方法

windows10、11でWIFI接続不良の原因を調査する方法

WIFIがよく切れるということってありますよね。原因を調べる方法がwindowsPCでは標準で装備されているので、その使い方をご紹介したいと思います。

wifiレポート表示の仕方

1 windowsの検索窓に cmd と入力する

windows画面下にある虫眼鏡の検索マークをクリックしましょう。

windows11の検索窓にcmdと入れて検索したところ

 

2.管理者として実行をクリック

cmdと検索後、管理者として実行を選択

管理者権限が必要ですので、管理者として実行をクリックします。

 

3.コマンドプロンプトが開きますので、netsh wlan show wlanreport と入力してエンター

出てきたコマンドプロンプトに 「 netsh wlan show wlanreport 」と入力してエンターキーを押しましょう。

そうすると以下の画面になります。

このレポート書き込み先のURLをコピーします。

4.ブラウザにコピーしたURLを張り付ける

3.のURLをchromeやedgeなどのブラウザに張り付けて、エンターを押しましょう!

そうするとレポートが表示されます。

WIFIレポートの見方

グラフ解説

一番上に上記のグラフが表示されます。

最初に「C」というマークがグラフ上の一番左上に出てくると思います。下に説明もありますが、Cはstarted a connectionで、WIFIへの接続を始めましたよという意味です。なお一番上の列はWLANですから、WIFIネットワークのステータスになります。

その後、「I」というマークがCの下に出てくると思います。IはNetwork is connected to internet ですので、インターネットにつながったよという意味になります。この上から2段目の列は、「NCSI(Network Connectivity Status Indicator))」といいまして、windows側でのネット接続状態を表している列になります。

その右側に今度はWLAN列に「D」マークがでてきていますね。DはDisconnected from a networkですので、ネットが接続されたことを意味しています。また、NCSI列にも、「N」マークが出ていますが、windows側でもネットがつながっていないという状態になったことを表しています。

ちなみに、NDISはNetwork Driver Interface Specificationの略で、windowsPCから各ソフトウェアがWIFIにつながって、ネットにアクセスするインターフェースのことを言います。

WIFIがつながらなくなったときに、このどの列にマークがあるかで、切断理由がWIFIのアクセスポイントなのか、それともwindowsなのか、それともソフトウェアなのか判断するポイントになります。

また、マウスカーソルをグラフ上の「D」とか「N」に合わせるとより詳細情報が表示されます。

WIFIレポートの情報

 

レポートの情報(システム、ユーザー等)

次のセクションでは、レポートの情報がわかります。使っているPCの名前、ユーザーの名前などが表示されます。PCの端末名もわかりますね。また、上から2行目に3daysと記載がありますが、レポートは直近3日間の情報という意味になります。

サマリーの見方

サマリー

次に各WIFIのSSIDごとの詳細になるのですが、あまり活用する部分ではないので飛ばしまして、サマリー部分をご紹介します。

上のSession Success/Failuersでは、WIFI接続がうまくいかなかったアクセスや注意すべきアクセスの数が書いてあります。ここでは、この3日間で1回WIFI接続に失敗したことがわかります。

次にDisconnect Reasonsですが、こちらはつながった後に切断した理由が出ています。

これを見るとユーザーが切断したのが2回、ドライバーからの切断が2回、またアクセスポイントが表示されなかったため、つながらなくなったが1回あったことがわかります。

詳しくはここではわからないのですが、各回数が把握できます。

各接続の詳細

ガストで接続を自分で切断したレポート

その下には各WIFI接続ごとの詳細が出てきます。上記の画像では、SSIDに「Wi2_Free_at_[SK.GROUP]」と記載がありますので、先日ガストに行ったときのアクセスが表示されています。ここのSSID欄をみれば、どのWIFIにつないだときのものか特定できますね。日時欄で、時間、分、秒までわかりますので、ここである程度把握が可能です。

特に赤、オレンジの行が切断関係ですので、確認しましょう!

「+」マークをクリックすると詳細情報が出てきます。このWIFI接続は、ユーザーが切断したようです。

また、別のWIFIアクセスでは、ドライバーによって切断されたことがわかります。

もし、このドライバーが原因での切断が多い場合、PCにインストールされているドライバーに問題がある可能性があります。

こちらの記事を参考にドライバーを入れ替えてみましょう。

WINDOWS10でWIFIが頻繁に切断される問題を修正⇒

 

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事