1. HOME
  2. ブログ
  3. 楽楽販売はIT導入補助金の対象?どれくらいお得になる?

楽楽販売はIT導入補助金の対象?どれくらいお得になる?

クラウド型の販売管理システムである「楽楽販売」は、販売管理業務を自動化・効率化することができます。

多くの企業で利用されている楽楽販売は、IT導入補助金を使ってお得に導入できるのでしょうか?

今回は、楽楽販売はIT導入補助金の対象となっているのか、IT導入補助金を利用すればどれくらいお得になるのかを解説します

楽楽販売については以下の記事で詳しく解説しています↓

 

楽楽販売はIT導入補助金の通常枠orインボイス対応類型で申請可能!

楽楽販売は、IT導入補助金の「通常枠」か「インボイス対応類型」で申請できます

IT導入補助金の概要やスケジュール、2023年からの変更点などを下記の記事で詳しく解説しています。IT導入補助金の詳細は、こちらをご覧ください。

IT導入補助金の通常枠とは?

IT導入補助金の通常枠は、中小企業・小規模事業者等が対象者す。

補助対象は、以下の3つです。

通常枠の補助対象
①ソフトウェア ソフトウェア購入費、クラウド利用料(最大2年分)
②導入関連費(オプション) 機能拡張やデータ連携ツールの導入、セキュリティ対策実施に係る費用
③導入関連費(役務の提供) 導入コンサルティング、導入設定・マニュアル作成・導入研修、保守サポートに係る費用

通常枠の補助率・補助額は、以下の通りです。

通常枠の補助率・補助額
補助率 1/2以内
補助額 【1プロセス以上】5万円以上150万円未満

【4プロセス以上】150万円以上450万円以下

下記のページでIT導入補助金の通常枠の活用事例や、申請・導入までのフローなどを説明しています。こちらも参考にしてください。

IT導入補助金2024 通常枠

IT導入補助金のインボイス対応類型とは?

IT導入補助金のインボイス対応類型は、インボイス制度に対応した会計ソフトや受発注ソフト、決済ソフトを導入し、労働生産性の向上をサポートすることを目的としています

インボイス対応類型の補助対象は以下の通りです。

インボイス枠(インボイス対応類型)の補助対象
ソフトウェア インボイス制度に対応し、「会計」・「受発注」・「決済」の機能を有するソフトウェア
オプション ・機能拡張
・データ連携ツール
・セキュリティ
役務 ・導入コンサルティング
・導入設定 / マニュアル作成 / 導入研修
・保守サポート
ハードウェア PC / タブレット / プリンター / スキャナ / 複合機
POSレジ / モバイルPOSレジ / 券売機

ハードウェアを補助対象として申請する場合、そのハードウェアがソフトウェアの使用に資するものでなければいけません

インボイス対応類型の補助率・補助額は以下の通りです。

インボイス制度に対応した会計・受発注・決済ソフト
補助率 補助額
中小企業は3/4、小規模事業者は4/5 50万円以下
2/3以内 50万円超〜350万円以下

インボイス枠(インボイス対応類型)の詳細や申請・導入までのフローなどは、以下のページをご覧ください。

インボイス枠(インボイス対応類型)

楽楽販売はIT導入補助金でどれくらいお得に導入できるのか?

楽楽販売の利用料金は、初期費用が150,000円(税抜)、月額費用が70,000円(税抜)からとなっています。

※月額費用はユーザー数やデータベース作成数に応じて変動します

IT導入補助金の通常枠では、クラウドサービスの利用料金最大2年分まで申請することが可能です。

楽楽販売の1年間の利用料金は、最低料金として、初期費用15万円。これと、月額費用70,000円(税抜)×1年(12か月)で840,000円(税抜)となります。

インボイス枠で採択されれば、初期費用15万円、月額費用7万円×24カ月で168万円。合計183万円となります。

もし小規模事業者の場合は、なんと50万円以下は4/5補助。50万円以上は2/3補助なので、

総額1,303,333円の補助が受けられますので、実負担は526,667円で2年間利用できることになります!

 

楽楽販売のIT導入補助金申請はどちらの枠がいいのか?

基本的にはインボイス枠の方が補助割合が多いのでそちらがおすすめです。

ただ、一緒にgoogleworkspaceを導入したいとか、OCRツールを入れたいなど、一緒に入れたいツールがある場合には、通常枠での申請を検討頂くようになりますね。

しかし、インボイス枠の方がとにかく補助割合が高いので、インボイス枠での申請をお勧めします。

どうしても、通常枠で申請したツールがある場合は、別の申請として、同じ年に、申請をべつで行うことも可能ですので。

 

IT導入補助金の採択率を上げるためには?

IT導入補助金は様々な枠が用意されているため、どの枠で申請すればよいか分からないといった声が多く聞かれます。また、通常業務を行いながら書類の作成や、申請の準備を進めるのは非常に手間が掛かるでしょう。

そこでIT導入補助金の支援事業者に相談すれば、書類の書き方や採択率アップのポイントなどをアドバイスしてもらえます。効率的に申請準備を進めることが可能です!

弊社はIT導入補助金の支援事業者として、採択率アップにつながるサポートを実施しています。お気軽にお問合せ・ご相談ください。

まとめ

今回は、楽楽販売はIT導入補助金の対象となっているのか、IT導入補助金どれくらいお得に導入できるのかを解説しました

楽楽販売はIT導入補助金の対象となっており、「通常枠」か「インボイス対応類型」で申請できます。

 

IT導入補助金の通常枠では、クラウドサービスの利用料金最大2年分まで申請することが可能です。

IT導入補助金の申請方法や書類の書き方で不明点等がありましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

弊社ではkintone、楽楽販売どちらも対応しており、ご状況を伺って、専門家がベストなご提案をさせて頂きます。まずはお問合せください!

「アーデントで楽楽販売を検討するメリット」

①IT導入補助金を使って、最大1/4の費用で導入が可能。PC・タブレットも半額
公式では対応していない他ITツールとのAPI連携も対応可。楽楽販売公式では対応できないこともご提案できます
 ※会計ソフトとのつなぎこみ、入金消込、OCRで読み取った情報を入力。
  chatGPTに問い合わせした結果を入力、lookerstudioでもっと欲しい情報のわかりやすいグラフを生成等
③複数のクラウドツール導入で、あわせて3%をずっとお値引き
④メール、チャット以外に電話でもサポート相談可
⑤サポート期間はベンダーが3か月のところ、基本1年(有償)
⑥要件を伺って、場合によってはkintone等の他ツールを提案することも
⑦IT全般相談に乗れるパートナーとして、業務全体のDX推進サポートもできます

お問い合わせは、電話もしくはフォームからご相談くださいませ。


電話でお問合せはこちら:03-5468-6097


※「楽楽販売の記事を見た」とお伝え下さい。

楽楽販売 お問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。

会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント
   

株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事