1. HOME
  2. ブログ
  3. 最新ルーターArcher AX6000を実際使ってみたら、爆速でした!!

最新ルーターArcher AX6000を実際使ってみたら、爆速でした!!

<この記事を書いた人>

Archer AX6000とは

Archer AX6000は、TP-LINKの最新ルーターの一つです。デュアルバンド Wi-Fi対応。(2つの周波数の電波を使うことができるということ)

2.5 Gbps WANポート × 1、ギガビット LANポート × 8を備えた最新WIFIルーターです。

 

WIFI性能と価格は?

TPLINKのHPによると、

WIFI6対応で、合計5952 Mbps: 4804 Mbps (5 GHz) & 1148 Mbps (2.4 GHz)の速度が出ます。

WIFI6の詳細はこちらから↓

 

これだけだと速いのか分かり辛いと思いますので他社製品と比較します。

メーカー、製品名 TP-LINK Archer AX6000 ネットギア AX11000  Buffalo WXR-5950AX12 NEC WX6000HP
速度 合計5952 Mbps: 4804 Mbps (5 GHz) & 1148 Mbps (2.4 GHz) 合計約 10.8Gbps ( 4804 + 4804 + 1147Mbps ) 合計 5951Mbps:5GHz帯4803Mbps +2.4GHz帯1147Mbps 合計 5951Mbps:5GHz帯4804Mbps +2.4GHz帯1147Mbps
CPU 1.8 GHzクアッドコアCPU 2.2GHz クアッドコア 2.2GHzクアッドコアCPU 4つのコアを持つクワッドコアCPU
WIFI接続台数 最大接続台数100台 96台 36台 36台
価格(アマゾン調べ) 29,091円 ⇒最新価格はこちら 87,287円 ⇒最新価格はこちら 32,299円 ⇒最新価格はこちら 33,298円

ネットギアの最新ルーターには負けますが、十分最速の域にあるルーターだと思います。そして、コスパがいいです!!

なお、TP-LINKにはゲーミング用に以下の高機能ルーターも↓

TP-Link WiFi 無線LAN ルーター WiFi6 11AX トライバンド 4804 + 4804 + 1148Mbps 3年保証 Archer AX11000

その他機能

ポイント1.WANポートは2.5G!

これは、大元の光ファイバーがどの程度のスペックを引いているかによると思いますが、WANポートとは、wide area networkのことで、外部から光ファイバーをひきこんだケーブルで一番最初にルーターに接続するポートの事を言います。Buffalo WXR-5950AX12だと、ここが10Gポートになっているため、そこよりは少し劣るわけですね。

ただ、10Gの光ファイバーを引いている人がどれだけいることでしょうか。。そういう意味では2.5Gでも十分かと思います。

 

ポイント2.インテリジェント コネクション搭載!

空いている周波数を自動割り当てする機能により、混雑を回避して安定した速度を出すことができます。

ポイント3.セキュリティシステム内蔵

Trend Microのセキュリティソフトを内蔵し、アンチウイルス・保護者による制限・QoSを使えます。これがあれば、ウイルスソフトをPCに入れなくてもいい?のかも。

ポイント4.オフィス使用に耐える100台接続

WIFI同時接続台数100台は、会社で使うにはかなり魅力的ですよ!今や、スタッフ1人あたり、ノートパソコンとスマートフォン2台同時につないだり、来客時にお客様が接続したりしますもんね。

そういう意味では、NECやbaffalo製品の最大36台はちょっと少ないですよね。。

ポイント5.セキュリティWPA3に対応

最新のWIFIセキュリティ規格WPA3に対応しています。こちらは同じTP-LINKの上位機種AX11000はゲーム利用に最適化されており、対応していません。

一般的なオフィスでの利用であれば、AX6000の方が向いているといえるでしょう。

 

実際に使ってみた速度は?

ということで、弊社オフィスにAX6000を設置してみました!

 

そして、旧ルーターと速度を比較!!

NEC aterm WG2600HP3(かなり昔に購入した機種です) TP-LINK Archer AX6000

なんと、びっくりな速度差が出ました!!

これはiphone11がwifi6に対応しているという事もあるとは思いますが、劇的に快適になりましたね。

ということで、古いノートPC、LENOVO YOGA710という4~5年前の機種で計測してみました!

NEC aterm WG2600HP3(かなり昔に購入した機種です) TP-LINK Archer AX6000

 

なんと、古いノートパソコンの速度も劇的に向上しました!!

これはうれしい!

欠点は?

海外製ルーターは、v6プラスなどのIPOE接続に対応していません。そのため、v6プラスを使う場合は、現在のルーターをそのままルーターとして残し、Archer AX6000をブリッジモードというルーター機能を無くしたアクセスポイントとしてのみ機能するモードで接続する必要があります。

 

まとめ

会社でだいたい似たような機能が出そろっています。ただ、オフィスで使う場合に同時接続数はかなり重要なポイントではないでしょうか。そういう意味で、100台接続ができるArcher AX6000は、おすすめです!

会社でつかう、お客様用のゲストネットワークの設定も簡単。簡易的ですが、QOS機能もあるので、遅れると困るIP電話機やPCなどを指定する事も可能です。また、上位機種のAX10000よりも安心のWPA3に対応。AX10000がゲーム利用に特化ているので、オフィスで使うルーターとしては、AX6000の方が向いています!非常によくまとまっている機種だと思います!

 

購入はこちらから↓

アマゾン:最新価格はこちら

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

ICTに関する最新ニュースの最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら



ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。