1. HOME
  2. ブログ
  3. GASを使って、iphoneのショートカットアプリからスプレッドシートを操作する方法解説まとめ

GASを使って、iphoneのショートカットアプリからスプレッドシートを操作する方法解説まとめ

GASとは

GASとは、Google Apps Scriptの略で、googleが提供しているプログラム言語です。javasciptというプログラム言語を元に作られていて、特徴としてgoogleのgmail、googleカレンダー、スプレッドシート等のgoogleドライブ等の連携が簡単にできるというものがあります。

例えば、スプレッドシートに記載してある宛先、本文、件名をワンクリックでgmailからメール送信するといった事や、

スプレッドシートに書いてある内容をワンクリックで、カレンダーに予定を追加するなど、様々なことがプログラムを組むことで可能になります。

 

iphoneのショートカットアプリとは

iphoneのios13から標準でインストールされるようになったこのショートカットアプリ。みなさんのiphoneにも入っていると思います。指定したアプリを立ち上げたり、指定した時間になったらメッセージやLINEを送信したりといったことが可能です。

こちらに使い方が詳しく解説されています↓

iPhone『ショートカット』アプリが便利!使いこなし方やおすすめの設定法を紹介します

 

ショートカットアプリから、googleスプレッドシートを操作する方法

今回は仕事でよく使うスプレッドシートの操作をiphoneのショートカットアプリを使って、ワンタップで出来るようにしてしまおうというものです。

1.GASのプログラムを組む

空のスプレッドシートを開き、メニュー内のツールをクリック。その後、スクリプトエディタを押して、プログラムを組む画面に移動します。

そうするとこちらの画面になります↓

ここにプログラムを書いていきます。これは私の場合のプログラムです。



function doGet(){

// ショートカットアプリで開いたスプレッドシートファイルを取得
var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

// 取得したファイル内の一番最初のシートを取得
var sheet = ss.getSheets()[0];

// そのシートの1列目の後に5列を新しく挿入する
sheet.insertColumnsAfter(1, 1);

// そのシートの2列目、3行目にその日の日付を入力する
sheet.getRange( 3, 2 ).setValue( new Date() );

}

GASのプログラムでは、function 〇〇(){ から

後に出てくる

} までの間に書いてあることを実行するという意味になります。各行の意味は //の後ろに記載しておきました。

ポイントはfunction の後を doGetにするというところです。

2.デプロイする

画面右上のデプロイボタンを押しましょう。 ちなみに、デプロイとはプログラムをサーバーに設置して使えるようにすることを言います。

その後、ウェブアプリを選択。

この画面になったら、ウェブアプリの項目を自分に。アクセスできるユーザーをgoogleアカウントを持つ全員にしましょう。最後にデプロイボタンを押します。これでデプロイ完了です。

完了画面にでてくる、ウェブアプリのURLをコピーします。

3.iphoneのショートカットアプリの設定

iphoneのショートカットアプリを開き、右上の+ボタンをタップします。

以下の画面になったら、アクションを追加をタップします。

その後、以下の順でアクションを追加していきます。

①「URL」を選び、先程GASのウェブアプリURLを入れます。

②次に「URLの内容を取得」を選び、①で使った作った「URL」を設定します。

表示を増やすを選び、方法が「GET」になっていることを確認しましょう。なっていない場合は、GETに変更しましょう。

③「URLを開く」を選び、URLは①で使った作った「URL」を選びます。

④操作するスプレッドシートのURLをgoogleスプレッドシートの画面に移動してコピーしてきて貼り付けます。

完成すると以下のようになっていると思います。

この状態で右上の完了ボタンを押せば完成です。その後、該当するショートカット右上にある点3つをタップすると

設定画面になりますので、アイコンを自分の好きなものにしたり、名前を変えたり、ホーム画面に追加すれば完了です!

 

こちら完成したショートカットを動かした動画です。タップするごとに列が増えて、日付が自動で挿入されていきます!!

みなさんの参考になれば幸いです!

 

関連記事

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事