1. HOME
  2. ブログ
  3. 自社のHPは大丈夫?WordPressに複数の脆弱性が見つかる。

自社のHPは大丈夫?WordPressに複数の脆弱性が見つかる。

セキュリティに関する団体JPCERT/CCは、CMSの「WordPress」に複数の脆弱性が見つかったとして最新版へのアップデートを呼び掛けたとのことです。

IT mediaの記事はこちらから↓

JPCERT/CCは11月8日、CMSの「WordPress」に複数の脆弱性が見つかったとして最新版へのアップデートを呼び掛けた。影響度を示すCVSS v3のベーススコアは最大6.1。悪用されると、WordPressで運用するWebサイトの閲覧者が攻撃を受けたり、記事投稿者のメールアドレスを盗まれたりする恐れがある。

 

JPCERTの元リリース詳細はこちら⇒

 

wordpressと言えば、シェアNO1のHP製作ツールです。多くの企業ウェブサイトでも使われているもので、そのサイトの閲覧者に被害が出る可能性があるということで、

wordpressの6.0.3以降のバージョンでは、こちらの脆弱性は解消しているとのことですので、

以上企業側では、wordpressの最新版への迅速なアップデートが求められますね。

なお、wordpressの最新バージョンへのアップデートでは、事前に必ずバックアップをとってから行うようにしましょう。

HP自体が、うまく動かなくなる可能性もありますので。

 

 

 


法人向けセキュリティソフトの
料金自動一括比較サイトを新しくオープンしました!
 c-compe.com⇒




サイバーセキュリティ完全ガイド




株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事