1. HOME
  2. ブログ
  3. IT担当者がいない企業向けにセキュリティチェックリストを総務省が公開!

IT担当者がいない企業向けにセキュリティチェックリストを総務省が公開!

<この記事を書いた人>

2020年9月11日に総務省が「中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)」を公開しました!

みなさんの会社ではテレワークを実施していますでしょうか?テレワークをすると、実はセキュリティの危険度がかなり増します。

参考記事はこちら↓

さらにこちらのサイトをみると、個人情報流出事件は毎日起きていることがわかります。

最新の流出事件こちらから➡個人情報漏洩事件・被害事例一覧/サイバーセキュリティ.com

そうなんです。知らないだけど、日本中でセキュリティの穴をついた流出事件が起きています。これ良く見ると、大企業だけじゃないんですよ。。。

とはいえ、中小企業だと専門人材がいない為、どこをどう対処していいのかわかりませんよね。

そんなときにこのチェックリストは社内にIT専任担当者がいない中小企業向けの内容になっていて、何をすればいいのか、どこに穴があるのかが分かって非常に役立ちます。

 

想定読者は以下の通りです。

IT用語を聞いた事はあるけど、理解していないレベルの方向けの内容になっています。

テレワーク方式ごとのフローチャート

まずは、自社のテレワーク方式がどれになるかをフローチャートで判断します。

この方式ごとにチェックリストの内容が異なるんですね。ちなみに、弊社の場合は方式①でした。

参考までに方式①の場合のチェックリストはこちらです↓

優先度◎に高い項目

優先度〇の項目

こんな感じで、けっこう項目がありますね!特に◎項目には穴が無いか、至急チェックしたいですね。

総務省のチェックリストはこちらから↓

テレワークにおけるセキュリティ確保/総務省

チェックしてみてください!

 

■なお、クラウドPBXなら、テレワーク時、自宅で今の代表電話を受ける体制づくりが可能です。

仮想オフィスもおすすめ!

 

詳細は上記記事をご覧ください!

関連記事

IT担当者がいない企業向けにセキュリティチェックリストを総務省が公開!

wifiルーターのセキュリティ 最新設定をきちんと選択してますか?!

そもそもVPNとは?リモートアクセスVPNと拠点間VPNの違いを解説

UTMとは?初めての方向けにとにかく分かりやすく解説!

コロナ禍でVPN、リモートデスクトップ、自宅PCが危険になっている?!

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

ICTに関する最新ニュースの最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。