オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト

smartphone-1957740_1280

通信費のコストダウン方法毎月固定電話代3万円以上払っているなら、大幅に下げる方法があります!

2018年10月30日オフィスのコスト削減,

電話代を下げる方法をまとめてみました。コストダウンをお考えなら、ぜひ!

毎月通信料が3万円を超えている企業とは

bag-147782_1280

電話代は、「基本料」+「通話料」+「オプション」の3つで構成されています。

オプションはいくらつけても、3万円にはなりませんので、毎月3万円を払っている企業は、「基本料」が高いか、「通話料」が高いかどちらかになります。

 

ちなみに、基本料で3万円となると、NTTの光電話の場合、約25チャンネルくらい。社員数でいうと、75人以上の企業になってきます。

 

基本料が高い場合と、通話料が高い場合で、削減方法が異なりますので、以下にまとめてみました!!

 

固定電話の通信費を大幅に下げる方法(通話料が多い場合)

通話料が安い電話に切り替える

direction-255294_1280

3万円を超えている会社様は、おそらく通話料がかなりかかっていると思います。基本料が5000円くらいで、残り2.5万円が通話料という会社様が多いです。

こういう場合、通話料が安い電話会社に切り替えることでコスト削減になります。

特に、短時間通話が多いなら、課金秒数が少ない電話に切り替えるべきです。

通常、NTTの固定電話やソフトバンクのおとくラインは、固定電話あての通話は、3分課金です。

仮に10秒の通話でも、3分の課金がかかります。これを90秒課金にすれば、10秒の電話に対して、90秒分の支払いで済むわけです。

基本的には、通話が3分きっかりになるケースは少なく、どの電話でも、しゃべった通話時間以上に、課金単位の関係で多く支払いをしています。

 

特に、短時間通話が多い電話営業をする会社では、課金単位の少ない電話に切り替えるだけで大幅のコスト削減が期待できます。

 

<課金単位の少ない電話例>

フュージョンのアウトバウンドプロ

なんと1秒課金から、選べます固定電話あての通話で、1秒課金だと、1秒当たり0.1円のようです。

これで3分、180秒話すと、18円なので、すごく高く感じますけれども、実際には通話した時間分の課金なので、安くなるんですね。短時間の通話が多い場合にはこちらがおすすめ。

 

クラウドPBXサービス

こちらのサービスでは、6.18円/3分の料金で通話料が削減できますが、さらに90秒課金等も提供しています。長い電話もある場合は、こちらの方がいいかもしれません。

 

 

法人携帯を導入し、携帯からかける

blogger-336371_1280

今、プライベートの携帯は、ほとんどかけ放題になってきてますよね。法人携帯でも同様に、かけ放題にできます。

法人携帯を導入することで、通話料をほぼすべてカットすることも可能です。

但し、携帯は1台ごとに基本料金がかかります。よく通話する人だけに導入を検討してみましょう。

ちなみに、ソフトバンクのガラケーなら、なんとかけ放題で月額2000円弱で契約できるプランもあります。もちろん、携帯電話の番号はそのままに移行が可能です。

 

 

固定電話の通信費を大幅に下げる方法(基本料が高い場合)

基本料の構成

通常NTTの光電話の「ひかり電話オフィスエース」という商品では、以下のような3つのパートで基本料金が構成されています。

基本料1100円 +  1000円×チャネル数 + 100円×番号数

 

※別途細かいオプションをつければ、その分費用がかかりますが、ここでは除きます。

これを見るとチャネル数が、基本料で最も高くなる要素だということがわかります。

チャネル数とは、同時に通話できる数になります。もし、2チャネルで、2人が通話中に3通話目がかかってくると、通話中の音が流れてしまい、電話を受けることも、発信することもできません。

 

例えば、50人の企業であれば、チャネル数は通常1/3くらいを確保しますので、16チャネルとすると、NTTの光電話オフィスエースでは、チャネル数だけで、16000円にもなってしまいます!

 

基本料を下げられるサービスとは

smartphone-1957740_1280

基本料を下げるには、クラウドPBXサービスに切り替えをお勧めします。

たとえばこちらのクラウドPBXサービスでは、基本料2500円に、チャネル数は60チャネルが含まれています。

つまり、社員数が180人くらいまでは、チャネル数分の追加コストはかかりません。

また、クラウドPBXサービスのいいところは、今の電話番号をそのまま移行できるところです。

コストダウンをするために、電話番号が変わるとなると、非常に面倒ですよね。そういった煩わしさはなく、切り替えが可能です。

 

基本料を下げられるクラウドPBXサービス詳細はこちら

 

 

まとめ

毎月の通信費を下げるには、基本料を下げるのか、それとも通話料を下げるのかで対応が分かれてきます。まずは、毎月届いている明細をチェックして、どちらが高いのかを確認しましょう!

また、ご興味があれば、無料でコンサルも行っております。

通信費削減コンサルをご希望の方は、ぜひお問合せ下さいませ。

成功報酬等も頂いておりませんので、お気軽に!

 

アーデント 03-5468-6097 「通信費削減コンサル希望」とお問合せ下さいませ。

 

 

 

物件をお探しの方はこちらから
The following two tabs change content below.
渡邊 賢
2006年に小規模オフィスを専門に仲介する不動産会社「株式会社アーデント」を創業。以来、オフィス仲介を専門に10年以上の経験。自分で担当したオフィスの仲介契約は500件以上。オフィスコンサルタント。不動産だけでなく、内装、通信等のオフィス移転に関わること全般に知識豊富。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!

  • ⇒賃貸オフィス相談室の最新情報(ニュース、法律税金、ワークプレイス作り、物件探しのノウハウ等)
  • ⇒中小企業を経営する起業家、経営者向けに役立つ経営ノウハウ(メルマガ限定情報です!)
  • ⇒プロオススメの新着物件情報

読者数3000人、発行暦10年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!」

(例)nihon@example.co.jp

※メルマガはいつでもキャンセルできます

→革新的な電話サービス:クラウドPBXとは?メリット・デメリット徹底解説


関連記事

人材紹介、人材派遣業、不動産業で電話をクラウドPBXにすると...
個人のお客様とやりとりする人材関係や不動産、結婚相談所等の業種で、電話をクラウド...
ワークスタイル変革を検討しよう!...
ワークスタイル変革で成果が出した事例を元に、オフィスを変えて、コスト削減、生産性...
レンタルオフィスの電話番号や転送電話を使ってはいけない!?...
レンタルオフィスに入居予定なら、施設提供の電話は5つの大きな欠点があります。契約...
オフィスに置くウォーターサーバー完全比較、料金、安全、デザイ...
ウォーターサーバーを設置する企業が増えてきています。創業したばかりの企業さんでな...
バーチャルオフィスの転送電話よりクラウドPBXがいい理由4つ...
バーチャルオフィスやコワーキングスペースで代表番号を取得するなら、いくつかデメリ...

カテゴリ内人気記事