TOP 生産性向上、ITクラウド活用 google workspace、office365 Microsoft 365 Business StandardとE3プランの違いとは?

Microsoft 365 Business StandardとE3プランの違いとは?

「Microsoft 365」は、テレワークの普及もあり、日本だけではなく世界中の企業で導入されています。ビジネスで必須のOffice製品(Word、Excel、PowerPointなど)をサブスクリプション型で利用できる上に、コストやセキュリティの面でもメリットが大きいのが特徴です。

しかし「Microsoft 365」は料金プランや搭載機能がたくさんあり、「違いが分かりにくい」「どのプランにどの機能が搭載されているか理解しずらい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、Microsoft 365のプランの「Microsoft 365 Business Standard」と「Microsoft 365  E3」の違いについて詳しく解説していきます。

Microsoft 365とは

Microsoft 365とは、Word、Excel、PowerPointといったアプリとクラウド型のグループウェアをまとめて利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

従来の買い切り型と比較すると、様々なデバイスで利用が可能、定期的なアップデートによって最新の状態で利用が可能、高いセキュリティを有している点など多くのメリットがあります。

また各アプリの連携にも優れているため、離れた場所で作業する機会が多いテレワークにも最適です。

 

Microsoft 365 従来の買い切り型
月額料金 選定したプランによる なし
初期費用 なし パッケージ費用
利用可能アプリ 選定したプランによる Word、Excel、PowerPoint、Outlookなそ
インストール可能なデバイス数 PC、スマホ、タブレットなど(各5台まで可能) PC1台
サポート 期限なし インストール時のみ
アップグレート機能 常に最新状態の製品を使用できる なし

 

Microsoft 365 Business Standardの料金プラン

まずはじめに、Microsoft 365 Business Standardの料金プランについて解説していきます

Microsoft 365 Business Standardは、300名以下の一般企業向けのプランです。

Microsoft 365 Business Standard
対象 300名以下の一般企業向け
月額料金(年間契約) 1,360円(税抜)
特徴 ・すべてのOfficeアプリ、グループウェアが使用可能

もっともスタンダードな機能を搭載している

 

月額料金1,360円で利用が可能であり、Officeアプリとグループウェアどちらも利用できます。一般企業向けのプランの中でも、最もスタンダードな機能を搭載しています。

Microsoft365 E3の料金プラン

続いて、Microsoft 365  E3の料金プランについて解説します

「Microsoft365 E3」は、300名以上の大企業向けのプランです。

Microsoft365 E3
対象 300名以上の大企業
月額料金(年間契約) 3,910円(税抜)
特徴 ・すべてのOfficeアプリ、グループウェアが使用可能

・セキュリティが充実している

・ユーザー数に制限がない

E3は、月額料金3,910円で利用が可能です。

Officeアプリとグループウェアどちらも利用が可能で、セキュリティ機能が充実している点に加えてユーザー数に制限がないのが特徴です。

Microsoft 365は、今回解説しているMicrosoft 365 Business StandardMicrosoft 365 Business Standard E3以外にもいくつかプランがあります。

他のプランの料金や特徴についてはこちらの記事を参考にしてください!

 

 

Business StandardとE3を徹底比較!

ここからは「Microsoft 365 Business Standard」「Microsoft 365  E3」の搭載機能等も比較しながら、違いについて解説していきます!

Microsoft 365 Business Standard Microsoft365 E3
対象 300名以下の一般企業向け 300名以上も対応可
月額料金(年間契約) 1,360円(税抜) 3,910円(税抜)
特徴 ・すべてのOfficeアプリ、グループウェアが使用可能 

・もっともスタンダードな機能を搭載している

・すべてのOfficeアプリ、グループウェアが使用可能 

・セキュリティが充実している

・1名でも利用でき、最大ユーザー数に制限がない

 

Microsoft 365 Apps(Word、Excel、PowerPointなど)
メールと予定表(Outlook、Exchange)
作業管理(Power Apps、Power Automate、To Doなど) ×
デバイス管理(スマホやPCを一括管理) ×
セキュリティ管理

(より高度なセキュリティ機能を搭載している)

BIツールのpowerappsや、RPAソフトのpower automate、ウェブ上のフォームツールのFormsなどが、E3だと、全部使えます。また、デバイス管理も使えるので、会社で管理しているPCやスマホにアプリを一括でインストールしたりということも可能です。

ある程度人数が増えてくると、業務で使うアプリを管理したいと思うので、こういうケースではE3のほうが便利ですね!なお、デバイス管理はintuneという機能で行うのですが、こちらはBusiness Premiumでも提供されていますので、オフィスソフトに加えて、デバイス管理も追加したい場合は、Business Premiumのほうが月額2,390円とMicrosoft365 E3にするよりもお安くなります。

 

料金はBusiness Standardの方が安い

それぞれの月額料金は、Business Standardは1,360円(税抜)、E3は3,910円(税抜)となっている通り、料金はBusiness Standardの方が圧倒的に安いです。

いわゆるオフィスソフトが使えればいいということであれば、

利用できる機能はE3の方が圧倒的に多い

実際に利用できる機能を比較すると、Microsoft 365 Business Standard E3の方が多いです。

Word、Excel、PowerPointなどはどちらのプランでも利用できますが、【メールと予定表】のOutlook、Exchange、【作業管理】のPower Apps、Power Automate、To DoなどはE3のプランでのみ利用できます

まとめ:自社の用途や規模に適したプランの選定を!

今回は、「Microsoft 365 Business Standard」と「Microsoft 365  E3」の違いについて、比較しながら解説しました。

Microsoft 365 Business Standard」は300名以下の一般企業向け、Microsoft 365 E3」は300名以上の大企業向けのプランとなっていることから、主に料金、搭載機能の部分で違いが見られました。

Microsoft 365は、Web版・PC版・モバイル版とそれぞれの環境に適したアプリが提供されています。異なる環境でも作業が可能となるため、近年増加しているテレワークの働き方にも非常にマッチしていると言えるでしょう。

本記事で解説した通り、Microsoft 365はプランによって搭載機能や料金が異なります。自社の用途や規模に適したプランを選んで導入してください。

導入の際には、本記事を参考にしていただけたら幸いです。

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事