1. HOME
  2. ブログ
  3. A工事、B工事、C工事とは?店舗や事務所の入居時工事の場合

A工事、B工事、C工事とは?店舗や事務所の入居時工事の場合

ABC工事区分とは?

A工事、B工事、C工事の工事区分は、比較的しっかりとしたオフィスビルやショッピングセンター・共同店舗等にテナントとして出店するとき、耳にする言葉です。

 この工事区分の仕様によって店舗の内装工事費が大きく変わります。

 

A工事 ビル本体の工事でオーナーの工事負担でオーナーが施工する工事です。共用の施設・共用通路、また用途に対応した標準的な設備(メーター迄、または店舗区画迄)等の工事が含まれます。所有権は、オーナーにあります。また、設計、施工は、オーナー側の業者が行います。
B工事 テナントが決まってから、テナントの要望によりオーナーが行う工事で、工事費はテナントが負担します。主に、ビル全体の施設・安全性・工程に影響を与える工事です。(例:分電盤、給排水工事、防水工事、厨房給排気工事・防災・空調設備等のA工事の追加変更工事)所有権は、主にオーナーのものになります。また、設計、施工はオーナー側の業者が行います。
C工事 テナントがビルオーナー承認の基に施工する工事です。(例:店舗内内装工事、什器備品、照明器具、電話工事等)所有権はテナントにあります。また、設計、施工はテナント側の業者が行います。

この区分はそれぞれに微妙に異なりますので、オーナーに確認されることをお勧めします。

※よく問題になるのがB工事の所有権です。費用を負担しながらビルオーナーの所有になりますので、ご注意ください。

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

google workspace、microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、MOTTEL※、yoom※など

※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2023の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097





関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事