1. HOME
  2. ブログ
  3. TP-LinkのL2スイッチ、TL-SG108PEがこの価格で、この機能はすごい

TP-LinkのL2スイッチ、TL-SG108PEがこの価格で、この機能はすごい

<この記事を書いた人>

今回、社内でVLANを構築したいと思い、あまり費用をかけずにできるスイッチを探していたところ、

TP-Link社のTL-SG108PEがアマゾンで8000円で見つけたので、使ってみましたので、その模様をレポートしたいと思います

⇒TL-SG108PEの公式ページはこちら

 

そもそも、スイッチとは?ハブとの違いは?

スイッチって、ハブとは違うの?という方は、以下の記事をご覧ください! ↓↓

 

簡単にいうと、スイッチは、ハブの上位商品で細かい設定ができるものになっています。そのスイッチの中でもグレードで分かれるのですが、

今回のTL-SG108PEは、L3スイッチの中のアンマネージプラススイッチというグレードになります。TP-Link社では、以下のイージースマートスイッチという名前になっているようです。

 

種類 特徴 主な利用規模
フルマネージスイッチ コマンドやブラウザで設定が行える。高機能ですが、その分高価。 データセンターやミリ秒単位での通信が要求されるところ向け
スマートスイッチ ウェブブラウザで設定が行える。機能も豊富で、フルマネージスイッチよりは安価。 数人~数十人程度のネットワーク向け
イージースマートスイッチ(アンマネージスイッチ) アンマネージスイッチに、VLANやQOSなど、よく使われる機能だけをプラスしたスイッチ。 SOHO小規模ネットワークで、価格を抑えてVLANやQOSを使いたい企業向け
アンマネージスイッチ 設定は基本何もできない分、最も安い。 家庭やSOHO等小規模ネットワークで、かつ設定が不要な場合向け

 

型番の違いについて

なお、TL-SG108PEには、TL-SG108Eという商品もあります。こちらはPOEがないスイッチになりますので、POEが不要なのであれば、108Eの方でもいいと思います。

また、型番のTL-SG1の後ろに続く番号は、ポート数になっています。なので、TL-SG108PEは、8ポートのハブになります。もし、16ポートがよければ、TL-SG116E(POEなし)、もしくはTL-SG1016PE(POEあり)を選ぶと、16ポートの商品になります。

 

TL-SG108PEの機能

主な機能は以下の通りです。

QOS、IGMPスヌーピング、リンクアグリケーション(LAG)、ポートミラーリング、ケーブル診断、ループ予防、VLAN。

機能の詳細は、再度こちらのページをご覧ください!

 

設定は管理ソフトで簡単!

基本英語にはなってしまうのですが、設定管理ソフトから簡単に設定ができました。

設定管理ソフトはTP-Link社のHPからダウンロードができます。「Easy Smart Configuration Utility」というソフトウェアになります。

TP-Linkサポートページのリンクはこちら

なお、各スイッチごとにこちらの設定ソフトのページがありますので、詳細はHPで確認しましょう。

以下、設定ソフトをインストールすると以下の画面が出てきます。

自動的に、認識して、商品が出てきています。

ログインボタンからログインをするのですが、ここでID,パスワードが分からず困りました。よくよく調べてみると、最初はadmin、adminで入れました。

設定管理ソフトの解説

ログインすると以下の画面になります。基本的な設定は、画面上部に横に並んでいるメニューから行います。

ポートセッティング画面

各ポートごとに、設定ができます。Statusをdisableに変更すると、そのポートは使えなくなります。Speed/Duplexの欄で、全二重通信か半二重通信かなどを選べます。基本ここは何もしなくてもいいと思いますが。。

 

IGMPスヌーピング設定画面

ここで、IGMP SnoopingをEnableにすれば、IGMPスヌーピングが設定されたことになります。上記画面では、VLAN ID3のデータ送受信で、ポート3に対してIGMPスヌーピングを設定しております。通常はVLANごとに、該当するポートを全部いれると思います。

リンクアグリケーションの設定画面

こちらも設定は簡単でした。設定するLAGIDの左側チェックボックスにチェックを入れて、上記のポート番号をマウスでクリックして、applyを押せば設定完了です。

上記画面では、ポートの7と8をリンクアグリケーション設定をした状態です。

Monitoring内のPort Statisticsを選ぶと、利用状態が見れます。

ポートミラーリング設定画面

ミラーリングしたい場合は、まずStatusをEnableに変更しましょう。その後、ミラーリングしたいポートを選び、Mirrored Port内から、ミラーさせる元ポートを選んで、applyを押せば完了です。参考までに、Ingressは、入ってくるデータをミラーリング。Egressは、出ていくデータをミラーリングします。

ケーブルテスト画面

ケーブルテストは、該当ポート右側の「Test」ボタンか、一番下のTest Allを選べば、テストが始まります。テスト結果で、Normalと出ていれば、大丈夫です。また、Cable Fault Distanceは、多分、障害が起きていたら、そこまでの距離になると思います。LANケーブルが原因の障害かどうか、これで分かるのは便利ですよね。

 

ループ防止設定

これは、StatusをEnableにするだけで完了です。これは設定しておきたいですね。

VLAN設定画面

いよいよ、お待ちかねのVLAN設定画面です。これも、簡単で、今回は802.1Q VLAN(タグVLAN)を設定します。まずは、左側のメニューで、「802.1Q VLAN」を選び、StatusをEnableに変更し、applyを押します。

今回は、ポートの1~2をルーターにつなぐポート。3~4を総務部が使い、5~8を営業部が使い、総務部と営業部ではお互いがデータのやり取りができないが、ルーターを通して、それぞれネットは使える状態に設定しました。

①営業部の設定

VLAN IDを入れます。私は、まず2を入れました。VLAN Nameは「eigyou」にしました。

その後、UNtagged Portsで、ポートの1~2、5~8を選択し、applyを押します。

②総務部の設定

VLAN IDに3を入れました。VLAN Nameは「soumu」にしました。

その後、UNtagged Portsで、ポートの1~4を選択し、applyを押します。

また、VLAN ID 1のdefalutがきちんとポート1~8が選択されているかも確認しておきましょう。

 

③次に左側のメニューで、802.1Q PVID Settingを選択します。

④各ポートのPVIDを先ほど作ったVLAN IDに揃えます。ですので、ポートの1と2は、ルーターとつないで、ネットにつながるdefaltの1を選択。

その後、ポートの3と4は総務部が使いますので、PVIDは、3を設定。最後にポートの5~8は、営業部が使いますので、PVIDで2を設定して、applyを押せば完了です!

こんな画面になっていると思います!けっこう簡単ですね!

QOSの設定画面

次にQOSの設定画面です。上部メニューからQOSを選び、左側のQos Basicを選びましょう。QOSのモードが幾つかあるのですが、今回は簡単なポートベースQOSにしてみました。

各ポートごとに優先度を4段階で設定ができます。上記の例では、ポートの1と2を最優先の4にし、それ以外のポートを優先度1(Lowest)にしてみました。ここは、各自設定してみてください。簡単ですよ!

帯域幅の設定

あまり重要ではない、端末に対して、制限をかける事ができます。Ingressは、入ってくるデータをミラーリング。Egressは、出ていくデータになります。

 

ストームコントロール設定画面

設定したいポートを選び、Bc limit、Mc Limit、UL Limitごとに設定をします。BCはブロードキャスト、MCはマルチキャストだと思います。ULは何でしょうねえ。

また、Rateのところで、上限速度を設定して、applyを押せば完了です!

ここまでで、基本的な設定は全部になります。けっこう色々と設定ができますよね!

 

また、systemメニューから、他にも設定をバックアップして置く事も出来ました。けっこう細かい設定をしている場合は、保存しておくと安心ですね。

 

こんなにいろいろできるスイッチで、POE付ですが、それほど高くないです!

⇒TL-SG108PEの最新のアマゾン価格はこちらから

 

POEが要らない場合はぐっと安くなります!この価格だと、設定が何もできないスイッチングハブと変わらないのでは??
⇒TL-SG108Eの最新のアマゾン価格はこちらから

 

 

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

PC・ルーター等機器 | WIFI、VPN、ネットワークの最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。