1. HOME
  2. ブログ
  3. windows10でメモリー不足かどうかを簡単に調べる方法

windows10でメモリー不足かどうかを簡単に調べる方法

PCがちょっと遅い気がする。。ということありますよね?

色んな原因が考えられるのですが、一番可能性が高いのがメモリー不足です。

このメモリー不足を調べる方法をご紹介します!

windows10でメモリー不足を調べる方法

①ctrl+alt+deleteを押す

そうすると、タスクマネージャーが起動します。まずは、この画面でメモリ欄が、どのくらい使っているかを確認しましょう。上記のように80%を超えていると、ちょっと足りない可能性があります。

②パフォーマンスタブから、メモリを選ぶ

 

次に、タスクマネージャー内のパフォーマンスタブを選択し、メモリを選びましょう。画面内にある「コミット済み」欄にご注目ください。右側の上記画像で言うと、15.5GBと書いてあるのは、「実メモリー」⁺「ページファイル」の合計値です。「ページファイル」とは、メモリが足りない時に、HDD上に仮想でメモリ領域を作ります。これをページファイルというのですが、実メモリよりも大幅に遅いという特徴があります。

次に、15.5GBの左側の12.4GBという値が、現在の使用領域になります。この値が、実メモリー以下なら問題はありません。ちなみに、実メモリーは画面の右上にでています。上記画像だと、8GBですね。つまり、メモリーが足りていないということになります。

調べるポイントを再度お伝えしますね。

1.コミット済みの左側の数字が、実メモリーより少ないかどうか

2.コミット済みの右側の数字が、実メモリーの2倍より少ないかどうか

を確認しましょう!

③リソースモニターから、ハードフォールをチェックする

最後に、タスクマネージャーの画面下の方に、「リソースモニターを開く」という文字があると思います。それをクリックしましょう!

右下にあるハードフォールト/秒というグラフを見て、グラフが表示されている場合は、メモリーが足りず、「スワップ」というものが発生している状態を表わしています。

スワップとは、メモリーが足りないので、メモリー内で使っていないデータをHDDに一度移動させて空きを確保することを言います。また、必要になったら、データをHDDからメモリーに戻します。これがまた遅いんです。PCがとんでもなく重くなったことがあると思いますが、それはメモリー不足で、スワップが発生し、データをHDDに移し、またそれをメモリーに戻す作業を何度も繰り返している状態だと思われます。

今、メモリーは8GBが標準になりつつありますが、16GBのメモリを積んであるPCを選んだ方が、生産性は上がる気がします。参考までにDELLのHPでどのくらい価格差が出るかを調べてみました。

8GBのPCが106,544円、16GBのPCが122,864円。差額は、16,320円でした。数年使うものですので、その間の作業スピードが上がるならいいのではないでしょうか!

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097







関連記事

PC・ルーター等機器の人気記事

ICTオフィス相談室 最新記事