1. HOME
  2. ブログ
  3. 2024年2月から!Gmailの送信ガイドラインの変更を徹底解説

2024年2月から!Gmailの送信ガイドラインの変更を徹底解説

ビジネスだけでなく、プライベートでの利用も非常に多い「Gmail」。Gmailは定期的にアップデートやガイドラインの変更等が実施されていますが、2024年2月からメール送信者のガイドラインが変更されます。

本記事では、2024年2月から始まる送信ガイドラインの変更と対策方法について詳しく解説します

1日あたり 5,000 件以上のメールを送信する送信者が対象

今回のガイドライン変更の対象はGmail アカウントに 1日あたり 5,000 件以上のメールを送信する送信です。 Gmailでは、1日あたり5,000 件以上のメールを送信する送信者に対し、2024年2 月以降に以下の3つの要件が義務付けられます。

①送信メールを認証すること

②未承諾のメールまたは迷惑メールを送信しないようにすること

③ 受信者がメールの配信登録を容易に解除できるようにすること

対象の送信者が行うべき対応

Google Workspaceのメール送信者のガイドラインでは、前述した①②③を行うために以下の対応が必要であることが記載されています。

・ドメインにSPFまたは DKIMメール認証を設定する

・送信元のドメインまたはIPに、有効な正引きおよび逆引きDNSレコードがあることを確認する

・メールの送信にTLS接続を使用する

Postmaster Toolsで報告される迷惑メール率を0.10%未満に維持し、迷惑メール率が決して0.30% 以上にならないようにする

・Internet Message Format 標準に準拠する形式でメールを作成する

参考:メール送信者のガイドライン

Gmailに送信したメールが迷惑メールに分類されることを避ける方法

メール送信者のガイドラインでは、Gmailに送信したメールが迷惑メールに分類されたり、ブロックされたりする可能性を下げる具体的な方法も紹介しています。

①SPFとDKIMによるメール認証

迷惑メールに分類されることを避ける方法として挙げられていたのが、SPFとDKIMを使ってメール認証する方法です。メールプロバイダを利用している場合、利用しているプロバイダがSPFとDKIMに対応していることを確認するようにしましょう。

②メールの種類ごとに異なるIPアドレスを使用する

複数のIPアドレスから送信しなければいけない場合、メールの種類ごとに異なるIPアドレスを使用することもガイドラインでは推奨されています。たとえば、アカウントに関する通知メールの送信と、プロモーション関連のメールの送信は、それぞれ別のIPアドレスを使う形です。

Gmailで避けるべき送信方法・操作について

Gmail アカウントに 1日あたり 5,000 件以上のメールを送信する送信する方は、2024年2月以降は以下の送信方法・操作は避けるようにしましょう。

①同じメールに異なる内容を混在させない

メール送信者のガイドラインによると、「同じメールに異なる内容を混在させないでください」と記載されています。たとえば、顧客に送る領収書や請求書などのメールにプロモーションに関する内容を含めないようにすることが推奨されています

②他のドメインまたは送信者になりすまさない

ガイドラインでは、他のドメインまたは送信者になりすまさないことも言及されています。許可なく他のドメインまたは送信者になりすますことで、迷惑メールに分類される可能性が高くなるとのことです

③内部メールを迷惑メールに分類しないようにする

内部メールは迷惑メールとしてマークしないように注意しましょう。内部メールに迷惑メールのマークを付けてしまうと、ドメインの評価が下がり、その結果今後送信されるメールが迷惑メールに分類される可能性が高くなるのが理由です。

大量のメールを送信する場合の注意点

大量のメールを送信する場合、以下の2つの対応を行うようにしましょう。

①送信量の増加にあわせて迷惑メール率や送信元ドメインの評価を定期的に行う

基本的には、一度に大量のメールを送信することは避ける必要がありますが、大量のメールを送信する場合、送信量の増加にあわせて、サーバーのレスポンスや迷惑メール率、送信元ドメインの評価を定期的に行うことをおすすめします

定期的にこれらの監視を行っていれば、送信レートが制限されたときや迷惑メール率が上昇したときなどに迅速に対応することが可能です。

②送信するメールの数・送信頻度を調整する

基本的に送信するメールの数が多ければ多いほど、送信量をゆっくりと増やす必要があります。メールを週単位ではなく日単位で送信することで、送信量をより早く増やせるでしょう。

まとめ

今回は、2024年2月から始まる送信ガイドラインの変更について解説しました

1日あたり 5,000 件以上のメールを送信する方の場合、2024年2月からは以下の操作は行わないようにしましょう。

①同じメールに異なる内容を混在させない

②他のドメインまたは送信者になりすまさない

③内部メールを迷惑メールに分類しないようにする

大量のメールを一度に送信する場合、メールの数や送信頻度を調整しながら行うようにしましょう。

以下の記事で、Gmailでメールを自動転送する設定などを解説しています。こちらの記事もぜひ参考にしてみてください!

 

今後google workspaceのプランを見直す、または新規導入予定の方へ

google workspaceもしくはmicrosoft365の新規導入もしくは商流変更をお考えの方は、弊社ITの専門家が最適なプラン選定をアドバイスします。

また、弊社からの導入で、以下のメリットがあります。

googleworkspace公式HPからだと14日間の無料利用期間⇒30日間に。

②支払いは請求書払い可

他クラウドサービスとセット導入で特別に割引価格でご提供

④1年間、Google workspaceのマニュアル動画を無料で視聴(2年目以降は年350円が必要)

⑤IT導入補助金を使って2年間半額でのご提案も可能

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「google workspaceの記事を見た」とお伝え下さい。

 

google workspaceお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





Google Workspace書籍紹介バナー

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事