1. HOME
  2. ブログ
  3. 2023年3月のgoogle workspace値上げをわかりやすく解説!既存契約はプラン変更必須?!

2023年3月のgoogle workspace値上げをわかりやすく解説!既存契約はプラン変更必須?!

google workspaceとは

google社が提供するメール、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、chatなどのオフィススイートサービスです。Gmailなどの有料版です。

詳細は以下の記事を御覧ください↓

 

google workspace値上げの内容

google社が提供するオフィスソフト、googleworkspaceが2023年3月14日から値上げになりました。

Google Workspace の料金の更新とより柔軟なお支払いオプション/公式ブログ⇒

具体的な値上げ内容は以下の通りです。

プラン フレキシブルプラン 年間プラン(新設)
Business Starter 680円→816円 680円(月換算価格)
Business Standard 1,360円→1,632円 1,360円(月換算価格)
Business Plus 2,040円→2,448円 2,040円(月換算価格)
Enterprise Standard 金額不明 金額不明

google workspaceは、googleから直接購入する場合、いつでも、ライセンスを増やしたり、減らしたりできるフレキシブルプランだけでした。今回から、年契約するプランが新設になり、そちらの月換算した価格は据え置きになります。

価格が上がるのは、フレキシブルプランになり、上記3プランは20%値上げとなります。

すでにgoogle 公式から新規に購入する場合は、値上げになっているようです。

また、Enterprise Standardプランも値上げする発表になっていますが、金額は非公開となっています。

 

既存契約の段階的値上げについて

既に、google workspaceを契約しているユーザーについての値上げは段階的に行うとしており、一例として、「ライセンス数10以下の場合、2024年1月まで変更されない」そうです。

そのため、10ライセンス以下の場合、焦る必要はありませんが、そう遠くないタイミングで、値上げになりますので、年契約へのプラン見直しを検討すべきでしょう。

また、10ライセンス以上の場合、早急に年契約プランへの見直しをすべきと考えます。

これまでは、google公式から購入することで、フレキシブルにアカウントの増減ができるのが、魅力でしたが、今後は価格が高いため、年契約を選ぶ企業が多くなると思います。

 

今後google workspaceのプランを見直す、または新規導入予定の方へ

google workspaceもしくはmicrosoft365の新規導入もしくは商流変更をお考えの方は、弊社ITの専門家が最適なプラン選定をアドバイスします。

また、弊社からの導入で、以下のメリットがあります。

googleworkspace公式HPからだと14日間の無料利用期間⇒30日間に。

②支払いは請求書払い可

他クラウドサービスとセット導入で特別に割引価格でご提供

④1年間、Google workspaceのマニュアル動画を無料で視聴(2年目以降は年350円が必要)

⑤IT導入補助金を使って2年間半額でのご提案も可能

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「google workspaceの記事を見た」とお伝え下さい。

 

google workspaceお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





Google Workspace書籍紹介バナー

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事