1. HOME
  2. ブログ
  3. クラウドPBXのモッテル(MOTTEL)メリット・デメリットを解説

クラウドPBXのモッテル(MOTTEL)メリット・デメリットを解説

クラウドPBXとは

このページを御覧の方は、クラウドPBXについては、ご存じだとは思いますが、

念のためご説明させて頂きます。

クラウドPBXとは、従来のビジネスホンとは異なり、PBX機能をクラウドサーバーが行うものをいいます。また、電話機はインターネットにつながるスマートフォンやPCで発着信もできるため、場所を問わず、自宅でも、出張先でも、会社の代表番号の発着信と保留転送が可能となります。

そのため、フリーアドレスやテレワークには非常に有効なツールですし、

旧来のビジネスホンのリースが切れるタイミングで、メンテナンスコスト削減のために切り替える企業が多いです。

クラウドPBXの詳細については以下の記事で詳しく解説していますので、御覧ください↓

 

クラウドPBXのモッテル(MOTTEL)とは

クラウドPBXのモッテル(MOTTEL)とは、バルテック社が提供するクラウドPBXサービスです。かなり長く提供されているサービスで、そういう意味では安心感がありますね。

モッテル(MOTTEL)が対応できる電話番号

モッテルは以下の番号に対応が可能です。

種別 番号帯
新規発番 050、0120
既存番号 NTT光電話発番のすべての電話番号

上記の表を見てもわかる通り、NTTの光電話で発番した番号での利用に強みを持っています。

このケースでは、ゲートウェイ(GW)という機械を設置して接続する方式になります。

KDDIやソフトバンク、楽天、CATV会社等で取得した電話番号では利用ができません。

 

MOTTELのスマートフォン画面

MOTphoneスマホ画面 MOTphoneスマホ画面

MOTTELのPCソフトフォン画面

モットフォンPCソフトフォン画面

 

モッテル(MOTTEL)のメリット

①ライセンス課金単位が20人、50人など定額制

他のクラウドPBXサービスが、1人約1000円程度の料金体系が多い中、MOTTELは、一定の人数ごとの定額制を採用しています。

モッテル料金表

プラン名 利用可能ライセンス数 MOTTEL料金
スタンダードプラン 20ライセンス 3,980円(最大人数利用時単価199円)
ミドルプラン 50ライセンス 8,500円(最大人数利用時単価170円)
プレミアムAプラン 100ライセンス 15,000円(最大人数利用時単価100円)
ゲートウェイスタンダードプラン 20ライセンス 3,980円(最大人数利用時単価199円)
ゲートウェイミドルプラン 50ライセンス 8,500円(最大人数利用時単価170円)
プレミアムBプラン 100ライセンス 35,000円(最大人数利用時単価350円)
プラチナクラウドプラン 200ライセンス 85,000円(最大人数利用時単価425円)

上記の事例でいえば、20名の企業がクラウドPBXを導入する場合、例えば、ゲートウェイスタンダードプランを使うと、月3980円÷20人で、1人あたり199円で利用が可能になります。

これは、他社が1人1000円前後かかるのと比べると、相当お得です。

②インターネットFAXも提供

モッテル(MOTTEL)のもう1つの強みは、インターネットFAXを無料で提供していることです。通常他のクラウドPBXメーカーのインターネットFAXは別料金がかかります。それだけで、追加料金がかかるのですが、MOTTEL契約者は、インターネットFAXを無料で利用が可能です。

※ゲートウェイ接続の場合のみ。050番号の新規発番で利用する場合は、別途インターネットFAXの利用料金がかかります。

③全国の支店網で安心のサービス

バルテック社は、全国、北海道から沖縄まで拠点を持っていて、何かあればサポートを提供することができます。

また、不具合発生時のサポートも専用窓口が、PCをリモートでつないで、その日中に対応してくれます。

 

④プロバイダも行っていて、低料金の固定IPを契約できる

NTTの光電話で契約した固定電話番号をクラウドPBX化する場合は、ゲートウェイ(GW)という機械をオフィスに設置します。その際に、固定IPを設定して、外部と通信ができるようにする必要があります。

通常固定IPは1IP月3000円~が多い中、MOTTELでは、月1500円で契約が可能です。

※自社で別プロバイダで用意したものでも、問題はありません。

 

⑤ipad受付システムが安い!

最近の企業の受付にipadを設置するケースが増えています。こういったものは、それだけで月額数千円~数万円かかるのですが、MOTTELの場合、アプリが買い切りで3万円(税別)のみ。

ipad受付を導入するなら、相当お得と言えるでしょう。

⑥勤怠、人事システムが利用可能

実は電話サービスのMOTTELですが、クラウドを使っているため、無料でMOT/Cloudというサービスが利用できるようになります。このMOT/Cloudには、勤怠サービスとして、タイムカード機能や有給管理機能があったり、チャット機能があったりします。

これらのサービスをまだ導入していない場合は、無料で使えるので、お得です!

 

モッテル(MOTTEL)のデメリット

①初期費用が高い

モッテルでは、ゲートウェイ設置の場合、必ず下見をして、後日訪問工事を行います。他のクラウドPBXが、機器を郵送して、自分で設置するところが多い中、安心ではあるのですが、その分初期費用が高くなります。

ゲートウェイ設置の場合、22万円くらいからとなります。

②IP電話機が高い

ナカヨ製IP電話機

モッテルのIP電話機は、ナカヨ製のもので、1台40,000円程度かかります。他のクラウドPBXが1台2万円前後なのと比べると、かなり高くなります。電話機を導入する場合は、要注意です。

③管理画面の提供がない

他の多くのクラウドPBXでは、管理画面の提供があり、ユーザー側で、例えば社員が退職して、新しい人を採用したので、名前を変えたいなどの変更を自分でできるのですが、MOTTELではこれができません。

変更は、都度サポートに依頼して行うようになります。特に費用は掛からないのですが、単純に手間ですよね。

 

まとめ

クラウドPBXのモッテル(MOTTEL)をご紹介させて頂きました。一番の強みは、月額料金の安さになると思います。従業員数が多い企業ほど、その恩恵を受けられると思いますので、従業員数で10名以上の企業であれば、一度検討すべきサービスでしょう。

なお、現在使っている電話番号でMOTTELが利用できるかどうかなどは、弊社にお問合せいただければすぐに回答が可能です。

 

弊社では現在7社のクラウドPBXサービスの代理店を行っておりまして、料金や評判、機能、音質などから最適なサービスをご提案可能です。また、クラウドPBXは社内のネットワーク環境によっては、音質が劣化してしまいますが、私たちは、音質を高めるために光ファイバーや携帯についてもトータルでアドバイスさせて頂きます。

まずはお電話でお問い合わせくださいませ。

電話:株式会社アーデント 03-5468-6097 ※「クラウドPBXの記事を見た」とお伝えください。

または、おすすめのクラウドPBX7社比較サービスの詳細はこちらから↓以下ご覧下さい!

▷クラウドPBX7社一括比較サービス
の料金、詳細はこちら

 

 

 

専門家がまとめたクラウドPBXを比較する上で大事なポイントはこちら↓↓
クラウドPBX選定、5つの大事なポイント

関連記事

オススメのクラウドPBX 7社を一括比較!価格、機能が簡単に比べられます!

格安コールセンターシステムの導入ならクラウドPBXが驚きの安さだった!

クラウドPBXの音質を改善する方法 10選

クラウドPBX料金価格を一覧表で7社一括比較!

クラウドPBX導入で失敗するポイント6選とその回避方法を徹底解説!

クラウドPBXは個人事業主、sohoワーカーに最適な理由6選!

飲食店舗の電話には、断然クラウドPBXが向いている理由9選

士業の事務所の電話としてNTTより圧倒的にクラウドPBXが向いている理由9選

NTT局外でも固定電話番号をそのまま変えずオフィス移転する方法!

レンタルオフィスの電話番号や転送電話を使ってはいけない!?

光電話の引越しで電話番号を変えたくない場合の解決策

東京で電話番号を変えないオフィス移転をご希望の方へ

これから独立開業するなら、電話はだんぜんNTTよりクラウドPBXがいい理由7個

サロン系の店舗運営にお勧めの電話サービス!クラウドPBX

専門家がまとめたクラウドPBXを比較する上で大事なポイントはこちら↓↓
クラウドPBX選定5つの大事なポイント

クラウドPBXとビジネスホンのコストを徹底比較

バーチャルオフィスの転送電話よりクラウドPBXがいい理由4つ

CRMに入れた顧客の電話番号をスマホに自動反映。クラウドPBXで着信時に相手先名を表示させる方法

料金最安のクラウドPBXはこれ!初期導入費用なし?!

CRMとクラウドPBX連携によるCTI機能がすごかった!(zoho CRMの場合)

フリーダイヤル料金はどこの会社が安い?!大手4社比較とさらにコストを削減する方法

フリーダイヤル料金の仕組みとは?クラウドPBXなら今よりも下げられる!

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事