1. HOME
  2. ブログ
  3. 「光ファイバーがMDFまできてる」とはどういうこと?

「光ファイバーがMDFまできてる」とはどういうこと?

<この記事を書いた人>

MDFとは、主配電盤ともいい、

電話回線等の配線を束ねている装置のことです。

雨にさらされないように箱に入れられ、1階の管理人室や、駐車場などに 設置されています。

(光ファイバー工事♪/妄想癖大家・曲がり屋トムの雑記帳♪より)

 

ここまで光ファイバーが来ているということは、

NTTであれば、「フレッツのマンションタイプ」用ラックが
MDF内に設置しているあるということです。

あとは、各部屋で工事をすれば、
光回線でインターネットができるということを意味しています。

もし、MDFまでも光ファイバーが来ていない場合は、

「マンションタイプ」より上位の
「ファミリータイプ」「ビジネスタイプ」などに
申し込み、光ファイバーを直接部屋まで引き込む必要があります。

その場合、オーナーの許可が必要なのですが、
もし、マンションなどの区分所有建物だった場合、

管理組合の許可が必要になり、光ファイバーが使えるようになるまで
かなりの時間がかかります。

また、当然管理組合で否決されれば、
光ファイバーは使えません。

ちなみに、MDFから各部屋までの工事費用は
NTTが負担してくれます。

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・ワークプレイス作り、オフィスに関する最新ニュース、法律税金、物件探しのノウハウ等
・中小企業向けのICT活用によるワークスタイルノウハウ
・プロオススメの新着物件情報
購読者3500人、発行暦14年を超える人気メルマガ「プロが教える!オフィス作り虎の巻!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

賃貸オフィスの基本の最新記事




最新記事