1. HOME
  2. ブログ
  3. 無料社内SNSの比較をしてみました!これがベストサービス?!

無料社内SNSの比較をしてみました!これがベストサービス?!

社内SNSとは?

社内専用の、facebookやlineだと言えばわかりやすいかと思います。社内での情報共有方法として、社内SNSを導入する企業が増えています。

社員数が増えれば増えるほど、コミュニケーションの量は減っていくし、情報を社内に行き届かせるだけでも、手間がかかってきますよね。

社内SNSであれば、メールよりも簡単に、そして気軽にコミュニケーションが可能ですし、企業向けのSNSサービスはスケジュール管理、タスク管理などの機能がついているものもあり、仕事の生産性向上にも役立ちます。

 

社内SNS導入の効果

弊社では、yammerというサービスを導入して、約3年半が経過しました。普段は日報や、仕事での新しい気づき、再開発情報、おすすめ物件、直行直帰などの情報を入れるようにして運用しています。

導入してみた結果、実感した効果としては、以下のとおりです。

(よかったところ)

気軽にコミュニケーションできて、コミュニケーションが増えました。

渋谷で、ハロウィンでの人だかりがすごい!とか、再開発の情報とか、物件写真がメールの時よりも気楽に送信できるようになりました。そのため、コミュニケーション量は増えました。日報では直属の上司がコメントするのですが、ちょっとした会話も成立しています。上司以外からコメントが入ることも。

 

メールよりも手間削減にもなりました

日報をSNS上で投稿してもらうようにしたのですが、直属の上司はコメントしやすくなりました。

また、カテゴリ分けをしているので、後日日報を見返したいときにも、メールよりは探しやすいです。

 

(悪かったところ)

検索機能が弱い

googleのGメールと比べると欲しい情報がキーワードで検索しても、違うものが出てきてしまうことが多いので、探しづらい。

 

スタンプがない

facebook等になれていると、スタンプでより感情も伝わるコミュニケーションがしたいのに、yammerにはそれがないため、「いいね」しかできず、ちょっと残念ですね。

 

ファイル添付がうまくいかないことが多い

作成したファイルを添付して共有しようとしても、うまくアップロードできないことが多くて、使いづらいです。

 

 

おすすめの無料社内SNSサービス比較表

 

比較表を作ってみた特徴としては、基本的なチャット機能、ファイル共有機能などはどこも一緒でした。

以下各社に対するコメントです。

トークノート

スタンプがあったり、タスク管理も後から追加されたり、機能を積極的に拡張しているのが印象的でした。無料アカウントだと絞り込み検索ができないのが残念ですが、人数が少ない会社なら問題ないようにも思いました。

 

チャットワーク

中小企業の間では知名度が高い会社ですよね。コミュニケーションツールだけでなく、仕事のコラボツールという位置づけで、ビデオ通話機能なども付いています。

 

yammer

マイクロソフトが買収したことで一瞬話題になりましたが、ここ最近は微妙な感じですね。先日マイクロソフトは自社で開発した「Microsoft teams」を発表しました。

office365ユーザーには無料提供されるということで、今後はこっちが活気づきそうで、yammerの人気はすたれる一方かも。。。

 

サイボウズLIVE

言わずと知れた、グループウェア老舗のサイボウズの商品。有料版はなく、もっと活用したいときは、サイボウズを契約することになるんだと思います。大手の安心感はありますよね。年に数回は新機能が追加されているようで、今後の改善も期待できそうです。

 

slack

ファイルがslack内では、ドラッグアンドドロップで移動ができたり、各種タグをいれることで、検索等もいろいろできたり、一番機能が豊富そう。ITに詳しい方には一番喜ばれそうですね。あとは、英語なので、登録とか、説明とかは多少英語力が必要かも。

 

workplace

facebookの社内SNSツール。facebookに慣れている人からすると、使いやすいと思います。スタンプも豊富。

 

line works

あのlineの社内SNSツール。外部の通常のlineとつながれるのが大きなメリットです。お客様とつながって、営業の売上につながった事例も多いとか。

 

これがおすすめ!無料社内SNSサービス

yammerで個人的には一番不満なので、スタンプがないことなんですね。これを一番解決してくれているのは、slackで自分で画像を登録して、自由にスタンプを増やせるのが魅力的だなと思いました。

ただ、無料アカウントは、1万メッセージまでしか遡れないとなると、約1年くらいで弊社の場合は超えてしまうので、できればその前も見れるようにしたい。かといって、一人6.67ドルはほかのサービスよりもちょっと高い。

となると、弊社の場合は、トークノートが一番いいかなと思いました。

 

※実際に使った感想ではありませんので、情報に間違っているところもあるかもしれません。もし、間違いがありましたら、教えて頂ければ幸いです。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・賃貸オフィス相談室の最新情報(ワークプレイス作り、法律税金、物件探しのノウハウ等)
・中小企業を経営する起業家、経営者向けの情報
・プロオススメの新着物件情報
購読者3400人、発行暦13年を超える人気メルマガ「不動産屋が教える!賃貸オフィス虎の巻!
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

ワークプレイス作りの最新記事




最新記事