TOP 生産性向上、ITクラウド活用 google workspace、office365 googleドキュメントの新機能smart canvasを徹底解説!

googleドキュメントの新機能smart canvasを徹底解説!

smart canvasとは?

Google I/O 2021という開発者向けのgoogleのイベントで、新しいgoogle workspaceが発表されました!

その新機能の1つが、smart canvasです。

これは、1つのファイル内で、ほかのファイルやユーザー、カレンダー等を紐づける機能になっています。

smartcanvasの機能解説

使い方

使い方は簡単です。「@」マークを、打つと自動的に候補が表示されて、選ぶだけ。

なお、その後、半角のままアルファベットを打ち込むと、候補ファイルや名前が出てきます。

なお、日本語変換しようとすると、smartcanvasの機能から外れてしまいます。ちょっと面倒なのですが、いったん検索したい日本語を入力し、それをコピーして、@マークを入れた後に張り付けると、日本語のファイル名などがでてきます。

日付を入れる

日付を入れると、そのままgogoleカレンダーに移動し、会議の予定を入力することが可能です。

 

名前を入れる

そのドキュメントの共有権限を追加するかを聞いてきてくれます。

別のファイルを入れる

別のスプレッドシートやドキュメント等のファイルを選ぶと、自動的にリンクが挿入。マウスでクリックすると、プレビューが表示されます。

そのリンクをコピーすることも可能です!これは、画像やPDFファイル、slideも入れられます。

 

グループを入れる

googleグループを入れることも可能です。

 

 

例えば、会議議事録を作るとき

1.ドキュメントからテンプレートで会議メモを選択

個人的には、モダンライターの会議メモがおすすめです。

2.参加者欄に参加者をsmartcanvasで追加する

そうすると、共有設定が出てくるので、共有忘れがないです。

 

3.関連するファイルをsmart canvasでリンクを貼っておく

関連するファイルをいれます。これはPDFファイル等もリンクが入れられますので、必要なファイルのリンクを張っておきましょう!

4.次の会議予定をsmartcanvasで入力する

次の会議予定を入れておきましょう!

作業タスクをgoogleタスクに入れられないようですので、googleカレンダーにタスクをいれるといいと思います!

 

今後、このsmart canvasは、スプレッドシート等にも導入される予定とのこと!

会議の議事録を作るときにすごく便利なので、一度使ってみてください!

 

google workspaceの導入をお考えの方は、弊社で導入サポートやテレワークでの活用の仕方アドバイスも無料で行っており、また特別に割引価格でご提供が可能です。

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「google work spaceの記事を見た」とお伝え下さい。

google workspaceお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

関連記事

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事