1. HOME
  2. ブログ
  3. Google Chromeを最新版にアップデートする方法

Google Chromeを最新版にアップデートする方法

「Google Chromeを最新版にアップデートする方法が知りたい。」「なぜわざわざ最新版にアップロードする必要があるの?」

そのようにお考えの方向けに、本記事ではGoogle Chromeを最新版にアップデートする方法について、詳しく解説していきます!

世界ナンバー1のシェアを誇っているGoogle Chromeですが、日々ユーザーが使いやすいようにアップデートが行われています。安心して使うためにも、ユーザーは適宜アップデートを行い、最新の状態で利用する必要があります。

今回はGoogle Chromeを最新版にアップデートする手順、何のために最新版にアップデートする必要があるのかを解説してきます。

セキュリティの観点からも、最新版にアップデートすることはとても大切です!ぜひ最後まで読んでください。

Google Chromeとは

まず最初に、そもそもGoogle Chromeとは何かを解説していきます。

Google Chromeとは、Google社が提供するWebブラウザのことです。

どのような特徴があるのか、Google Chromeの代表的な特徴を3つご紹介します。

Google Chromeは初心者でも使いやすい

Google Chromeの一番の特徴は、なんといっても初心者でも理解しやすい簡単な設計、構造になっている点です。

とてもシンプルで分かりやすい画面なので、パソコンに苦手意識がある人でも直感的に操作が可能です。

またGoogle Chromeは、最適な検索結果を表示させるためのアップデートを頻繁に行っていて、最先端の技術・サービスが利用されています。その結果、自分が知りたい情報や検索結果を得やすいですし、多くの方々から利用されています。

15万以上の拡張機能によって、Webプラウザを使いやすくできる!

初心者に優しい設計となっているGoogle Chromeですが、拡張機能によってさらにWebプラウザを使いやすくできます。現在、15万以上の拡張機能が公開されており、日々世界中のデベロッパーによって開発、アップデートの作業が行われています。

これらの拡張機能によって、例えば以下のような機能を追加することができます。

・翻訳機能をより強化する

・辞書機能を追加する

・Webページをダークモードにする

・YouTubeのCM、広告を自動でスキップする

・Gmailをわざわざ開かなくても、新着メールがあったら確認できるようにする

これらの拡張機能以外にも、まだまだたくさんの機能があるので、自分が求めている機能を自由に追加・カスタマイズすることができます。利便性の高さも、Google Chromeの魅力の一つです。

様々なデバイスで使うことができる

現在、Google Chromeに対応しているOS、必要なスペックは下記のとおりです。

【Windows】Windows 7・Windows 8・Windows 8.1・Windows 10以降 Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)

【Mac】OS X Yosemite 10.10 以降

【Linux】64ビット Ubuntu 14.04 以降、Debian 8 以降、openSUSE 13.3 以降、Fedora Linux 24 以降のいずれか Intel Pentium 4以降のプロセッサ(SSE2対応)

【iOS】iOS 12 以降

上記の通り、Google Chromeは、デバイス問わず、様々な場面で利用することができます。

Google Chromeを最新版にアップデートする方法

ここからはGoogle Chromeを最新版にアップデートする方法について、具体的な手順について解説していきます。

基本的に自動でアップロードされますが、手動でも簡単に確認できます。最新版をアップロードして不安なく使用したい方は、手動でアップデートすることをおすすめします。

手動でアップデートする方法

①まずGoogle Chromeを起動させて、画面右上の「︙」をクリックします。

②「ヘルプ」⇒「Google Chromeについて」をクリックします。

③自動でアップロードの確認を行います。

④新しいバージョンがあれば、自動でアップロードの処理へと進みます。

⑤「Google Chromeは最新版です」の表示されたら、アップデートの作業は完了となります。

手動でのアップデート手順は、上記のとおり非常に簡単で、1、2分あれば完了します!

 

Google Chromeのアップデートは基本的には自動で行われる

現状、手動でアップロードを行わなくても、Google Chromeは基本的に自動でアップデートが行われます

全てのユーザーが最新のセキュリティ環境下で安心して利用してもらうために、Google Chromeは新しいバージョンがリリースされたら、即座に自動更新される仕組みになっています。

 

自動でのアップデートが反映されないケース

では、自動でのアップデートが反映されないときはどのような時なのか。

以下の原因が推測されます。

・自動更新がオンになっていない

・OSのバージョンを固定してしまっている

その場合、アップデートは保留中となってしまいます。アップデート保留中のアイコンカラーは下記の通りになります。

アップデート保留中のアイコンのカラー
アップデートが2日以内にリリースされている。
オレンジ アップデートが約4日前にリリースされている。
アップデートが1週間前にリリースされている。

またPC自体を再起動することで、Google Chromeが更新するかを試してみるのも一つの手です。

 

自動アップロードがされない場合にできること

それでも自動更新が行われない場合は、下記の3点を改めて確認してみてください。

①OSの確認

②ウイルス対策ソフトの使用制限を確認する

③不正なソフトがインストールされていないかを確認する。

まず更新されないときに確認するべき箇所は、OSになります。下記のOSは古くて更新されませんので、最新のOSへ更新した後、再度Google Chromeをアップデートしてみてください。

・Windows XP

・Windows Vista

・Mac OS X 10.6/10.7/10.8

またウイルス対策ソフトによって使用制限がかかっていたり、不正なソフトがアップデートに影響を与えるというケースも時々あります。その場合、不正なソフトを即座にアンインストールすることを推奨します。

 

Google Chromeを最新版にアップデートしなくてはならない理由

続いて、Google Chromeをアップデートするべき理由について解説します。安心・安全に使用するために、知っておくべきことについてまとめました。

最新のアップデートによって、安心して使用することができる

Google Chromeのアップデートによる最大のメリットは、セキュリティ面で安心して使うことができる点です。

このアップデートによってセキュリティ面での強化、機能の追加、ユーザーのレビューを基にしたサービスの改善などが適宜行われています。ユーザーの立場からすると、改善された整ったサービスを使うことによって、安心してサービスを使うことができます。

セキュリティ問題を回避するためにアップデートはこまめに行おう

またバージョンが古い状態だと良くない理由の一つとして、個人情報の漏洩などのトラブル、不正アクセスなどに自身も巻き込まれるリスクが高まるからです。安心、安全にサービスを利用する場合は、こまめなアップデートが必須です!

通常、セキュリティの脆弱性が発表された場合は、アップデートのプログラムが即座に配信されますし、運営から更新するように促されます。情報を入手しましたら、必ず最新版にアップデートが行われたかをチェックしてください。

インターネットの世界は日々進化していますし、変化が非常に目まぐるしいです。重大なセキュリティ問題を起こさないために、こまめにアップロードを行い、安全な環境を整えることが大切です。

アップデートしないと最新の機能が使えない、細かい不具合がそのままに

仮にアップデートをしなかった場合、インストールしたサービスやアプリの最新の機能が使えなくなります。

ユーザーの利用した声、意見を基にサービスは日々使いやすく進化をしていきます。またリリースされたばかりのアプリについては、軽微なバグ、不具合があるものです。

繰り返しになりますが、不安を感じることなく利用するために、常に最新の状態でサービスを使うことは大切です。

 

 

 

Google Chromeのアップデートはこまめに気にしよう

今回はGoogle Chromeを最新版にアップデートする手順、何のために最新版にアップデートする必要があるのかについて詳しく解説しました。

基本的にGoogle Chromeは自動で最新版にアップロードされますが、手動でも簡単にアップデート、最新バージョンになっているかの確認は行うことができます。

先ほども述べたとおり、バージョンが古いままだとよくない理由の一つとして、個人情報の漏洩などのトラブル、不正アクセスなどに巻き込まれる危険があるからです。安心、安全にサービスを利用するためにも、是非こまめなアップデートを実践してください!

Google Chromeは、仕事の生産性アップ、作業の効率化につながる優れたサービスです。インストールや拡張機能の追加自体は、時間もかからずに簡単に行うことができます

Google Chromeは多くの方々から利用されていますし、アップデートを頻繁に行っていますが、自分自身でもセキュリティの面は留意する必要があります。最新バージョンになっているかの確認は、隙間時間に確認できますし、短時間で完了します。本記事を参考に、ぜひ実践してください。

 

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事