1. HOME
  2. ブログ
  3. 総務省の中小企業向けテレワークセキュリティ手引き(チェックリスト)が参考になる!

総務省の中小企業向けテレワークセキュリティ手引き(チェックリスト)が参考になる!

総務省が2021年5月にテレワークのセキュリティに関する手引きをアップデートしました。特に「中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)」というものが、社内に専門のICTがわかる担当者がいない企業向けで、わかりやすく、かつすごく参考になります。

詳細はこちらから↓

テレワークにおけるセキュリティ確保/総務省

 

 

なお、チェックリストはこちらです↓

この優先度が◎のところをチェックするだけでも、すごくためになりますよ!

是非確認してみてくださいませ!

画像が見づらい方はこちらからPDFでご確認くださいませ。

中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)/総務省

 

なお、クラウドPBXなら、テレワーク時、自宅で代表電話を受ける体制づくりが可能です。

仮想オフィスもおすすめ!

 

詳細は上記記事をご確認ください!

 


法人向けセキュリティソフトの
料金自動一括比較サイトを新しくオープンしました!
 c-compe.com⇒




サイバーセキュリティ完全ガイド




株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事