オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト

images

外でも携帯で03、06等の代表番号を受けれるサービスバーチャルオフィスの転送電話よりクラウドPBXがいい理由4つ

2018年10月13日ワークプレイス作り,

バーチャルオフィスやコワーキングスペースで代表番号を取得するなら、いくつかデメリットがありますので、そこを把握しておきましょう!その解決策として、クラウドPBXもご説明しています。

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話番号、転送電話サービスとは?

IMG_9955-1

バーチャルオフィスやコワーキングスペースを契約すると、電話番号や転送電話を施設側で提供しています。どんなものかというと、バーチャルオフィスの電話サービスは主に以下の3タイプに分かれます。

1.バーチャフオフィスが契約した番号を使う電話

このケースは電話の契約はバーチャルオフィス・コワーキングスペース側で持っていて、その業者がNTT等と契約した番号を提供されます。転送ではなく、発信も可能です。

電話機も、指定されたものをオフィス内に設置するのですが、1台10000円~20000円くらいとります。そのため、通常のオフィスを借りて、自分でNTTと契約するよりもかなり高額な負担となります。

 

2.外部の転送電話だけのサービス

実際には、そのバーチャルオフィス・コワーキングスペースのサービスではなく、外部の業者さんの転送電話サービスを

自社サービスとして提供しているパターンです。

この場合、転送だけになりますので、発信ができません。また、携帯に転送して使いますので、

2人、3人同時に電話を受けることができません。転送先の人が、電車に乗っていれば、結局は電話を受けることはできなくなってしまいます。

バーチャルオフィスでは、このパターンが一番多いと思います。

 

3.外部の発信、着信可能な電話サービス

アプリを提供しているケースもあるのですが、このケースの場合、発信、着信両方が可能です。

できれば、こちらだと理想的ですね。

 

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話番号、転送サービスの欠点、デメリット

IMG_9763

欠点1 通話料が高い

バーチャルオフィス提供の電話番号で、発信もできる場合、かなり通話料が高額なケースが多いです。

一例ですが、以下のような料金設定が多いです。

 

NTTの光電話   バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供電話

8円/3分   →    20円/3分

 

約2.5倍の料金設定ですね。

また、この通話料は高いので、どこの会社もHPに掲載をしておりません。

また、通話料部分を先にデポジットで預ける方式のところも多いです。

 

 

欠点2 将来住所を移転して番号をもっていくことができない

将来オフィス移転をして、そのバーチャルオフィス・コワーキングスペースから出る場合は、使っていた電話番号は必ず変わってしまいます。

お客様への説明はかなり面倒ですよね。

 

欠点3 全員で電話を受けられない

これも、地味にデメリットです。

転送先に携帯に転送する場合ですが、一人にしか転送ができません。

 

そのため、転送先の人が電車に乗っているなど、電話に出れない状況になると、

鳴りっぱなしで、結局は留守番電話や外部の電話秘書に転送することに。

 

欠点4 FAXについては基本対応外。もしくは、受信のみ

いまだにFAXは使っている企業様も多いと思いますが、バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供サービスでは、

FAXは、対象外かもしくは送信ができないことがあります。

ただ、こちらは施設によっては送信ができるサービスを提供しているケースもあります。

その場合でも、電話番号は、電話番号と1番違いなどにはできず、

局番から全然違う番号になってしまいます。

 

解決策は、クラウドPBX!

iphone-410311__480

バーチャルオフィス・コワーキングスペース提供の電話では、上記の問題が付いてきてしまいます。

 

それを解決するには、クラウドPBXの導入を検討しましょう。

こちらであれば、以下の対応が可能です。

1.将来移転しても使い続けられので、移転時の手間がなくなります。

2.通話料は、NTTの光電話よりも安く、コストダウンに。

3.電話は全員で外でも受けることができて、お客様からの電話を逃さないですみます。

4.FAXもセットで契約ができるので、連番も用意が可能

 

クラウドPBXの詳細はこちら↓

「クラウドPBXとは?メリット、デメリット徹底まとめ解説!」

 

 

クラウドPBXとNTT光電話のコスト比較

以下料金を比較してみました。

hikaku-ntt-cloudpbx
まず、光ファイバーがなくても使えるので、NTTで契約するよりもかなりお得です。

また、通話料も安いのと、転送費用が外でもスマホで受けられるため、削減できるので、かなりのコストダウンになります。

 

まとめ

これからバーチャルオフィスコワーキングスペースの契約をお考えなら、電話については、施設提供電話を契約する前に、一度クラウドPBXを比較してみましょう!!

 

また、バーチャルオフィス、コワーキングスペース入居者向けにおすすめのクラウドPBXサービスはこちらです↓

cloudpbxhenobanner

 

 

 

関連記事

固定の電話番号を変えずにオフィス移転する裏技!

転送電話の料金負担の仕組みを考えると、クラウドPBXの方がお得に!

レンタルオフィスの電話番号や転送電話を使ってはいけない!?

光電話の引越しで電話番号を変えたくない場合の解決策

東京で電話番号を変えないオフィス移転をご希望の方へ

クラウドPBXでコールトラッキングができる?!

これから独立開業するなら、電話はだんぜんNTTよりクラウドPBXがいい理由7個

サロン系の店舗運営にお勧めの電話サービス!クラウドPBX

クラウドPBXとビジネスホンのコストを徹底比較

バーチャルオフィスの転送電話よりクラウドPBXがいい理由4つ

物件をお探しの方はこちらから
The following two tabs change content below.
渡邊 賢
2006年に小規模オフィスを専門に仲介する不動産会社「株式会社アーデント」を創業。以来、オフィス仲介を専門に10年以上の経験。自分で担当したオフィスの仲介契約は500件以上。オフィスコンサルタント。不動産だけでなく、内装、通信等のオフィス移転に関わること全般に知識豊富。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!

  • ⇒賃貸オフィス相談室の最新情報(ニュース、法律税金、ワークプレイス作り、物件探しのノウハウ等)
  • ⇒中小企業を経営する起業家、経営者向けに役立つ経営ノウハウ(メルマガ限定情報です!)
  • ⇒プロオススメの新着物件情報

読者数3000人、発行暦10年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!」

(例)nihon@example.co.jp

※メルマガはいつでもキャンセルできます

→革新的な電話サービス:クラウドPBXとは?メリット・デメリット徹底解説


関連記事

2018年版 法人携帯、電話、光ファイバーのベストな組み合わ...
最新の通信関係のベストソリューションをまとめてみました!!ぜひ、御社の今の構成と...
レンタルオフィスのススメ こんなにもお得だった?!...
最近増えているレンタルオフィス・サービスオフィスと、通常の賃貸オフィスのコストを...
通話し放題の時代の今、法人携帯導入がベストな理由...
携帯の通話料はかけ放題になった今、法人携帯を導入しておくのが、ベストな選択肢にな...
オフィス移転でスタッフ定期代も考えると、今よりもいい事務所が...
事務所移転を考えるときに、スタッフの交通費まで考えている方は非常に少ないのですが...
法人携帯の導入は大幅な経費削減案になる?!~毎月の通信料が半...
法人携帯を導入しているのであれば新しく始まったソフトバンク、ドコモの「通話し放題...

カテゴリ内人気記事