TOP 賃貸オフィスの基本 店舗と店舗事務所と事務所の違い

店舗と店舗事務所と事務所の違い

店舗と店舗事務所と事務所の違いとは?

 

<店舗>

・不特定多数の来客がある
・スケルトン状態での引き渡しもある
・おもな業種としては、飲食店、アパレル、美容室等
(内装に力を入れる業種が多い)

<店舗事務所>

・不特定多数の来客がある
・通常、事務所仕様での引き渡し
・おもな業種としては、英会話教室、不動産会社、旅行会社、金融等
(内装にはあまりこだわらない業種が多い)

<事務所>

・不特定多数の来客がない
・事務所仕様での引き渡し
・業種は様々だが、来客は多くはない

※不特定多数・・・従業員のように誰だか特定できない人

たとえば、エステサロンや、整体、マッサージ等で固定客しかとりません!

という場合にも、一般的には不特定多数の来客があると見なされます。

実は、不動産会社が探すときに、
上記の3種類では探し方がちょっと異なるんです。

ですので、
物件探しを依頼するときは、
「業種」「不特定多数の来客があるかどうか」「内装にこだわるかどうか」等
をきちんと伝えましょう。

関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事