1. HOME
  2. ブログ
  3. コロナにより日本でも起業数が大幅増加している?!

コロナにより日本でも起業数が大幅増加している?!

<この記事を書いた人>

世界では起業数が大幅に増加

現在、世界中の国で起業数が大幅に増加しているのをご存知でしょうか?

以下の記事が参考になります↓

パンデミックで過去最高、世界で「起業」が急増のワケ、そしてコロナ後のゆくえ

アメリカやフランスでは単月で過去最高の起業数を記録したそうです。それは、コロナの影響で、旧来のビジネスが成り立たなくなり、新しいビジネスモデルを模索する経営者が増えたということ。

紹介した記事では、Eコマースや、IT系、教育系など、新しくオンラインで成り立つビジネスが増えているのだとか。

日本でのデータは?

日本では、総務省が「事業所・企業統計調査」というものを行っていました。これが、「経済センサス」という名前に変わり、調査を行っているのですが、令和2年度の民間事業所数の調査結果はまだ公表されておりません。

経済センサス‐基礎調査 調査の結果

今結果がでているのは、令和元年度、新規把握事業所数が「1,152,282件」(全国)ということです。その前の平成26年調査では、新規把握事業所数は調べてなかったようですね。

なお、こちらは法人設立している数限定になりますが、2021年5月の発表では以下の結果になっているようです。

ただ、これも2020年のデータなので、コロナが落ち着いてきてからの2021年以降の動向というのもはまだデータとしてないようです。

 

弊社の社内データから

そこで弊社運営の100坪以下賃貸オフィス、SOHO賃貸物件検索サイトSOHOオフィスナビより、引越しの問い合わせがあったお客様のうち、引越し理由が聞けたお客様の件数を抽出して、グラフにしてみました。

比較期間はコロナの影響を受けて引越しの相談が増えてきた2020年8月~2021年1月(6ヶ月)までのタイミングと、直近の2021年2月~7月(6ヶ月)で比較しました。

その結果、2021年2月以降、開業したいという依頼が17件➡51件(3倍)と大幅に増加したことがわかりました。コロナが落ち着いてきたため、事業の新規スタートがかなり増えていることがわかります。また、昨年はコロナの影響で縮小移転が増えた印象だったのですが、2021年2月以降若干減少しています。

また、支店開設が大幅に減少しています。これは、コロナの影響で、感染対策で本社そばに分社を作る、テレワーク用オフィスを借りる等、サブオフィスのニーズが昨年はあったのですが、2021年以降そのニーズはひと段落したことが大きく影響しているようです。

 

まとめ

世界中の情勢をみても、日本でも、今後開業が増えることが予想されます。弊社への反響でも、開業が2021年以降大幅に増えた事がわかります。コロナの影響で、大開業時代が訪れるのかもしれません。

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

リサーチ | 働き方改革の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。