1. HOME
  2. ブログ
  3. 楽楽精算・マネーフォワード債務支払・invox発行請求書を比較解説!

楽楽精算・マネーフォワード債務支払・invox発行請求書を比較解説!

近年、手間が掛かる経理業務を効率的に実施できるクラウド型の「経費精算システム」が増えています。様々な経費精算システムがありますが、特に多くの企業で導入された実績があるのが、楽楽精算・マネーフォワード債務支払・invox発行請求書の3つです。

本記事では、楽楽精算・マネーフォワード債務支払・invox発行請求書の3つの特徴・料金などを比較しながら解説していきます

①楽楽精算の特徴・料金

はじめに、楽楽精算の特徴について説明します。

楽楽精算は、業界トップクラスの導入社数を誇る経費管理システムとなっており、多くの企業で利用されています。様々な機能が搭載されており、たとえば豊富な入力支援機能やチェック機能、既存の申請書を再現することができる申請画面、会計ソフトに合わせた仕訳データを出力する機能などを利用できます。

さらに、専任スタッフのサポートも充実している点も楽楽精算の特徴です。電話やメールなどによる丁寧なサポートを実施しているため、PC操作に慣れていない方であっても、安心して利用できるでしょう。

楽楽精算の料金ですが、月額費用が30,000円(税抜)~、初期費用が100,000円(税抜)となっています。

料金は利用する従業員数に応じて変動するため、正確な料金を知りたい場合は問い合わせが必要です。

②マネーフォワード債務支払の特徴・料金

続いて、マネーフォワード債務支払の特徴や料金について解説していきます。

マネーフォワード クラウド債務支払とは、支払いにおける請求書の管理業務を効率化できるツールのことです。マネーフォワードクラウドシリーズのサービスの一つであり、多くの企業で利用されています。

マネーフォワード クラウド債務支払に搭載されている主な機能は、以下の通りです。

①請求書メールの自動取り込み

②AI OCR

③事前・各種申請フォーム

④銀行振込API

⑤支払調書

⑥ワークフロー

⑦API連携

料金体系は「基本料金」+「従量課金」+「オプション」という形になっており、小規模事業者向けの「スモールビジネス」か、中小企業向けの「ビジネス」のどちらかを選択できます。どちらも20名以下の方が対象となっており、従業員数21名以上での利用を検討している場合は、個別での相談が必要です。

プランごとの基本料金は、以下の通りです。

プラン名 スモールビジネス ビジネス
対象 部門管理が不要な企業、請求業務の少ない小規模事業者 バックオフィス業務全般を効率化したい中小企業
年額プラン 2,980円/月 4,980円/月
月額プラン 3,980円/月 5,980円/月

※すべて税抜き価格

また、ビジネスプランでは、1ヶ月の無料トライアルを実施しています。

③invox発行請求書の特徴・料金

続いて、invox発行請求書の特徴・料金について解説します。

invox発行請求書とは、請求書の作成から送付、入金消込までの工程を自動化できるクラウドサービスのことです。

invox発行請求書は「フリー」「ミニマム」「ベーシック」「プロフェッショナル」の4つの料金プランが用意されています。

プランごとの料金や利用できる機能を下記の表にまとめました。

プラン名 フリー ミニマム ベーシック プロフェッショナル
対象 標準レイアウトの請求書を毎月15件まで発行したい方 請求書の作成~発行を効率化したい方 請求書の作成から発行、入金消込までを自動化したい方 カスタムレイアウトの請求書を無制限に作成したい方
初期費用 無料 無料 無料 無料
月額基本料金 無料 1,980円

(税込2,178円)

9,800円

(税込10,780円))

29,800円

(税込32,780円)

データ処理料金 (1件あたり) 無料で発行可能 発行=税込55円 発行=税込55円

入金消込=税込55円

発行=税込55円

入金消込=税込55円

請求書のメール送付(15件まで)
カスタムレイアウトの請求書作成 × 3つまで 5つまで 無制限
入金消込 × ×
サポート内容 チャットサポート フリープランの内容

・オンライン会議

・請求データへのファイル添付

 

ミニマムの内容

・申請・承認ワークフロー

・会計システム連携

ベーシックの内容

・カスタムレイアウトの請求書を無制限に作成

・支払通知書・自社発行請求書のデータ化

invox発行請求書はどのプランであっても初期費用は無料となっており、申し込んだ当日から利用することが可能です。

楽楽精算・マネーフォワード債務支払・invox発行請求書の3つを比較!

ここでは、楽楽精算・マネーフォワード債務支払・invox発行請求書の3つを比較していきます。

楽楽精算 マネーフォワード債務支払 invox発行請求書
初期費用 100,000円(税抜) 無料 無料
月額料金 30,000円(税抜) 2,980円(税抜)

※スモールビジネス(年額プラン)

1,980円(税抜)

※ミニマムプラン

サポート体制 専任スタッフの電話・メールなどによる手厚いサポート サポートページ・メニューが充実している 導入から本運用まで一括したサポートを実施
特徴・メリット カスタマイズ性の高さ ・豊富なオプション

・他のマネーフォワードシリーズと組み合わせられる

・低料金で利用可能

・手軽に導入できる

カスタマイズ性を重視する場合は「楽楽精算」がおすすめ!

楽楽精算は他の2つと比べると、初期費用が掛かり、月額費用も高額になりますが、自由にカスタマイズできるメリットがあります。カスタマイズ性を重視するのであれば、楽楽精算がおすすめです。

マネーフォワードシリーズを使っている企業には「マネーフォワード債務支払」がおすすめ!

マネーフォワード債務支払は基本的なプランでも十分に利用することができますが、オプションを増やしたり、他のマネーフォワードシリーズと組み合わせたりすることで、より便利に利用できるメリットがあります。

既に他のマネーフォワードシリーズを使っている場合は「マネーフォワード債務支払」がおすすめです。

料金、手軽さを重視する場合は「invox発行請求書」がおすすめ!

invox発行請求書は他の2つよりも安く利用でき、申し込んだ当日から利用できます。さらに、サポート体制も充実している点も魅力です。

料金や導入の手軽さを重視する場合は「invox発行請求書」がおすすめです。

まとめ

今回は、楽楽精算・マネーフォワード債務支払・invox発行請求書の3つの料金や特徴を比較解説しました

今回紹介した3つは多くの企業で導入されていますが、それぞれ特徴やメリットが異なります。本記事で紹介した内容を参考にして、自社に適したシステムを選んでいきましょう。

 

 

請求書処理、経費を見直す予定の方へ

弊社では、楽楽精算、マネーフォワード債務支払、inovoxなどの複数ツールを扱っており、弊社ITの専門家が最適なプラン選定をアドバイスします。

また、弊社からの導入で、以下のメリットがあります。

他クラウドサービスとセット導入で特別に割引価格でご提供が可能です。

②IT導入補助金を使って、大幅に安いコストでのご提案が可能です。

 

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「経費、請求書処理ツールの記事を見た」とお伝え下さい。

 

請求書処理、経費精算 無料相談フォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

バックオフィス系の人気記事

ICTオフィス相談室 最新記事