1. HOME
  2. ブログ
  3. Wi-Fi 6のさらに新規格がもう出る!?Wi-Fi 6Eの速度とは?日本はいつから?

Wi-Fi 6のさらに新規格がもう出る!?Wi-Fi 6Eの速度とは?日本はいつから?

<この記事を書いた人>

Wi-Fi 6とは?

WIFI6についてまとめた記事がこちらです↓

ちょうど1年前くらいから普及が始まったWIFI6。iphoneだと、iphone11以降の機種が対応しています。これでも十分高速なのですが、その次世代規格が、なんともう始まります!

Wi-Fi 6Eとは?

Wi-Fi Allianceという団体がWIFIの規格を決めているのですが、

wifi6で対応していた周波数帯に加えて新たに6GHz帯が加わったことから、対応する製品は「Wi-Fi 6E」を名乗ることとなりました。ちなみに、Eは「拡張された」を意味する英語”Extended”のことです。

つまりWIFI6(IEEE 802.11ax)対応で、2.4GHzと5GHzのみ対応の製品は「Wi-Fi 6」、2.4GHzと5GHzに加えて6GHzに対応する製品は「Wi-Fi 6E」となります。

周波数は、数字が大きいほど、速く、真っすぐ飛びます。つまり、今までの5Ghzよりも、6GHzの方が速いとうことです。なお、その分障害物に弱く、自宅で壁が多い環境や、オフィスで間仕切りが多いと、電波の受信感度が悪くなりがちです。

WIFI6Eの速度とは?

WIFI6E対応機種が、実は海外になりますが、もう発売されました。

こちらです↓

意外!? 世界初Wi-Fi 6EルーターはASUSから。ROG Rapture GT-AXE11000海外発表

機種名からもわかりますが、最高速度は11Gのようです!

 

ちなみに、日本で現状販売されているWIFIの速度はこんな感じです↓

すでに10.8Gの製品は発売されていますので、そこまで高速化しないのかなと思ってしまいますが、これはあくまで理論値です。周波数が増えることで混雑が格段に減り、実行速度では大幅に上がる事は間違いありません。

ただし、日本ではこの6GHz帯の認可が下りておりませんので、まだ使う事はできません。今後の総務省の対応待ちということになりますね。

 

日本はいつから対応する?

アメリカは今年から、ヨーロッパは来年以降対応という記事が多くありました。でも、これは海外の話。日本はいつからかは明確にまだ決まっていないようです。

総務省のこちらのページを見ると、総務省の最新のアクションプランでは、6GHz帯ではなく、5GHz帯の中の(5.3、5.8GHz)を追加することが目指しているようです。

「周波数再編アクションプラン(令和2年度改定版)」の公表/総務省

この感じだと、2021年中には実現しなそうですね。。。

 

ちなみに、こちらの記事では、来年発売のiphone13がWIFI6Eに対応するのでは?ということを書いてありますね。
Apple、「iPhone13」がWi-Fi 6Eに対応だよ!(AR/VRでの体験向上に恩恵)

 

まとめ

WIFI6Eについては、日本ではまだ少し先の技術になりそうです。ただ、ルーターは買い替えると長く使いますので、この辺の規格がいつごろ始まるのかは把握して購入すると良いと思います。そろそろ買い替えを検討されるなら、現状ではWIFI6対応機種が一番だと思います。ちなみに、法人向けのWIFI6対応アクセスポイントが発売されました!

⇒エレコム 法人向け 無線アクセスポイント

 

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

ICTに関する最新ニュースの最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。