1. HOME
  2. ブログ
  3. 【実録】メッセージプラス(ネットFAX)を使ってみた

【実録】メッセージプラス(ネットFAX)を使ってみた

<この記事を書いた人>

みなさまテレワーク化が進む今、FAXのテレワーク対策はお済みでしょうか。
「取引先がFAXでやりとりをする会社なのだけど、そのために出社するのはちょっと・・」という声が弊社でもあがり、弊社もインターネットFAXをいくつか導入を試みることにしました。

毎月のことだから、とにかくコストを抑えたい」という声にお応えして、今回はネットFAX「メッセージプラス」を実際に申し込みから実際に使うところまで、画像たっぷりでご紹介します!

メッセージプラス(ネットFAX)の料金

料金は以下の通りです。

月払いプランと年払いプランの2つのプランがあります。いうまでもありませんが、年払いのほうがお得です※詳細は後述

メッセージプラス(ネットFAX)のメリット・デメリット

メッセージプラス(ネットFAX)のメリット

安い‼
とにかく安いです。
送信をあまりしない方ならなおさらではないでしょうか。
さらなる安さを目指すなら年払いプランがおすすめです。
年払いだと登録料が無料になることと、初年度の3000ポイント付与(3,000円相当)があるので、年払いのほうが初期費用だけで4,000円分お得になります。

留守番電話機能

メッセージプラスのFAX番号で着信した電話の内容をデータ化 (WAV形式) しメッセージとして保存する事ができます。パソコン・スマートフォンでいつでも内容を確認することができます。ネットFAXでは滅多にない機能です。

スマホアプリがある
スマホアプリがあると、やはり外出先からのFAX送受信が格段に楽です。実際にアプリを使ってみましたが、スマホで操作しやすいように作られた画面からさくさくとできるのは便利です。

操作方法の説明がかなり手厚い
メッセージプラスの公式では、FAXの送受信から便利機能の詳細まで、操作関連のことがHPで画像たっぷりで説明があります。さらによく使いそうな項目では説明音声付きの動画で沢山アップしてあってわかりやさが抜群です。

メッセージプラス(ネットFAX)のデメリット

送信には1枚15円の費用が発生する
受信は無制限で無料利用できますが、送信は費用がかかります

送付書は自分で用意が必要
添付できるデータは一つのみのため、送付書を付けたい場合は添付するデータと一緒にまとめる必要があります。送付書を付けたい方は、組み込み用の送付書を用意しておくとスムーズです。

番号ポータビリティは使えない
新規発番でしか取得できないので、これまでFAXを使っていた方は番号が変わります

新規取得番号は「050」限定
050以外の市外局番は取得できません

メッセージプラス(ネットFAX)で取得可能な番号

取得できるのは「050」番号になります。
他の市外局番は選択できません。

メッセージプラス(ネットFAXの送受信方法

受信方法

取得したFAX番号に送れば、登録したメールアドレス先に内容がこのように転送されます↓※画像は余白割愛してあります

 

送信方法

メッセージプラスログインし、先方のfax番号を市外局番から入力して送信すればOK。FAX番号が03-1234-5678 に送りたければ「0312345678」を宛先に入力すれば完了です。

↓手順はこちら
①HPにてログイン

→メッセージFAXを申し込める
公式HPは こちらをクリック

  
※ID(fax番号)とパスワードを入力すればログインできます

②メニューからfax送信を選択

③FAX番号を入力して登録


※この段階で送付先を追加したければ「番号入力」OR「電話帳」から追加可能

④FAXしたいデータを添付

⑤内容を確認して完了

動画で確認されたい方はこちらからからどうぞ(1分もかかりません)↓

ちゃんと完了ボタンが表示されるのは安心ですね。

送信されたデータの様子

今回は送付書を付けた2枚のデータを送りました↓

届いたデータはこちら↓(余白は削除してます)

スマホアプリからも送ってみました。
添付したのは、スマホ画面のキャプチャ画像です。
↓こんな様子で届きました

どのFAXデータも文字もくっきりしていて、見やすかったです!

メッセージプラス(ネットfax)管理画面での機能

何枚送信したのか、ちゃんと送信は完了したか等など、様々な内容を管理画面から行うことが可能です↓

見やすくわかりやすい管理画面で便利ですね。

メッセージプラス(ネットfax)スマホからの利用

もちろんスマホからもFAX送受信は可能です。
アプリでメニュー画面を開く→ 送信を選択→ 送信番号とデータを選択 →完了内容を確認 と、スムーズです。
実際にスマホからFAXを送信した時の画像はこちら

メッセージプラス(ネットfax)開始手続き

①申し込み

※ここでは「法人」「月額利用プラン」の申し込みを紹介します。
メッセージプラス公式の「お申込み」ボタンをクリックし、希望コース(月払い OR 年払い)を選びます(すでに申し込みされたい方はこちら

②支払い方法を選択

「クレジットカード」または「口座振替」が選べます

③必要な情報を入力し、本人確認書類を選択
※この時点では確認書類の提出はありません

④内容を確認し、申し込み

以上の手続きを終えると、必要書類提出の案内メールが届きます

この段階でFAXは使えるようになりますが本人確認書類は期日までの提出が必要となるので、次はそちらもご紹介します。

⑤必要書類の準備


本人確認の資料提出は2019年の「電気通信事業法の改正」に伴いお申込者の本人確認及び拠点確認が義務づけられたことによるものなので、どの企業に依頼しても必要となります。なお、メッセージプラスにて必要な本人確認資料は以下の通りです。

【個人契約】必要書類

①②どちらかが必要となります
①パスポート
②運転免許証

※本人確認書類の住所が最新のものではない場合、補助書類の提出を求められる場合があります

【法人契約】必要書類

①②③が必要となります(担当者が代表者の場合は③は不要となります)
 ①登記簿謄本
②取引担当者の本人確認書類(パスポートまたは運転免許証)
※取引担当者の確認書類の住所が最新のものではない場合、補助書類の提出を求められる場合があります
③委任状
※代表者以外が担当者の場合のみ、委任状(HPにてDL可能)が必要となります

申請時期によりますが筆者が申し込んだ際には申し込みから書類提出までは3か月の猶予がありました。
少し手間はかかりますがネットFAXではどこも身分確認書類は必須なので、ここは乗り越えていきましょう!

メッセージプラス(ネットfax)解約手続き

メッセージプラスは解約をマイページ画面で行います。「設定」から解約ページに進みましょう。
アンケートには答えなくても解約はできます。スクロールして「全機能停止」を「はい」とします。


確認画面がでてくるので「解約」を選択すれば完了です

↓解約の画面になりました!

ちなみに再度ログインしようとすると解約済み画面になります。

WEB上で5分とかからず解約できるのでスムーズでした!

メッセージプラス(ネットfax)まとめ

いかがでしたでしょうか。

今使っているFAX番号を変更できませんが、安さを優先するならメッセージプラスがおすすめです。メッセージプラスならではの「留守電機能」も魅力ですね。
必要書類がまだそろっていなくてもお試しで利用したあと、書類を送ることも可能です。

申し込み自体は数分で完了します。格安なメッセージプラスを試してみてください↓
インターネットFAX 格安&留守電機能付きなら【メッセージプラス公式HP】

なお、FAX番号を変更したくない方は、こちらの別サービス記事も参照ください↓
インターネットFAX 番号を変更したくないなら【クイックFAX使ってみた記事】

他、メッセージプラスを含めた3社徹底比較実録の記事はこちら↓

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

■なお、クラウドPBXなら、テレワーク時、自宅で今の代表電話を受ける体制づくりが可能です。

詳細は上記記事をご覧ください!


クラウドPBX選びの大事な5つのポイント

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

クラウドPBX、通信関係の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。