1. HOME
  2. ブログ
  3. GoogleのAppSheetでできること、料金を徹底解説!

GoogleのAppSheetでできること、料金を徹底解説!

昨今のDX推進の潮流において、システムやアプリケーションの開発を外注せず、社内のリソースのみで行う取り組みが注目されています。

このような内製化を実現する方法の一つとして「AppSheet」を活用する企業が増えています。AppSheetはノーコードでアプリを開発できるため、社内にITに関する専門知識を持った人材がいない企業でもスピーディーに開発作業を進められます。

本記事では、AppSheetでできること、導入するメリットについて解説します。AppSheetの料金についても詳しく解説しますので、導入を検討している方はぜひご参考にしてください。

AppSheetとは

Appsheet画面例

経費申請アプリ作成画面例

AppSheet とは、Google Cloud のサービスの1つとして提供されている「ノーコードでアプリケーションを開発できるプラットフォーム」のことです。

ノーコードとは、コーティング作業を行うことなくアプリを開発する手法のことを指します。IT人材の不足が大きな課題となっているIT業界において、ノーコード開発の注目度は年々高まっています。

AppSheetでできること

AppSheetを導入すれば、以下の3つが可能になります。

①現場で使えるアプリケーションの開発

経費申請アプリのタブレット用画面例

経費申請アプリのタブレット用画面例

AppSheetでは、画面上での設定や関数の記載により現場で使えるアプリケーションをすぐに構築することが可能です

AppSheetでは、GoogleスプレッドシートやGmailなど、普段業務で使っているデータを使用してアプリ開発ができるのが特徴であり、データベースなどの環境をわざわざ構築する手間はありません。

例えば、外部のベンダーにアプリケーション開発を依頼する場合、見積もりや契約、発注などの手続きに時間が掛かってしまうケースがほとんどです。

AppSheetでアプリケーションの開発を実施すれば、社内にIT人材がいなくても開発作業を進められるようになります。

②Google Workspaceの各サービスとの連携

前述した通り、AppSheetはGoogleスプレッドシートやGmailなどの「Google Workspace」の各サービスと連携することが可能です。

 

※Google Workspaceについては、以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

例えば、Gmailの画面上にAppSheetで作成したアプリを表示して、Gmail上で操作したり、AppSheetで顧客情報を一元管理したりといった作業が可能になります。

 

普段の業務でGoogle Workspaceを活用している企業であれば、特にAppSheetのメリットを享受できるでしょう。

③定型作業の自動化

AppSheetは「AppSheet Automation」という機能が備わっています。Automationを利用すれば、普段実施している定型作業を自動化することができます

例えば、スプレッドシートからドキュメントへの転記作業や報告書の作成業務などがある場合、Automation を利用することで効率化することが可能です。これらの定型かつ繰り返しの多い作業を自動化することで、業務効率を大幅に上げることができるでしょう。

AppSheetの基本プラン料金表

AppSheetの基本プランの料金表は以下の通りです。

Free Starter Core Enterprise Standard Enterprise Plus
料金 無料 $5/ユーザー/月 $10/ユーザー/月 問い合わせが必要 問い合わせが必要
利用できる機能 ・一通り基本機能を利用できる

外部公開不可

・基本的なアプリ開発

・自動化

・NFCの利用やセキュリティ管理

・メールでのサポート

・機械学習

・外部API の利用

・ガバナンスポリシーの策定

・Google AIなど高度なデータ接続も可能

自動メール送信 ×
自動タスク作成、GAS連携 ×
OAuthプロトコルを使用して、GoogleやMicrosoftなどクラウドストレージのアカウントを使用してサインイン ×
QRコードスキャン × ×
アプリのイベントまたはスケジュールに基づいてデータ変更と Webhook を自動化 × ×
ユーザー管理、セキュリティフィルター、データ更新モードの変更、モバイルの暗号化 × ×
OCR、機械学習モデル × × ×
各種API連携 × × ×
Active Directory、OpenID Connect、Okta、Cognito連携 × × ×
アプリのライフサイクル管理、エラーレポートの自動化、ユーザー操作の追跡 × × ×
チームでのデータソース共有、ドメイン認証、コネクタの共有 × × ×
オンプレミスのデータソースにODataから接続。Google AI(Doc AI)など高度なデータ接続 × × × ×
ガバナンスポリシーを策定してチームで共有。アプリ作成者レポートとアラートの自動化 × × × ×
AppSheetサーバーのリソース割り当てを増やしたり、履歴を長期間保存 Low Low Low Midium High
サポート × × メールサポート 優先サポート 優先サポート

Appsheetは作成したアプリを外部へ公開しない限り、無料で利用できます。最大10ユーザーまでは無料で共有できるため、小規模な利用では無料プランで十分だといえます。

外部公開や10ユーザー以上で利用する場合は、Starter、Core、Enterprise Standard、Enterprise Plusから選ぶことになります。Enterprise Standard、Enterprise Plusの料金に関しては、問い合わせる必要があります。

AppSheet pubilerproプランについて

Publisher proプランは、外部ユーザーにアプリを公開するプランです。

そのため、アプリを構築するユーザーではなく、利用するユーザー分は課金しないプランで、料金は月額50ドルです。

数多くのユーザーに公開する場合にはこちらがお得です。

ただし、外部ユーザーはログインせずに、そのアプリを使うことになります。そのため、大事な発注等で使うと、本当に誰が発注したかの責任が不明確になりますので、気を付けましょう。

 

アプリの公開(デプロイ)について

実は、Appsheetは、アプリの外部公開(デプロイと言います)をしない限り、料金が発生しません。

そのため、例えばGoogle workspaceを契約しているユーザー内で、10名未満で使う場合は、無料で使うことができます。

ただし、無料で公開していない状態だと、特定の動作をしたら、メールを送信するなどのいくつかの機能に制限がかかります。

なお、有料契約をすれば、すべての機能が開放されます。

 

 

AppSheetのメリット

AppSheetを導入することで、社員がITやプログラミングに関する知識を持っていなかったとしても、短時間で高機能なアプリを作れるようになります。

また、現場メンバーが開発に携わることで、現場の課題を解決できるアプリを開発できるメリットもあります。開発費を抑えつつ、業務効率化につながるアプリを開発できるでしょう。

また、普段からGoogle Workspaceを活用している企業の場合、そもそもAppsheetのコアプランが無料で利用できます!GoogleサービスとAppSheetを連携することでさらに生産性が高い業務を実施することが可能です。

まとめ

今回は、AppSheetでできることや導入するメリット、料金について解説しました

AppSheetを利用すれば、現場の課題解決に最適なアプリを社内でスムーズに作れるようになります。ぜひAppSheetを使ってアプリ開発を行ってみてください。

 

今後google workspaceのプランを見直す、または新規導入予定の方へ

google workspaceもしくはmicrosoft365の新規導入もしくは商流変更をお考えの方は、弊社ITの専門家が最適なプラン選定をアドバイスします。

また、弊社からの導入で、以下のメリットがあります。

googleworkspace公式HPからだと14日間の無料利用期間⇒30日間に。

②支払いは請求書払い可

他クラウドサービスとセット導入で特別に割引価格でご提供

④1年間、Google workspaceのマニュアル動画を無料で視聴(2年目以降は年350円が必要)

IT導入補助金を使って2年間半額でのご提案も可能

⑥弊社で作成したappsheetアプリ(勤怠有給管理アプリ備品発注管理、商談管理、従業員同士感謝記録アプリ等)無料進呈

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「google workspaceの記事を見た」とお伝え下さい。

google workspaceお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。

会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント


関連記事

GoogleWorkspaceはIT導入補助金の対象?どれくらいお得になる?

GoogleWorkspace管理画面のセキュリティ設定完全解説

AppSheetなら備品発注管理アプリを一瞬で作れる?!

スプレッドシートとGASによる業務自動化の例を紹介

Gmail(Google Workspace)でホワイトリストを設定するやり方

2024年2月から!Gmailの送信ガイドラインの変更を徹底解説

Google Workspaceのマニュアル動画が、社員教育に便利!

OutlookからGoogle WorkspaceのGmailへメールデータを移行する方法

企業でのApp Sheetの活用事例3選!利用するメリットも解説

GoogleのAppSheetでできること、料金を徹底解説!

完全無料!googleスプレッドシートの経費精算システムテンプレート

無料のスプレッドシートで有給管理を効率化!テンプレートを配布します!

従業員全員のGmailをバックアップする方法2選

Gmailで部下のメールを上司がチェックできるようにする方法2選

Googleスプレッドシートにパスワードを設定する方法

googleドライブで電子帳簿保存に対応する方法をわかりやすく解説

GoogleWorkspaceを初心者向けにわかりやすく解説

Google Workspace料金プランの違いとプラン選定ポイントを徹底解説



Google Workspace書籍紹介バナー


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事