トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 賃貸オフィスの法律 > 事務所を借りるのに、連帯保証人が必要ですか?

 事務所を借りるのに、連帯保証人が必要ですか?

 住居を借りるときに、連帯保証人が必要になりますが、

 事務所、店舗を借りるときも、
 連帯保証人が必要になります。


 通常は、法人の場合、代表者が連帯保証人になることが多いです。
  
 ただ、設立して間もないなどの場合によっては、
 さらに第三者の保証人を求められるケースもあります。


 ちなみに、連帯保証人は、

 賃料の支払いが滞ったときに、
 すぐさま、代わりに支払わなければなりません。

 また、建物を壊したり、損害を与えてしまった場合にも、
 賠償する義務があります。


 ただ、建物や店舗の場合、
 多額の保証金を支払っていますので、

 それでおさまる範囲のものであれば、
 連帯保証人の負担は少なくなります。


 それよりも、大事なのが、

 もし、テナントが荷物を残して、夜逃げした!等の場合に、
 残存物をひきとってもらう場合です。

 その場合、連帯保証人の負担で引き取らなければなりません。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト