1. HOME
  2. ブログ
  3. GoogleChromeに複数の深刻な脆弱性?!アップデートによる対処の仕方詳細解説

GoogleChromeに複数の深刻な脆弱性?!アップデートによる対処の仕方詳細解説

United States Computer Emergency Readiness Team は1月21日

「Google Releases Security Updates for Chrome|CISA」において、Google Chromeに複数の脆弱性が存在するという報告をしました。

脆弱性が存在するとされるプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

Google Chrome version 88.0.4324.104 for Windowsよりも前のバージョン

Google Chrome version 88.0.4324.96 for Macよりも前のバージョン

Google Chrome version 88.0.4324.96 for Linuxよりも前のバージョン

脆弱性が修正されたプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

Google Chrome version 88.0.4324.104 for Windows

Google Chrome version 88.0.4324.96 for Mac

Google Chrome version 88.0.4324.96 for Linux

ななんと、システムの制御権が乗っ取られるという危険性があるそうです!

 

対処方法はこちら

右上の点3つを押します。

その後、設定を押しましょう!

次に左側のメニューのchromeについてをクリック!

最新版でない場合は、自動的にアップデートが始まります!

 

今回の脆弱性怖いですから、アップデートを即行っておきましょう!

 

関連記事

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






法人向けセキュリティソフトの
料金自動一括計算サイトを新しくオープンしました!
 c-compe.com⇒




サイバーセキュリティ完全ガイド



関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事