オフィス仲介のプロが発信する賃貸オフィス・賃貸事務所・SOHOマンションのすべてがわかる情報サイト

finger-2056030_640

有料職業紹介、職業派遣業向けのノウハウ人材紹介、人材派遣業、不動産業で電話をクラウドPBXにすると売上が上がる⁈

2018年10月16日ワークプレイス作り, 業種別賃貸ノウハウ,,

個人のお客様とやりとりする人材関係や不動産、結婚相談所等の業種で、電話をクラウドPBXにすると、ヒアリングできる確率が向上し、売上アップになります!

人材紹介業、人材派遣業では、求職者個人とのやりとりが多いので、携帯だと不都合がある

finger-2056030_640

今どきは、変な事件も多いので、知らない携帯からの着信に出ないという方も多いのではないでしょうか。人材派遣業、人材紹介業ではこれが営業スタッフとお客様とのやりとりがしづらい要因になっています。

反響の電話が来れば、営業が対応するわけですが、営業で外出しているケースもありますよね。この場合、外から携帯でかけるとお客様は出てくれないわけです。

しかも、個人の働いている人ですから、休憩時間に電話をしてくれている可能性もあるので、できれば、すぐに話をしないと、なかなか電話で話ができないことにも。

しかし、携帯からでは電話にでてくれないので、一旦会社に戻ってから電話をするわけですが、これってかなりの機会損失ですよね。

 

似たような業種で、結婚相談所や不動産業なども同じ

似たような事例としては、結婚相談所や不動産業もそうです。比較的小規模な事務所が多い結婚相談所や不動産業では、全員外出してしまい、携帯に代表電話を転送しているケースもありますが、万が一電車に乗っていれば、電話に出ることができなくなってしまいます。

また、お客様が携帯からかけても出てくれないので、有料職業紹介業などと一緒で、事務所にもどってから折り返すことになってしまいます。これは、大きな機会損失になります。

 

 

今の電話をクラウドPBXにするとこうなる

business-3224643_640

電話をクラウドPBXにすると以下のようになります。

 

1.外から代表番号で電話ができるようになる

外からスマホで、お客様に会社の番号で電話ができるようになります。事務所に戻ってから電話を折り返すよりも迅速にお客様と連絡を取ることが可能です。

 

2.外の営業にお客様の電話を切らずに、そのまま転送できる

お客様からの電話を伝言を聞いて折り返すと、もうつながらないことってありますよね。クラウドPBXの場合は、電話を外にいるスタッフにそのままつなぐことができますので、お客様からするとオフィスにいるかのように電話の応対が可能になります。これにより、営業とお客様が話がつながる率が上がります。

メールのやりとりを何度もするよりは、一度電話で話をできた方が、信頼関係も作れますし、詳細なヒアリングも可能になります!

 

3.専用の直通番号を用意して、お客様と営業がよりつながりやすくなる

クラウドPBXでは、営業担当の直通電話を用意することが簡単にできます。これにより、お客様と営業が直接やりとりをすることで、電話取次の手間を大幅に削減することが可能です。

また、万が一、伝言漏れをしてお客様の要望を2回聞いてしまい、不快にさせるなどのリスクも減らすことができます。

 

4.全員外出していても、電話を外で全員で受けられる

開業当初は、少人数で仕事をすることも多いと思います。その際、全員外出をしてしまうと、当然携帯に転送をするのですが、転送をした場合、一人にしか転送できません。2人いて、2人目の人が手が空いていても、電話には出れないんですね。

また、転送もすると、転送通話料負担がかかってきて、実はかなりコストがかかります。

クラウドPBXであれば、この転送通話料負担をなくし、さらにスタッフ全員で外で電話を受けることが可能になります。

 

(参考記事)

転送電話の料金負担の仕組みを考えると、クラウドPBXの方がお得に!

 

5.地方案件も受けやすくなる

業績が伸びてくると、支店を出していくところが多いと思います。そんなとき、最初は地方支社と言っても、常駐はおかないかもしれませんよね。電話をクラウドPBXにしておけば、06だったり、052だったり現地の局番の電話番号を取得し、その番号にかかってきた電話を東京で受けるといったことが可能になります。

また、常駐スタッフを置いたとしても、最初は少人数で全員外出で、電話に出られないかもしれません。そんなときにも、現地のメンバーが7秒電話に出れない場合に、東京本社の電話を鳴らすといった細かいコールルールの設定が可能です。

 

まとめ

人材紹介業、人材派遣業や、不動産業、結婚相談所では、外から携帯にかけることで、売上を失ってしまっている部分が少なからずあります。お客様との電話のやりとりがうまくうながらずスムーズにいかない、ヒアリングができないお客様がいてメールでヒアリングをしたら、ご希望のイメージがずれていたなどなど。

こういった事態を解決する電話サービスが、クラウドPBXです。

コストも、NTTと変わらず導入ができますし、今の電話番号をそのまま移行して使うことも可能ですので、ぜひ、一度検討してみましょう!

 

cloudpbxhenobanner

 

 

 

関連記事

固定の電話番号を変えずにオフィス移転する裏技!

転送電話の料金負担の仕組みを考えると、クラウドPBXの方がお得に!

レンタルオフィスの電話番号や転送電話を使ってはいけない!?

光電話の引越しで電話番号を変えたくない場合の解決策

東京で電話番号を変えないオフィス移転をご希望の方へ

クラウドPBXでコールトラッキングができる?!

これから独立開業するなら、電話はだんぜんNTTよりクラウドPBXがいい理由7個

サロン系の店舗運営にお勧めの電話サービス!クラウドPBX

クラウドPBXとビジネスホンのコストを徹底比較

バーチャルオフィスの転送電話よりクラウドPBXがいい理由4つ

物件をお探しの方はこちらから
The following two tabs change content below.
渡邊 賢
2006年に小規模オフィスを専門に仲介する不動産会社「株式会社アーデント」を創業。以来、オフィス仲介を専門に10年以上の経験。自分で担当したオフィスの仲介契約は500件以上。オフィスコンサルタント。不動産だけでなく、内装、通信等のオフィス移転に関わること全般に知識豊富。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!

  • ⇒賃貸オフィス相談室の最新情報(ニュース、法律税金、ワークプレイス作り、物件探しのノウハウ等)
  • ⇒中小企業を経営する起業家、経営者向けに役立つ経営ノウハウ(メルマガ限定情報です!)
  • ⇒プロオススメの新着物件情報

読者数3000人、発行暦10年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!」

(例)nihon@example.co.jp

※メルマガはいつでもキャンセルできます

→革新的な電話サービス:クラウドPBXとは?メリット・デメリット徹底解説


関連記事

複合機のコスト削減(2) 機能をフル活用して経費削減に!...
オフィスのコピー機の機能をフル活用する経費削減アイデア。...
オフィス移転でスタッフ定期代も考えると、今よりもいい事務所が...
事務所移転を考えるときに、スタッフの交通費まで考えている方は非常に少ないのですが...
バーチャルオフィスの転送電話よりクラウドPBXがいい理由4つ...
バーチャルオフィスやコワーキングスペースで代表番号を取得するなら、いくつかデメリ...
レンタルオフィスのススメ こんなにもお得だった?!...
最近増えているレンタルオフィス・サービスオフィスと、通常の賃貸オフィスのコストを...
毎月固定電話代3万円以上払っているなら、大幅に下げる方法があ...
電話代を下げる方法をまとめてみました。コストダウンをお考えなら、ぜひ!...

カテゴリ内人気記事