1. HOME
  2. ブログ
  3. GoogleChromeに複数の深刻な脆弱性?!アップデートによる対処の仕方詳細解説

GoogleChromeに複数の深刻な脆弱性?!アップデートによる対処の仕方詳細解説

<この記事を書いた人>

United States Computer Emergency Readiness Team は1月21日

「Google Releases Security Updates for Chrome|CISA」において、Google Chromeに複数の脆弱性が存在するという報告をしました。

脆弱性が存在するとされるプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

Google Chrome version 88.0.4324.104 for Windowsよりも前のバージョン

Google Chrome version 88.0.4324.96 for Macよりも前のバージョン

Google Chrome version 88.0.4324.96 for Linuxよりも前のバージョン

脆弱性が修正されたプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

Google Chrome version 88.0.4324.104 for Windows

Google Chrome version 88.0.4324.96 for Mac

Google Chrome version 88.0.4324.96 for Linux

ななんと、システムの制御権が乗っ取られるという危険性があるそうです!

 

対処方法はこちら

右上の点3つを押します。

その後、設定を押しましょう!

次に左側のメニューのchromeについてをクリック!

最新版でない場合は、自動的にアップデートが始まります!

 

今回の脆弱性怖いですから、アップデートを即行っておきましょう!

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

セキュリティ最新ニュースの最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。