1. HOME
  2. ブログ
  3. Google Workspaceユーザーは無料でAppSheetが利用可能に!

Google Workspaceユーザーは無料でAppSheetが利用可能に!

近年、ビジネスで多くの企業が導入している「Google Workspace」。Google Workspaceとは、Googleが提供している様々なサービスをパッケージ化したグループウェアのことです。

2023年7月、 Google Workspaceの公式ブログでより多くのユーザーが「AppSheet」を利用できるようになったという発表がありました。

本記事では、2023年7月に発表された変更点と、AppSheetを利用するメリットについて解説していきます

そもそもAppSheetとは?

はじめに、AppSheetの概要について解説します。

AppSheetとは、Google Cloudのサービスの1つとして提供されているノーコードでアプリケーションを開発できるプラットフォームのことです。ノーコードとは、プログラミングを行わなくてもアプリケーションやシステムなどを開発できる、近年注目されている開発手法の一つです。

AppSheetでは、案件管理アプリや工数管理アプリの作成や、定型作業の自動化などを行えます。AppSheetの機能や料金について、以下の記事で詳しく解説しています。詳細についてはこちらをご覧ください。

 

 

Appsheet実際の画面

弊社で作成した業種別にICTの課題を蓄積、共有するアプリの画面をご紹介します!

appsheet画面1

左側が設定欄で、右側にアプリが表示されています。このアプリは、スマホからでも操作が可能です。

appsheet画面 入力フォーム

データの投稿フォームのイメージはこちらです。

 

appsheet bot画面

こちらは、Botの設定で、ICTの課題が投稿されると、自動的に会社内の共有メールアドレスにメールが送信されるようになっています。同じく、chatworkやLINEWORKS、teamsなどへの自動投稿も可能です。

 

2023年7月に発表された主な変更点について

ここからはGoogle Workspace 公式ブログの内容をもとに、2023年7月に発表された変更点について解説していきます。

より多くのユーザーがAppSheetを利用できるように!

2023年6月までは、AppSheetは「Google Workspace Enterprise Plus」でしか利用できませんでした。しかし、AppSheetの機能をより多くのユーザーに利用してもらうために、2023年7月以降は以下のプランでも利用できるように変更されました。

  • Business Starter、Standard、Plus
  • Enterprise Starter、Standard
  • Frontline Starter、Standard
  • Non-profits
  • Education Standard

Google Workspaceの各プランの料金や機能について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

 

 

ユーザー・管理者への影響

今回の変更によって、多くのユーザーがアプリケーションを構築できるようになり、Google Workspaceの機能を最大限に活用できるようになります。たとえば、在庫を文書化するアプリや、承認フローを管理するアプリなどを作成することが可能です。

また、管理者のセキュリティ設定に関する機能も強化されており、AppSheetを使用するGoogle Workspaceユーザーに対し、以下の機能を適用できます。

  • 外部ユーザーとのアプリケーションの共有・制限を行う
  • 外部アプリケーションのデータとの接続する
  • 外部受信者に対して自動でメールする機能など

AppSheetのメリット

より多くのユーザーが使えるようになったAppSheetには、どのようなメリットがあるのでしょうか?主なメリットは、以下の3つです。

①開発費用を抑えられる

AppSheetを利用すれば、プログラミングの知識がなくても1人で最初から最後まで開発作業を進められます。少ない人数で開発を進められるため、開発費用を抑えることが可能です。また、コーティング作業も不要になるため、開発工数も大幅に削減できるでしょう。

②アジャイル開発と相性が良い

アジャイル開発とは、計画・設計、実装、テストといった開発工程を小さいサイクルで繰り返す開発手法のことです。多様化する顧客ニーズに迅速に対応するために、近年主流になっているの開発手法の1つとして知られています。

AppSheetは開発途中のアプリを共有できる機能もあるため、アジャイル開発との相性が非常に良いのが特徴です。さらに、UIの変更、機能の変更等も柔軟に行えます。

AppSheetのデメリット

AppSheetはメリットだけでなく、デメリットもいくつかあります。

①自由度が低い

AppSheetは業務で必要なアプリを簡単に作成できますが、デザインを拘ったり、機能をたくさん付けたりといった作業には向いていません。高品質でデザイン性にも優れたアプリを作りたい場合、プログラミング言語を使う形の開発が適しています。

②サービス事業者に依存している

AppSheetに限らず、ノーコードサービスは仮にサービス自体が終了してしまった場合、全てのアプリが使えなくなってしまうリスクがあります。そのため、サービスを提供している事業者の知名度や人気、将来性などについて事前に確認しておくと良いでしょう。

AppSheetの場合、Googleの傘下に入っているサービスとなっているため、突然サービスが終了になるリスクは考えにくいです。セキュリティ面も優れており、信頼性が高いサービスとなっているため、安心して利用できるでしょう。

 

まとめ

今回は、2023年7月に発表された主な変更点とAppSheetのメリットについて解説しました。

2023年7月以降、AppSheetはたくさんのユーザーが利用できるようになりました。AppSheetを利用すれば、業務で使えるアプリを簡単に作成できます。

自社の業務を効率化し、社員の負担を軽減するためにも、ぜひAppSheetの利用をご検討ください。

なお、弊社ではGoogle workspaceに加えて、Appsheetの構築サポートも可能です。それとIT導入補助金の支援事業者も行っておりますので、ライセンス料金を補助金を使って半額でご提供もできます。

さらに、他のkintoneや楽楽販売などのノーコードツールも扱っていますので、比較した提案もできます!まずはお問合せください。

 

 

今後google workspaceのプランを見直す、または新規導入予定の方へ

google workspaceもしくはmicrosoft365の新規導入もしくは商流変更をお考えの方は、弊社ITの専門家が最適なプラン選定をアドバイスします。

また、弊社からの導入で、以下のメリットがあります。

googleworkspace公式HPからだと14日間の無料利用期間⇒30日間に。

②支払いは請求書払い可

他クラウドサービスとセット導入で特別に割引価格でご提供

④1年間、Google workspaceのマニュアル動画を無料で視聴(2年目以降は年350円が必要)

IT導入補助金を使って2年間半額でのご提案も可能

⑥弊社で作成したappsheetアプリ(勤怠有給管理アプリ備品発注管理、商談管理、従業員同士感謝記録アプリ等)無料進呈

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「google workspaceの記事を見た」とお伝え下さい。

google workspaceお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。

会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント


関連記事

GoogleWorkspaceはIT導入補助金の対象?どれくらいお得になる?

GoogleWorkspace管理画面のセキュリティ設定完全解説

AppSheetなら備品発注管理アプリを一瞬で作れる?!

スプレッドシートとGASによる業務自動化の例を紹介

Gmail(Google Workspace)でホワイトリストを設定するやり方

2024年2月から!Gmailの送信ガイドラインの変更を徹底解説

Google Workspaceのマニュアル動画が、社員教育に便利!

OutlookからGoogle WorkspaceのGmailへメールデータを移行する方法

企業でのApp Sheetの活用事例3選!利用するメリットも解説

GoogleのAppSheetでできること、料金を徹底解説!

完全無料!googleスプレッドシートの経費精算システムテンプレート

無料のスプレッドシートで有給管理を効率化!テンプレートを配布します!

従業員全員のGmailをバックアップする方法2選

Gmailで部下のメールを上司がチェックできるようにする方法2選

Googleスプレッドシートにパスワードを設定する方法

googleドライブで電子帳簿保存に対応する方法をわかりやすく解説

GoogleWorkspaceを初心者向けにわかりやすく解説

Google Workspace料金プランの違いとプラン選定ポイントを徹底解説



Google Workspace書籍紹介バナー


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事