1. HOME
  2. ブログ
  3. なんと約7割の企業が縮小移転を検討している?!

なんと約7割の企業が縮小移転を検討している?!

先日、月間総務さんの調査で、なかなか衝撃的なアンケート結果が発表されました。まずは、

以下のグラフをご覧ください!

なんと、26.7%+39.9%で合計66.6%の企業がオフィスの見直しをした、もしくは検討していることになります。

コロナの影響だと思いますが、約7割となるとすごい割合ですね。

 

こちらをみると、縮小移転が30.9%と検討中が56.2%で合計87.1%でダントツトップ!弊社にも縮小移転の相談は毎日のように頂いております。

また、おもしろかったのが、コワーキングスペース、レンタルオフィスの契約を考えている企業が14.8%と30.6%で合計45.4%もいるということ。

確かに今、レンタルオフィス探しの依頼が多いです。

新しいオフィス形態として、浸透してきている気がします。

物件数もかなり増えましたので。

東京のレンタルオフィス探しはこちらから↓

東京のレンタルオフィス検索

 

ちなみに、元の月間総務さんの記事では、テレワークとオフィスとどちらが生産性が高いかなど、気になるアンケートも実施ていています。

詳細はこちらから↓

これからの働き方は「オフィスとテレワークの融合」が7割超 新型コロナでオフィスの見直しは「占有面積の縮小」

 

東京のレンタルオフィス・SOHO賃貸オフィス専門検索サイトはこちら

 

■なお、クラウドPBXなら、テレワーク時、自宅で今の代表電話を受ける体制づくりが可能です。

仮想オフィスもおすすめ!

 

詳細は上記記事をご覧ください!

関連記事

テレワーク中の「複合機節電設定」で電気代大幅削減に!

テレワークで、自宅のネット環境を劇的に改善する5つの方法

オリンピック対策でテレワークするなら、固定電話をクラウドPBX化すべし!

テレワークで必須の無料WEB会議ツールを比較してみました!

社員9人の会社がテレワークを実際にしてみてわかったこと

テレワークを実際導入してみてわかった3つの欠点

テレワークの電話ならクラウドPBXが最適!役立つ7つの効果をまとめました!

バーチャルオフィスの転送電話番号よりクラウドPBXがいい3つの理由

なんと約7割の企業が縮小移転を検討している?!


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事