TOP 生産性向上、ITクラウド活用 google workspace、office365 google work spaceのGメールで迷惑メール振分を解除する3つの方法を解説

google work spaceのGメールで迷惑メール振分を解除する3つの方法を解説

Gメールの迷惑メール振分けを解除する方法がない?!

Gメールには、他のメールシステムと違って、ホワイトリスト機能が、設定画面にはありません。なので、どうしても受け取りたいメールがあるときに困りますよね。

今回は、Gメールで、迷惑メールに振り分けられてしまうのを解除する方法をご説明します。

 

Gメールで迷惑メールに振分けられるのを解除する3つの方法

1.迷惑メールから受信トレイに戻す

赤で囲った部分のボタンを押すことで、迷惑メールから受信トレイに移動しますよね。これを行う事で、迷惑メールに振分けらえれる可能性を減らせます。

ただし、この方法は確実ではありませんので、確実に受け取りたい場合は以下の2番目、3番目の方法を試しましょう。

 

2.フィルタをかける

まずは、設定画面にあるメニューから「フィルタとブロック中のアドレス」を選択します。

その後、下の方に「新しいフィルタを作成」というリンクがあるので、そこをクリックします。

次の画面で、From欄に迷惑メールから外したいメールアドレスを入力し、「フィルタを作成」を押しましょう。検索ボタンではありませんので、ご注意ください。

 

最後に「迷惑メールにしない」にチェックを入れて、フィルタを作成すれば完成です!

ただし、この方法は個人個人で設定する必要がありまして、会社で全員に一括で反映したい場合には向いていません。その場合は、3をご覧下さい!

 

3.IPアドレスでホワイトリストに入れる

google work spaceではホワイトリストの機能がありますので、そちらに設定をしましょう。

管理画面から、 アプリ > google work space > Gmail > 迷惑メール、フィッシング、不正なソフトウェア の順にクリックしていきます。

マウスを 「メールのホワイトリスト」欄にもっていくと、編集ができるペンマークがでてきますので、クリックします。

次の画面で、IPアドレスを入力する欄がありますので、こちらにIPアドレスを入力し、保存すれば完了です。

ここで、難しいのは、メールアドレスやドメインではなく、「IPアドレスを入れる」ということです。

相手のメールアドレスからIPアドレスを調べるには以下のサイトを使います。

➡ドメイン/IPアドレス サーチ 【whois情報検索】

 

アクセスすると、上記の画面が表示されますので、知りたいドメイン名を入力。チェックの上、管理情報照会実行ボタンを押します。

すると、

上記の画面が出てきます。この入力の逆引き または 正引き欄に書いてあるのが、IPアドレスになります。これをgoogle work spaceの管理画面から入力して保存をすれば完了です!

以上、google work spaceのGメールで迷惑メールを解除する方法でした!

 

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事