1. HOME
  2. ブログ
  3. パスワード漏洩?!クロームでパスワード変更してくださいと言われたときの対処法

パスワード漏洩?!クロームでパスワード変更してくださいと言われたときの対処法

<この記事を書いた人>

googlechromeがパスワードを変更してくださいと言ってきた!

「不正しようされた」と記載があるので、こちらのパスワードが漏洩したのか?!ということでびっくりしますよね。

上記画像は、私のchromeなのですが、JRの駅ねっとにアマゾンに、これは一大事です。

 

本当にパスワード漏洩したのか?

結論から言うと、漏洩しています。

ただし、どこからかは分からず、クローム上に表示が出ているHPからとは限りません。

こちらgoogleの英語HPによると、

⇒Chromeのパスワード保護の向上-仕組み

 

googleで保有している既に漏洩したIDとパスワードの組み合わせと突き合せた結果の表示だそうです。表示が出た場合は、パスワードの変更を強くすすめています。

 

Password Checkupの仕組は?

この仕組みをgoogleは、Password Checkupと呼んでいます。その仕組みは以下の通りです。

googleは、データ侵害によって公開されたID、パスワードを発見すると、その暗号化されたコピーをサーバーに保管します。

 

クロームユーザーがウェブサイトにログインすると、そのID、パスワードのコピーを暗号化して、googleに送信。

このとき、googleも含め、誰も暗号化されたパスワード等を取得はできないそうです。

 

Password Checkupは、漏洩が起きたIDやパスワードかどうかを、複数の暗号化された方法でチェックするそうです。細かい方法はgoogleHPでご確認ください。

 

もし、漏洩されたパスワード等であれば、パスワード変更を強く進めてきます。

 

自分のchromeブラウザでチェックのやり方は?

1.設定に移動する

一番右上の点が縦に3つ並んだマークをクリックし、その後設定を選択しましょう。

2.パスワードを選択

画面の少し下に「自動入力」という枠があり、その中に「パスワード」という項目があります。

3.パスワードを確認を選択

4.該当パスワードをチェック

不正使用されたと出ているパスワード右側の点3つをクリックしましょう。

パスワードを表示という項目が出てくるので、そこをクリック。

そうすると、隠れていたパスワードが表示されます。

これが、いつも自分が良く使うパスワードだなと思えば、危険ですので、至急変更しましょう!

5.パスワード変更は各HPにて

なお、パスワードの変更は各HPごとに異なりますので、そちらで行いましょう。

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

ICTに関する最新ニュースの最新記事




ICT相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら



ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。