1. HOME
  2. ブログ
  3. レンタルオフィスのススメ こんなにもお得だった?!

レンタルオフィスのススメ こんなにもお得だった?!

<この記事を書いた人>

最近増えているレンタルオフィス・サービスオフィスと、通常の賃貸オフィスのコストを比較してみました!その結果、びっくりするほどの結果が。。。

レンタルオフィス、サービスオフィスとは?

レンタルオフィス、サービスオフィスとは、通常のオフィスビルの1フロアもしくは一棟の中で、

細かく間仕切りをして、通常であれば、100坪くらいの大型のオフィスビルでも、1人、2人から借りれるようにしたものを言います。

また、レンタルオフィスの中でも、フロントスタッフがバイリンガルで、かつ書類のコピー等の簡単な作業を手伝うことができるオフィスをサービスオフィスと言います。

 

 

レンタルオフィス、サービスオフィスの特徴

レンタルオフィス、サービスオフィスの特徴として、

一般的には以下のようなものがあります。

1.家具付

2.水道光熱費が賃料に含まれている

3.インターネット利用料が賃料に含まれている

4.現状回復費用がかからない

5.初期費用で礼金、敷金がない

6.共用部に会議室があり、必要なときに借りることができる。

  また、無料のラウンジスペースがあるところも多い。

7.フロントスタッフがいる場合、荷物の受け取りを行ってもらえる。

  会議室でのお茶出し対応を行ってくれるところもあり。

8.トイレ、キッチンは共用部にあり、清掃はビル側が行う。トイレは男女別。

 

 

通常の賃貸オフィスとの比較

ごく一般的なオフィスを借りた場合と、レンタルオフィスを借りた場合でかかるコストを比較すると、

レンタルオフィスは、初期費用や原状回復費用、

もしくは月次費用で通常オフィスでかかる負担がなくなってきますので、

一見賃料が高く見えがちなのですが、トータルコストで考えると、実は割安なケースが多いです。

 

レンタルオフィスを探す場合のコツ

賃料を上げる

電気代、水道代、インターネットも含まれているということで、想定している賃料よりも数万円賃料を上げても、実質負担が変わりませんので、賃料を数万円上げて探すと、いい物件が見つかりやすくなります。

 

面積を入れない

レンタルオフィス、サービスオフィス物件は、どうしても面積は小さくなります。そのため、普通に面積を入れてしまうと、検索結果から除外されてしまいます。オフィスを探すときに、最低面積を外してみましょう!!

レンタルオフィスが検索結果に出てくるようになります。

 

人数で探せるとベスト

レンタルオフィスを面積で探すのは、あまり向いていません。もし、利用人数で検索できるなら、その方が断然いいです。なかなか利用人数で検索できるサイトがないのですが、弊社HPでは人数検索機能を作ってありますので、以下のリンクからお試しいただければと思います!

レンタルオフィス・サービスオフィスの一括検索フォームはこちらから

東京のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 渋谷のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 新宿のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧
シャワー付きレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 池袋のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 青山表参道のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧
秋葉原のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 品川のおすすめレンタルオフィス、シェアオフィス一覧 格安レンタルオフィス、シェアオフィス一覧

 

 

「参考情報」
レンタルオフィスの電話番号や転送電話を使ってはいけない!?

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・ワークプレイス作り、オフィスに関する最新ニュース、法律税金、物件探しのノウハウ等
・中小企業向けのICT活用によるワークスタイルノウハウ
・プロオススメの新着物件情報
購読者3500人、発行暦14年を超える人気メルマガ「プロが教える!オフィス作り虎の巻!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

賃貸オフィスの基本の最新記事




最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら