1. HOME
  2. ブログ
  3. 外部にテレワークの取り組み状況を公開、開示する制度ができる?!

外部にテレワークの取り組み状況を公開、開示する制度ができる?!

NEWS
<この記事を書いた人>

以下の日経新聞のニュースを見ると、総務省はテレワークに関する外部評価、開示制度を作る事で、

テレワークの浸透を進める意向のようです。

テレワーク情報、企業に開示促す 総務省が評価指標

ということで、総務省のHPを見に行って、以下の資料を見つけました。

ポストコロナ時代におけるテレワークの在り方 検討タスクフォース 事務局説明資料

こちらは4月30日時点での資料ですが、既に24~29ページに記載がありますね。

 

例えば、求人募集のときや、上場企業であれば、投資家が株を買う時に、開示が義務付けられていれば、求人に応募しようとする人、もしくは投資家、取引先からの評価基準になっていきますよね。それにより、テレワークをより浸透させていこうという考えです。

 

 

今までは、テレワークができている企業を表彰する取り組みが多かったのですが、

できていないと、損をする仕組みですので、テレワークの普及にプラスになってきそうですね。

業種的にテレワークが難しいところもあると思います。その場合も、同業他社と比較して、判断基準につながっていくと思いますので、個人的には面白い取り組みだと考えます。ただ、この制度の対象になりそうな、大企業ですと、かなりテレワークが浸透していて、浸透があまりされていない中小企業がどうなるのかが気になるところですね。

 

 

■なお、クラウドPBXなら、テレワーク時、自宅で今の代表電話を受ける体制づくりが可能です。

仮想オフィスもおすすめ!

 

詳細は上記記事をご覧ください!

【ICTオフィス相談室の最新情報を無料メルマガでゲットする】

以下の情報をいち早く受け取れます!
・最新のICTツール等のニュース!
・中小企業向けのICT活用によるテレワーク等生産性の上がるワークスタイルノウハウ
・コスト削減、生産性向上のノウハウ、情報
購読者3500人、発行暦15年を超える人気メルマガ「IMnews!」
メールアドレス (例)nihon@example.co.jp

関連記事

働き方改革の最新記事




ICTオフィス相談室 最新記事

クラウドPBX7社一括比較はこちら





ICTオフィス相談室 広告掲載について
記事広告やバナー広告、メールマガジンでのご紹介が可能です。