1. HOME
  2. ブログ
  3. google workspaceの共有迷惑メールリスト設定の仕方

google workspaceの共有迷惑メールリスト設定の仕方

gmailの迷惑メール設定は、各個人ごと

Gmailを使っていて、毎日飛び込んでくる迷惑メールを迷惑メール設定をして、以後受信しないように設定をすると思いますが、これは基本、個人個人での設定です。

不要なメールは、会社のドメイン全体に迷惑メール設定できれば、スタッフ1人1人が迷惑メール設定をする手間を省く事ができます!それに、迷惑メール設定をしないで、毎回削除しているスタッフもいるかもしれませんので、彼らの時間を大幅に効率化が可能ですよね。

Google workspaceでは、こういった自社のドメインに届く迷惑メールを全体適用できる「共有迷惑メールリスト」機能があります!

共有迷惑メールリストの設定方法

設定方法は、まずgoogleadminの管理画面左側メニューから、アプリ>googleworkspace>Gmailという順番で選択します。

 

その後、メニューを下にスクロールさせて、「迷惑メール、フィッシング、不正なソフトウェア」をクリックします。

次の画面で、「ブロックされている送信者」欄にある「別のルールを追加」をクリックしましょう。弊社の場合、すでに2つ設定しているので、画面上に出ています。

次の画面では、迷惑メールとして設定するルールの名前を入力しましょう。その後、一旦右下の保存をクリックします。

保存が完了したら、そこの「編集」ボタンを押します。

またこちらの画面に戻りますが、今回は「リストを作成または編集」をクリックしましょう。

また、似たような画面が出るのですが、ここをブラウザのお気に入り登録しておくと便利です。

それから、「ブロックするアドレスのリストを追加」をクリックします。

次の画面が、迷惑メールのアドレスリスト入力画面になります。名前を付けた後、設定したいアドレスを入力し、「アドレスを追加」を押して追加していきましょう。最後に保存を押します。

これで、完了となります。

 

以上が、googleworkspaceの共有迷惑メールリストの設定になります。

 

 

google workspaceの導入をお考えの方は、弊社で導入サポートやテレワークでの活用の仕方アドバイスも無料で行っており、また特別に割引価格でご提供が可能です。

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「google work spaceの記事を見た」とお伝え下さい。

google workspaceお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

関連記事

 

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事