1. HOME
  2. ブログ
  3. wifiルーターのセキュリティ 最新設定をきちんと選択してますか?!

wifiルーターのセキュリティ 最新設定をきちんと選択してますか?!

<この記事を書いた人>

wifiルーターは危険がいっぱい?!

WiFi(無線LAN)の電波はオフィスを超えて、別のフロアや屋外まで拡散します。WiFiから100m以上離れた場所からでも、通信内容を傍受することが実は可能です。

オフィスの外からwifiに接続し、通信を傍受。ネットワークに不正にアクセスができてしまうんです。

そして、個人情報を盗んだり、不正のウイルスを感染させたりといったことができてしまうんですね。

 

wifiアクセスポイントのセキュリティ方式とは

そのため、WIFIでは、暗号化をして、データを盗み見られないようにしたり、不正にアクセスできないような仕組みを持っています。その種類がいくつかあるのですが、以下ご覧くださいませ。

種類 特徴
WEP 1997年に登場した認証方式。送信データが改ざんされていないかをチェックするパケットを付与して通信しているものの、そのパケットが容易に予測されてしまい、かつ、パケット自体が改ざんされる恐れがあり、改ざんされた場合でも検知ができないという欠点があります。WEPの暗号を解読するツールを利用することにより、わずか数分足らずで解読されてしまうため、現在ではWEPは使用を推奨されていません。
WPA WEPからさらにセキュリティを高めた方式として2002年に登場。その後すぐにさらに上位規格としてWPA2が発表されたため、あまり利用はされていません。
WPA2 WPAの脆弱性を解消し、さらにセキュリティを高めた方式として2004年に登場。現行での標準規格。この中に、WPA2-TKIPとWPA2-AESがある。WPA2-TKIPは定期的に暗号化キーが変わる方式。WPA2-AESは、米国国立標準技術研究所によって政府標準の暗号方式としても採用された暗号化アルゴリズム。WPA2-AESの方がより安全性が高い。
WPA3 2018年に発表された最新規格。対応しているルーターもまだ多くはないです。これからルーターを購入するなら、このWPA3対応機器を購入しましょう。

 

最新のWPA3規格対応のルーターとは

各メーカー最新のルーターがWPA3に対応しているようです。

詳細はこちら➡TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Wi-Fi6 AX6000 

 

詳細はこちら➡NETGEAR WiFiルーター 11ax(Wi-Fi6)AX11000 

詳細はこちら➡NEC Atermシリーズ AX6000HP

管理画面から暗号化方式は選べます!

どの暗号化方式を使うかは、管理画面から選べるようになっています。最新の暗号化方式になっているか?最も脆弱なWEPになっていないかを確認しておきましょう!

以下はNEC atermの管理画面です。

まとめ

ルーターの管理画面から設定で、暗号化方式は選べるようになっているはずです。管理画面からログインして、

最新の方式を選ぶようにしましょう!

 

関連記事

IT担当者がいない企業向けにセキュリティチェックリストを総務省が公開!

wifiルーターのセキュリティ 最新設定をきちんと選択してますか?!

そもそもVPNとは?リモートアクセスVPNと拠点間VPNの違いを解説

UTMとは?初めての方向けにとにかく分かりやすく解説!

コロナ禍でVPN、リモートデスクトップ、自宅PCが危険になっている?!

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

中小企業ICT活用の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。