1. HOME
  2. ブログ
  3. リーガルテックとは?サービスの種類、導入するメリット・デメリットを詳しく解説

リーガルテックとは?サービスの種類、導入するメリット・デメリットを詳しく解説

近年、ビジネスシーンにおいて「リーガルテック」が注目されています。リーガルテックとは、ITやAIの技術を活用し、複雑な法律関連の業務を効率化するサービスやツールのことです。

リーガルテックサービスの種類は多岐に渡るため、「聞いたことはあるけど、どのような意味なのかよく分からない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、リーガルテックサービスの概要や種類、導入するメリット・デメリットについて解説していきます

 

リーガルテックとは

リーガルテック(Legal Tech)とは、法律(Legal)と技術(Technology)を組み合わせた言葉のことです。法律業務の効率化・利便性向上を目的としたITサービスのことを指します。

働き方の多様化やテレワークの普及、労働人口の減少が進む現代において、煩雑な法律業務を効率化できるリーガルテックが注目されています。近年のAI技術やブロックチェーン技術の著しい進歩により、契約書や法的文書の作成・分析などの自動化・効率化が可能になりました。

リーガルテックサービスの種類

リーガルテックサービスは様々なタイプがありますが、その中でも代表的なサービスは以下の4つです。

  • 電子契約サービス
  • 契約書の作成サービス
  • 案件受付管理
  • 検索サービス

それぞれの種類について、詳しく解説します。

電子契約サービス

電子契約サービスとは、クラウド上で契約手続きを実施できるサービスです。

契約書の作成や電子署名、送付までクラウド上ですべて完結できます。紙の契約書を作成する負担がなくなるため、業務効率化やペーパーレス化につながります。

代表的な電子契約サービスとして有名なのは、「Adobe Sign」「クラウドサイン」「freee サイン」などが挙げられます。それぞれのサービスの特徴や料金、搭載機能について、以下の記事で解説しています。詳細について気になる方はこちらをご覧ください。

 

 

契約書の作成サービス

契約書の作成サービスとは、契約文書の作成をサポートしたり、テンプレートから文書を作成したりするサービスのことです。近年、AIによって契約書の内容をスピーディーにチェックしたり、レビューしたりすることができるようになり、高精度な契約書作成が可能になりました。

案件受付管理サービス

案件受付管理サービスとは、社内の法律相談や契約書依頼の受付、案件管理などを効率化できるサービスです。法務関連の案件が多い企業に適したサービスといえるでしょう。

検索サービス

検索サービスとは、法律に関する情報や調査などを効率化し、業務に必要な情報をスピーディーに取得するためのサービスです。法令や判例などに関する資料を検索でき、業務を円滑に進められるようになります。

リーガルテックサービスを導入するメリット

リーガルテックサービスを導入するメリットは、以下の3つです。

  1. 業務を効率化できる
  2. 業務品質の向上・標準化につながる
  3. 書類を安全に管理できるようになる

それぞれのメリットについて解説していきます。

①業務を効率化できる

リーガルテックサービスを導入すれば、これまで手作業で行ってきた書類の整理や内容のチェック、修正作業などの手間を省くことが可能です。たとえば電子契約の場合、契約書の承認フローをクラウド上で完結できるため、業務時間を大幅に短縮できるでしょう。

さらに、残業時間を短縮でき、人件費や印紙代などのコスト削減も期待できます。

②業務品質の向上・標準化につながる

AIが自動で書面をチェックすることで、一定の基準・品質を満たした書類作成が可能です。人為的なミスが仮にあったとしてもすぐに気づくことができ、業務品質の向上・標準化につながります。

③書類を安全に管理できるようになる

リーガルテックサービスを利用し、書類を電子データとしてクラウド上に保管できるようになれば、最新のセキュリティ体制のもとで書類を安全に管理できるようになります

また、電子データ化された書類は検索性に優れているため、紙での保管よりもすぐに必要な書類を探し出せるメリットもあります。保管場所もとらないため、書類を管理する手間・コストも削減できるでしょう。

リーガルテックサービスのデメリット

リーガルテックサービスは様々なメリットがありますが、デメリットもいくつかあります。

予期せぬトラブルが発生する可能性がある

リーガルテックサービスはクラウドで提供しているものが多く、サービスを提供している事業者側で設定ミスが起きたり、サーバーがダウンしたりする可能性はゼロではありません。

仮にサービスが一時的に利用できなくなったときに備えて、対策方法やバックアップ方法について事前に決めておくことが重要です。

取引先の理解が欠かせない

たとえば電子契約サービスの場合、取引先で電子契約サービスの導入が認められていないというケースもあります。電子契約に対応している企業が増えていますが、まだ対応していない企業も一定数存在します。取引先が電子契約サービスを導入していない場合、自社でサービスを導入してもあまり役に立たないのです。

電子契約サービスを導入する場合、取引先に対して電子契約サービスの安全性やメリットについて、きちんと説明しておきましょう

まとめ

今回は、リーガルテックサービスの概要や種類、導入するメリット・デメリットについて解説しました。

リーガルテックサービスを導入すれば、契約書の作成・レビューにかける時間を大幅に短縮でき、業務をより効率的に進められるようになります。

代表的なリーガルテックサービスは以下の4つです。

  • 電子契約サービス
  • 契約書の作成サービス
  • 案件受付管理
  • 検索サービス

自社の業務を効率化し、課題解決につながるリーガルテックサービスの導入をぜひご検討ください。


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事