1. HOME
  2. ブログ
  3. エクセル・スプレッドシート操作中に、一番下の行まで移動してしまうのを防ぐ裏技!

エクセル・スプレッドシート操作中に、一番下の行まで移動してしまうのを防ぐ裏技!

<この記事を書いた人>

エクセル・スプレッドシートやで作業していて、

意図していないのに、数万行まで移動してしまい、マウスで時間をかけて戻ってくるはめになった!という経験ありますよね。

そのストレスをなくす裏技をご紹介します!

autohotkeyを活用して、ctrl+↓を使えなくし、意図しない最終行への移動を無くす方法

いきなり最終行に移動してしまうのは、ctrl+↓キーを、誤って押しているからなんですね。

これをautohotkeyというソフトをインストールすることで、キーボードの機能をプログラムで固定して防ぐ方法をご紹介します!

以下ご説明です。

autohotkeyのインストール

まずはこちらのサイトからソフトをダウンロードし、インストールします。

autohotkey ダウンロード画面

以下の画面になりますので、ダウンロードボタンを押して、インストールしましょう!

インストールすると以下の選択画面が出ますので、Express Installationを選択。

次は、Run autohotkeyを押して、プログラムを実行状態にします。

そうすると以下のような画面が出てきますが、無視して消して大丈夫です。

プログラム作成

ここからはプログラムを作成します。といってもすごく簡単ですのでご安心を!

windowsのデスクトップでマウスを右クリックし、新規作成からテキストファイル作成画面に移動します。

ファイル名は自由です。開いたら以下のように入力します。

こちらコピペ用です。

#NoEnv ; Recommended for performance and compatibility with future AutoHotkey releases.
SendMode Input ; Recommended for new scripts due to its superior speed and reliability.
SetWorkingDir %A_ScriptDir% ; Ensures a consistent starting directory
; #Warn ; Enable warnings to assist with detecting common errors.

NumLock::Return

^Down::Return

出来上がったファイルを保存して、一度メモ帳を終了しましょう。

以下プログラム文の意味です。

プログラム文 意味
^ ctrlの意味
Down ↓キーの意味
NumLock NumLockキーの意味
Return enterの意味

ということで、「 ^Down 」は、ctrl+↓を意味します。この操作をReturn。つまりenterに書き換えてしまっているんですね。

ということで、ctrl+↓を押しても機能しなくなります。

また、NumLock::Returnについては、デスクトップキーボードでよくある、NumLockキーの意図しない押し間違いを防ぐ文章です。ノートPCの人はあまり関係ないので、消してしまってもいいかもしれません。

詳細はこちらから↓

 

その後、続きです。

拡張子を.txtから.ahkに変更します。

こんな感じになっていれば、完成です。

拡張子が表示されていない方は以下の方法で、拡張子を表示させるように変更しましょう。

拡張子を表示する方法

画面の一番下にあるwindowsアイコンの右隣の検索バーに「拡張子」と入れて、検索しましょう!

出てきた拡張子を表示するというところをクリック!

次に右側に出てくる「ファイル拡張子を表示するように変更します」の設定の表示をクリック!

以下の設定画面で、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します!これで拡張子が表示されるようになります。

autohotkeyを実行

それでは、以下の.ahkに変更できたら、マウスでダブルクリックします!

何も反応しないと思いますが、きちんと実行されたということです。うまく作動しない場合、エラーメッセージがでます。きちんと実行されていると、windows右下の「^」をクリックすると、autohotkeyのアイコンがでてきます。

この状態で、ctrl+↓を押してみてください。反応しなくなっていると思います!!

スタートアップに登録する

このままだと、電源を切ると、また実行しないと機能しなくなってしまいます。そこで、スタートアップに登録して、自動で実行できるようにしてしまいましょう!

windowsボタンの上で右クリック!ファイル名を指定して実行を押しましょう。

その後出てくる画面で「 shell:startup 」と打ち込みOKを押します。

そこで出てくるフォルダに先ほど作成したショートカットを入れ込みます。

これで完了!起動時に自動的に読みこまれます!すごく便利!!

 

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

PC操作の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。