1. HOME
  2. ブログ
  3. OCRで読み取るバクラク請求書を徹底解説

OCRで読み取るバクラク請求書を徹底解説

2023年はインボイス制度の開始や電子帳簿保存法への対応など、法改正への対応が求められる年でもあります。これらの法改正にスムーズに対応するためには、業務プロセスを見直したり、請求書の受取から支払処理までのフローを効率化したりなど、やらなければならないことがたくさんあります。

今回紹介する「バクラク請求書」は、AI-OCR機能によって請求書の自動読取・自動入力などが可能であり、請求書の受取から支払処理までを効率化できる便利なサービスです。

本記事では、バクラク請求書の搭載機能や特徴、メリットについて詳しく解説します

バクラク請求書とは

バクラク請求書 公式ページ

画像引用元:バクラク請求書

バクラク請求書とは、株式会社LayerXが提供しているクラウド型の請求書システムのことです。

バクラク請求書に搭載されているAI-OCRは、請求書を5秒で自動で読み取りでき、手入力をゼロにできるメリットがあります。さらに、請求書をオンラインで受領できるため、紙での請求書処理を減らせるメリットもあります。

さらに、電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応しているのも魅力です。

※電子帳簿保存法やインボイス制度については、下記の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

 

 

バクラク請求書の搭載機能

バクラク請求書の搭載機能は下記の通りです。

バクラク請求書の搭載機能
請求書自動読み取り 請求書に記載されている取引先、金額、日付等を自動で読み取ります。
会計システム連携 様々な会計システムと連携可能です。仕訳の情報をAPI連携もしくは、CSV形式で出力できます。
支払金額レポート 支払金額の内訳や支払い先が一覧で確認できます。
電子帳簿保存法対応 請求書等を電子帳簿保存法に準拠した形式で保存できます。
支払情報自動入力 支払先情報を自動読み取りした後に自動で入力する機能です。
メール・URL回収 請求書PDFをweb・メールから自動で回収できます。
源泉所得税レポート 毎月10日までに支払う源泉所得税のレポートを作成できます。
インボイス制度対応 適格請求書発行事業者番号の確認や適格請求書の要件を満たしていない請求書等を通知します。
仕訳学習機能 過去に行った仕訳のパターンを学習し自動補完する機能です。
二重処理アラート 二重処理が見つかった場合、画面にアラートを表示します。
振込データ出力 全銀フォーマットのデータを出力した上での振込が可能です。
SAML・IP制限対応 SAML・IP制限によって、セキュリティレベルを強化できます。

この表の通り、受け取った請求書の処理を効率化できる機能を多く搭載している点が、バクラク請求書の魅力です。

バクラク請求書の料金体系

バクラク請求書は「スターター」か「ベーシック」の2つのプランを用意しています。各プランの料金等は、下記の表の通りです。

スターター ベーシック
月額料金(税抜) 10,000円 50,000円
請求書の処理数/月 100枚まで 300枚まで
利用できる機能 ・ユーザー数の制限なし

・OCRやデータ出力、各種レポート、アラート機能など

・ユーザー数の制限なし

・OCRやデータ出力、各種レポート、アラート機能など

「スターター」の月額料金(税抜)は10,000円、「ベーシック」の月額料金は50,000円となっています。初期費用はどちらのプランも無料です。

バクラク請求書のメリット

バクラク請求書の主なメリットは下記の3点です。

請求書関連の業務を効率化できる

バクラク請求書の最大のメリットは、AI-OCR機能によって請求書関連の業務を効率化できる点です。様々な種類の請求書をわずか5秒でデータ化できます。さらに、10枚以上の同時アップロードも可能であり、処理遅延が発生することなく一瞬で各項目の読み取りが可能です。

手入力の作業が不要となり作業負荷を軽減できる

バクラク請求書は、一度登録されたデータに関してはシステムが学習し、自動で仕訳する仕組みです。仕訳・振込データ作成のための手作業が不要になるため、作業負荷の軽減に繋がるメリットがあります

バクラク請求書は、月次の支払レポートや源泉税レポートの作成も可能であり、分散していた書類の一元管理も可能です。

様々な会計ソフトと連携できる

バクラク請求書で作成された仕訳データは、様々な会計システムのフォーマットに対応しており、そのままインポートすることが可能です。対応している主な会計ソフトは下記の通りです。

バクラク請求書と連携できる会計ソフト一覧

画像引用元:バクラク請求書

作成された仕訳データを各会計システムにインポートすることで、二重登録の手間や誤登録などのリスクをなくせます。

まとめ

今回は、バクラク請求書の搭載機能や特徴、メリットについて解説しました

バクラク請求書では、AI-OCR機能によって請求書の自動読取・自動入力などが可能であり、請求書の受取から支払処理までを効率化できます。さらに、様々な会計システムのフォーマットに対応しており、会計システムにインポートすることによって二重登録の手間や誤登録などのリスクもなくせるでしょう。さらに、月次の支払レポートや源泉税レポートも簡単に作成できます。

インボイス制度や電子帳簿保存法にも対応していますので、ぜひ導入をご検討ください!

バクラクサービスは、請求書以外にも「バクラク申請」や「バクラク電子帳簿保存」などのも提供しています。下記の記事で詳しく解説していますので、こちらもご覧ください。

 

 

 

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事