1. HOME
  2. ブログ
  3. 通信費のコスト削減策10選をまとめてご紹介!2020年版

通信費のコスト削減策10選をまとめてご紹介!2020年版

<この記事を書いた人>

2018年、最新の通信費コスト削減策をまとめてみました!!まとめて導入すれば、毎月10万円以上コストを減らせるかも?!

1.NTTの見直し

法人でNTTの支払いが7万円以上なら、かなり削減余地がある可能性が高いです!

詳細はこちらから↓

2.ソフトバンク携帯の法人向け相対プランで導入

会社で携帯電話を導入しているなら、ソフトバンクの相対プランに切り替えるだけで、かなりのコスト削減になります。ガラケーなら、月額1600円でかけ放題。

androidなら、月額3300円程度から。iphoneなら、月額5000円程度でかけ放題、データ5G付きの相対プランが現在あります。

御社の法人携帯と料金を比較してみて下さい!

 

3.フリーダイヤルの見直し

フリーダイヤルは、各社で通話料金が大幅に変わってきます。

特に裏番号を同じ会社のIP電話で契約していない場合、相当高くついていることも。

ぜひ、確認しましょう!

詳細はこちらから↓

 

4.光電話を使っていて、通話が多い場合、bizimo光の通話料割引プランを使う

bizimo光というフレッツ光コラボ回線では、通話料10%割引になるプランがあります。NTTにはないプランですので、もし、フレッツ光の光電話を使っていて、かつたくさん通話する場合には、こちらのプランを選ぶとお得になりますよ!

 

5.ネット回線を最適な商品に変える

(小規模マンションの場合)

実はNTTの光ファイバーマンションタイプですが、建物の戸数で料金が変わります。小規模な物件ほど、ソフトバンク光を選んだ方がお得になります。

NTTフレッツ光 ソフトバンク光
アパート NTTフレッツ光マンションタイプ ミニ

月額3850円 + プロバイダー料金約1000円

月額3800円
小規模マンション 16戸未満 NTTフレッツ光マンションタイプ プラン1

月額3250円 + プロバイダー料金約1000円

月額3800円
小規模マンション以上 16戸以上 NTTフレッツ光マンションタイプ プラン2

月額2850円 + プロバイダー料金約1000円

月額3800円

(社員数10人程度までの場合)

NTTのファミリータイプを導入していると思います。

この場合、NTTのコラボレーション商品である「ソフトバンク光」「トラム光」への切り替えがおすすめです。

NTTフレッツ光ファミリータイプ ソフトバンク光 トラム光
光ファイバー料金月額 4500円(2年割り利用時) 5200円 4900円
プロバイダー料金月額 1000円程度 なし なし
合計月額料金 5500円程度 5200円 4900円

ソフトバンク光、トラム光は、NTTの回線をおろしてもらっている商品なので、NTTの光ファイバーが引けるところなら、どこでも導入できます。切り替える場合、NTTのルーターはそのまま利用します。

 

 

(15人以上のオフィスなら)

NTTのフレッツ光ファミリータイプだと、そろそろ重くってきているはずで、専用線の導入が必要です。NTTのビジネスタイプからNURObizに切り替えることでコスト削減になります。

 

NTTのビジネスタイプ NURObiz
光ファイバー料金月額 41,100円) 18850円
プロバイダー料金月額 1000円程度 なし
合計月額料金 42100円程度 18850円

42100円-18850円=23250円のコスト削減に。

 

NURObizの詳細はこちら↓

 

6.モバイルルーターは、ソフトバンクの相対プランを導入

 

wimax Ymobile ソフトバンク法人相対プラン
料金月額 3696円 3696円 3000円
サービス名 UQ Flatツープラス7Gまで Pocket WiFiプラン2 7Gまで 法人データ通信プランフラット7Gまで

モバイルルーター、ポケットwifiにおいても、ソフトバンクの相対契約の安さが目立ちますね!

 

7.複合機のカウンター料金は、カウンター料金無料の複合機を導入する

印刷ごとにかかるカウンター料金は、印刷する量や契約した営業店によって大きく異なります。

目安は白黒で1円、カラーで10円であれば、安い方ですが、それ以上だと高いので見直してみるだけでコスト削減になります。

 

また、それ以上に劇的に効果が出るのが、カウンター料金がかからない、印刷し放題の複合機の導入です。

詳細はこちらから↓

8.VPNの月額料金はおうちワークBOXが安い!

毎月一人当たり数千円の料金がかかっているのであれば、

おうちワークBOXなら、なんと50人までの定額制で30000円なので、一人当たり600円!

詳細はこちらから↓

 

9.固定IPを利用しているなら、プロバイダーを見直し

固定IPの料金はプロバイダーごとに大幅に違います。

プロバイダー名 OCN so-net bizimo
固定IP1つ分料金 4,700円 2,100円 680円

ビジネスホンの販売業者系が運営するプロバイダーだと、固定IP1つ9,800円というところもありました。固定IPを使っているなら、ぜひ見直しましょう!

10.通信料の支払いは、カードで支払う

通信料の支払いは、他の経費と異なり、比較的カード払いができるコストだと思います。

ぜひ、カード払いを行いましょう。

クレジットカード等で1%分のコスト削減が可能となります。

100円で1ポイント貯まりまして、そのポイントは経費の支払いに充当できます。

 

 まとめ

コロナの影響で、最近は問合せを多く頂いております。だいたい8割程度のお客様は明細を拝見できれば、コスト削減のご提案ができております!

以下のような表を無料で作成致しますので、まずはご相談下さいませ。

お問い合わせはこちら⇒ 株式会社アーデント 03-5468-6097

※「通信費のコスト削減の記事を見た」とお伝え下さい。

 

無料の通信経費削減コンサルお問い合わせフォーム

必要な項目のすべてをご入力いただき、「アーデントに問い合わせる」ボタンをクリックしてください。必須のついている項目は必須入力項目です。



会社名
必須
必須
メールアドレス必須
電話番号必須
コメント

 

【賃貸オフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・ワークプレイス作り、オフィスに関する最新ニュース、法律税金、物件探しのノウハウ等
・中小企業向けのICT活用によるワークスタイルノウハウ
・プロオススメの新着物件情報
購読者3500人、発行暦14年を超える人気メルマガ「プロが教える!オフィス作り虎の巻!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

コスト削減の最新記事




最新記事