1. HOME
  2. ブログ
  3. 月額19800円で全国700拠点使い放題のコワーキングスペースがすごく良かった!

月額19800円で全国700拠点使い放題のコワーキングスペースがすごく良かった!

<この記事を書いた人>

コワーキングスペースとは

コワーキングスペースとは、英語で、co-workingspaceという綴りになりまして、つまり、co-workなスペース、他の誰かと同じ空間で働く場所の事を言います基本的には、どこもカフェのようなおしゃれな内装で、細かく間仕切りで分かれた個室ではなく、開放的なラウンジのような空間になっています。

席は決まっておらず、そのとき空いている場所を使います。

コワーキングスペースによって、料金体系が異なりまして、事前に契約が必要なプランと、その日必要な時に利用するドロップインという使い方があります。

コワーキングスペースの料金制

定額制プランについて

定額制の場合、何日利用しても金額が変わらないので、実際のオフィスの代わりになります。サービスによっては登記も可能な物件もあります。最近は、特定の物件を契約するのではなく、1つの契約で、他の拠点を使えるサービスが増えてきています。

ドロップインについて

ドロップインサービスは、利用したい時に、必要な分だけを使えるサービスです。移動が多い仕事に向いていて、お客様先を出て、すぐ近くのコワーキングに入って、仕事をして、そのまま帰るなど、移動時間を削減して、生産性向上につながります。

 

smartofficeとは

今回、月額19800円で700拠点以上が使い放題という、アセットデザインという会社が提供しているsmartofficeというサービスを実際に利用してきました!

特徴は以下の通りです。

定額制サービスは1人月額19800円(税込)で使い放題

例えば、we workさんの場合、42,900円(税込)なので、半額以下!

使える拠点数は全国700拠点以上

さすがに700拠点あると、仕事のAPが終わった後、すぐそばに拠点があるので、本当に移動時間を削減できます。また、比較的小型のビルが多いので、そのビルについてから、ワークスペースまでもすぐにアクセスできました。we workさんだと、大型ビルが多いので、まずビルの入口を探して、エレベーターで該当階に上がるエレベーターを探し、現地に着いたら、フロントでチェックイン業務をしなければいけないので、急いでいる時は、ちょっとイラっとします(笑)

ドロップインプランもあり

毎日使う訳ではない場合、基本料金なしで、使った分を220円(税込み)~/30分のプランもあります。普段毎日は使わないという企業に最適ですね。

内装がおしゃれ

現地を見て思ったのは、けっこうおしゃれな内装で雰囲気、居心地は良かったです。

we workさんほどの上質さはありませんが、仕事するには十分でした。

カード式ですが、他のメンバーとも共用利用が可能

同じタイミングでなければ、19800円の固定料金内で、月曜日はAさんが使って、火曜日はBさんが使ってという事が可能です。社員全員分契約となるとけっこうな金額になってしまいますが、必要な分だけを契約するなら、かなり割安ではないでしょうか。

 

ウェブミーティングも可能

電話可能なスペースが各拠点にあり、そこではイヤホンをつけていれば、ウェブミーティングが可能となっています。また、コロナ後に出来た新しい拠点では、ウェブミーティング用の個室スペースもあります。カフェだと、どうしても他の音を拾ってしまうので、ウェブミーティングがやりづらいですよね。そんな場合も、smartofficeさんは便利だと思います。

その他特徴

他にも以下のサービスが無料でついてきます。

・入退室記録

・多重セキュリティゲート設置

・高速インターネット

・会議室にはモニター設置

・貸しロッカー

・フリードリンク

smartofficeの料金表

固定制プラン 従量制プラン(スポット利用)
基本料金 19,800円 無し
オープンスペース、ラウンジ 無料 220円/30分
プライベートブース(1名用個室)オンラインミーティング向け 無料 440円/30分
ソロブース(1名用半個室)天井は空いてます。 無料 330円/30分
会議室/MTGーBOX 定価の50%オフ(従量制プランの半額) 440円~/30分
提携カラオケ 無料(1日2時間まで。それを超えると別途追加料金) 各施設の定価
提携ホテル(客室) 各施設の定価50%オフ 各施設の定価

※価格は全て税込みです。

 

we workとの比較

サービス名 smartoffice(固定制プラン) we work(All Access)
料金 19,800円 42,900円
拠点数 全国740拠点 全国34拠点
利用時間 基本7時~21時(拠点ごとに異なります) 平日9時~18時 もしくは8時30分~20時(拠点ごとに異なります)
アカウントの複数人共同利用 ×
特徴 中小規模のオフィスビルに入っています。また、提携施設でカラオケとホテルもあり。フリードリンクにビールはありません。

 

大型の著名なビルに入っている。内装は上質。フリードリンクにはビールもあります。

 

smartofficeの紹介はこのくらいにして、実際に現地に行ってきましたので、以下そのレポートです!

西新宿ワシントンホテルの拠点に行ってきました!

ビルエントランス、共用部

西新宿の有名なホテルの2階にはいってるんです!

目の前の通りは緑があふれていて気持ちがいいです。

 

エントランス。タクシー止めもあります。

ホテルの中を進んでいくと、

コンビニもありました!

開放的なエレベーターを上がっていきます。

 

コワーキングスペース入口

こちらがコワーキングスペースの入口です。

個室を契約ている法人もいるので、時間外の呼び出しインターホンが設置されています。

写真はありませんが、基本的にはカードをかざして、セキュリティの自動開錠となり、入室します。

 

入口を入ると、フロントスタッフさんが迎えてくれます。

エントランス横のソファーセット。お客様に入口でお待ち頂く場合にいいですよね。

このイス、20万円くらいするのだとか。。。

会議室

個室の会議室はこんな感じでした。木目がおしゃれなテーブルでした!会議室やブースは予約も可能です。

 

電話もOKのコワーキングスペース

左奥のドアが電話NGスペースへの扉です。

電話NGのコワーキングスペース

こちらは電話禁止なので、静か。落ち着いて仕事ができそうです。

 

このファミレス席いいですよね!!すごく集中できそう。

ソロブース

従量性プランの場合、330円/30分かかるスペース。固定料金制なら、空いていれば、使い放題です。これはほんとに集中できます。

 

プライベートブース

西新宿ワシントンホテルの施設にはプライベートブースが無かったので、別拠点にも行ってきました!

ほんとに完全に個室ですね。上まで仕切られていますので、ウェブミーティングに最適です。

 

 

水回り

コーヒーは普通でした。無料なので、文句は言えませんが(笑)

 

トイレはもちろん男女別です。

複合機

複合機ももちろん完備。

ロッカー

ロッカーも無料で使えます。ちょっと席を外す時にいいですよね!

 

その他個室契約スペース

ここからはコワーキングスペース契約では使えない、個室契約スペースです。

 

登記したい場合などはこちらになります。

 

まとめ

個人的に感じたのは、料金がいいというか、コスパがすごくいいということ。コワーキングスペース契約で700カ所使えるサービスはないですし、料金も安くて、かつ内装もおしゃれです。コワーキングスペース契約をお考えなら、すごくいいですよ!SOHOワーカーの方や、法人で営業に持たせるのもありだと思います。

営業がお客様先から、会社に戻る時間を削減できたり、本社オフィスを縮小して、普段は社員の自宅近所のsmartofficeに出勤させたりすれば、大幅な生産性アップにつながりそうです!

 

⇒その他詳細やお問い合わせ、申し込みはこちらのsmartoffice公式HPから

 

 

 

 

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

レンタルオフィス・コワーキングの最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。