1. HOME
  2. ブログ
  3. Microsoft Bookingsとは?機能、メリット・デメリットを徹底解説

Microsoft Bookingsとは?機能、メリット・デメリットを徹底解説

顧客の予約受付や予約の変更・キャンセル手続きなどは、オンライン上で簡単に行える時代になりました。スケジュール管理を手軽に行える便利なサービスは非常に多いですが、Microsoft 365をすでに導入済みであれば、「Microsoft Bookings」の利用をおすすめします。Microsoft Bookingsは、Microsoft TeamsやOutlookなどとも連携できるのが魅力です。

本記事では、Microsoft Bookingsの機能、メリット・デメリットについて解説します

Microsoft Bookingsとは

Microsoft Bookingsとは、スケジュールの予約・管理を行えるMicrosoft 365のアプリケーションの一つです。

Microsoft Bookings 操作画面

画像引用元:Microsoft Bookings

Microsoft Bookingsは小規模なビジネス向けのサービスとなっており、インターネット環境があればどこからでも利用できます。また、複雑な設定は不要であり、普段Microsoft 365のサービスを使っている方であればすぐに使いこなせることができるでしょう。

Microsoft Bookingsを利用できるMicrosoft 365のプランは下記の通りです。

  • Microsoft 365 Business Standard
  • Microsoft 365 Business Premium
  • Microsoft 365 E3
  • Microsoft 365 E5
  • Microsoft 365 F3

各プランの料金等は下記の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

Microsoft Bookingsの主な機能

Microsoft Bookingsの主な搭載機能は下記の通りです。

  • 顧客のオンライン予約
  • 予約確認メールやリマインダーの送信
  • 予約変更・キャンセル等の管理
  • 予約を受け付けたら連携した社員の予定表に更新する

Microsoft BookingsはTeamsやOutlook、Skypeなどと連携して使えるのも特徴です。例えば、面会予定をMicrosoft Bookingsに入力することで、個人の予定表に即座に反映させることが可能です。

また、実際にMicrosoft Bookingsを使う際には、事前にMicrosoft Bookingsを有効にしておく必要があります

詳しくは「Microsoft Bookings を有効または無効にする」の手順を参照してください。

Microsoft Bookingsの主な活用シーン

Microsoft Bookingsは下記のようなシーンで利用できます。

  • 顧客の来院予約
  • お問い合わせフォーム
  • 会議室や備品の予約
  • 会議や面接日程の調整
  • 従業員のシフト管理

世界各国の政府機関や保険会社、学校など様々な業種で利用された実績があります。

Microsoft Bookingsのメリット

Microsoft Bookingsのメリットは下記の通りです。

メリット①専門知識不要で簡単に予約サイトを作成できる

Microsoft Bookingsは、Microsoftのアカウントを持っていれば誰でも簡単に予約サイトを作成できます

例えば、予約サイトを一から作成するとなると、有料のサービスを使う、または自分で時間をかけて作るパターンがほとんどです。また、有料のサービスを使う場合でも広告が表示されて煩わしく感じたり、デザインがイメージと合わなかったりなど、課題が多くあります。

Microsoft Bookingsであれば、専門知識がない状態でも予約サイトをスムーズに作成できるでしょう。

メリット②ダブルブッキングなどのミスを軽減できる

Microsoft Bookingsは、社員全体で部屋の予約状況を適切に把握できるようになるので、ダブルブッキングなどの手配ミスを軽減にも繋がります

どの部屋がいつから利用されるのかを把握することで、予約・管理の手続きもスピーディーに行えるようになります。

メリット③備品管理にも使える

Microsoft Bookingsは、予約サイトの作成や会議の日程調整だけではなく、備品管理にも活用できます

どの備品が、どれくらいの期間で、誰が使うのかを管理できるようになるので、備品の紛失防止にも繋がるでしょう。

Microsoft Bookingsのデメリット

Microsoft Bookingsは下記のようなデメリットもあります。

デメリット①小規模なビジネス向けのサービスであること

Microsoft Bookingsは小規模な店舗や個人事業主に最適なプランです。そのため、大規模な会社には適していない点がデメリットだと言えます

Microsoft Bookingsは複雑な設定は不要ですぐに利用できますが、カスタマイズの自由度はそこまで大きくありません。

デメリット②使いやすいがデザインや機能の追加は難しい

Microsoft Bookingsは使いやすさが特徴ですが、デザインを変更したり、機能を追加したりすることは難しいです

例えば、予約サイトは最低限の機能のみで、顧客の利用頻度や売上情報との連携には対応していません。

まとめ

今回は、Microsoft Bookingsの機能、メリット・デメリットについて解説しました。

Microsoft Bookingsは顧客の来院予約や会議室の予約、備品管理など様々なシーンで利用できます。Microsoft 365をすでに導入している方であればすぐに利用できますので、気になった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

Microsoft 365の導入、プランの切り替え等をお考えの方

弊社を通してMIcrosoft365を導入頂くと以下のメリットがあります。

①IT導入補助金を活用して2年間半額で導入可能
②複数ツール導入で公式価格より3%お値引き
③他ITツールとの各種API連携もご提案可
④MIcrosoft365の導入、使い方もサポート対応可

まずは以下のフォームもしくはお電話でお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「Microsoft 365の記事を見た」とお伝え下さい。





Microsoft365お問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。

会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント
   

関連記事

Microsoft365の安全なセキュリティ設定を解説

Teamsのウェビナーと会議の違いを分かりやすく解説!

Power AppsとPower Automateの違いとは?

Copilot in Power Appsとは?何ができるのかを詳しく解説!

OneNoteの共有方法をわかりやすく解説!

Microsoft Bookingsとは?機能、メリット・デメリットを徹底解説

Exchange Onlineとは?機能、メリット・デメリットを徹底解説

Sharepointとは?機能、メリット・デメリットを徹底解説

OneDrive for BusinessとOneDriveとの違いとは?

法人向けMicrosoft365のプラン、料金をとにかく分かりやすく解説

Microsoft 365 Business StandardとE3プランの違いとは?

Microsoft365とは?初心者向けに分かりやすく解説

Teamsの使い方を初心者向けに分かりやすく解説!


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事