1. HOME
  2. ブログ
  3. バッファローの無料遠隔監視「キキnavi」について詳しく解説

バッファローの無料遠隔監視「キキnavi」について詳しく解説

バッファローが提供している「キキNavi」とは、インターネットを経由して遠隔地にある機器と管理者をつなげられる無料リモート管理サービスです。キキNaviを利用すれば、遠隔地からの機器の監視やメンテナンスが可能になり、機器管理者の負担を大きく軽減できるメリットがあります。

本記事では、キキNaviでできることや搭載機能、メリットについて詳しく解説します

キキNaviとは

リモート管理サービス「キキNavi」公式ページ

画像引用元:リモート管理サービス「キキNavi」

キキNaviとは、遠隔に設置してあるTeraStationやAirStation Pro、Business Switchと管理者をつなげられるバッファローが提供しているリモート管理サービスです。

TeraStationやAirStation Pro、Business Switchなどを使っている企業であれば、無料で利用できます。さらに、HTTPS通信が可能な環境であれば、ネットワーク設定なども不要です。TLSにより暗号化された通信を使用しているため、セキュリティー面でも安心して利用できるでしょう。

キキNaviでできること

キキNaviでできることは、下記の4つです。

  1. 機器の稼働状況の把握
  2. 遠隔簡易操作
  3. 稼働状況の共有
  4. 設定情報の保存

それぞれ解説します。

機器の稼働状況の把握

キキNaviでは、キキNaviが機器管理者に代わりとなって、対象機種の稼働状況を常に把握します。情報機器の管理が苦手な方や経験が浅い方などに最適であり、機器管理者の負担を大幅に軽減できる点がメリットです。

キキNaviは、インターネットに接続できる環境があれば、PC、タブレットなどでどこからでも機器の状態管理を行えます。例えば、デバイス死活監視や、システム状態 (システムエラーやCPU使用率、メモリ使用率など)、HDD・SSD情報 (使用率やS.M.A.R.T.情報など)、 USB接続機器情報 (USB接続HDD/UPS情報) などの監視が可能です。

遠隔簡易操作

キキNaviに登録された機器は、現場でしか作業ができなかった簡易的なメンテナンスもインターネット経由でどこからでも実行することが可能です。例えば、再起動やログ取得、FWアップデートなどの作業を遠隔で実施できるようになります。

現場でのメンテナンス作業は、入室許可手続きや訪問日時の調整など、非常に手間が掛かります。キキNaviを利用すれば、機器設置場所への訪問工数などを削減でき、遠隔でのメンテナンス作業が可能です。

稼働状況の共有

キキNaviでは、保守・管理会社と法人ユーザーでの機器管理や稼働状況の共有が可能です。特定の会社のみが必要な機器だけを監視・簡易操作できる設定が可能になります。

機器の保守・管理は、営業担当やサポート担当、技術担当など、複数の社員が関わるケースが多く見られます。キキNaviでは、機器の管理に必要な監視・簡易操作といった権限を担当者ごとに設定することが可能です。

例えば、サポート担当・営業担当は自分が担当している会社の機器の「監視」だけができるように設定し、技術担当は自分の担当している会社の機器の「監視・簡易操作」ができるといった設定が可能になります。

設定情報の保存

キキNaviでは、機器の設定ファイルが自動で保存される仕組みです。例えば、障害による製品交換時やリプレース時などで、以前の設定情報を引き継ぎたい場合、キキNaviから設定ファイルをパソコンへダウンロードすることで可能になります。

保存対象となっている設定ファイルは以下の通りです。

TeraStation(Linuxベース)

・ユーザー
・グループ
・共有フォルダー
・アクセス制限

TeraStation WSS

・非対応

AirStation Pro・スマートスイッチ

・すべての設定

キキNaviを利用するメリット

キキNaviを利用するメリットは下記の2つです。

管理者の負担軽減につながる

一つ目のメリットは、管理者の負担を大幅に軽減できる点です

キキNaviが機器管理者に代わりとなって対象機種の稼働状況を常に把握するため、従来よりも管理者の負担を押さえられます。キキNaviでは、PC・タブレットなどでどこからでも機器の状態管理を行えるため、少ない労力で機器監視を行えるようになるでしょう。

機器設置場所への訪問工数などを削減できる

二つ目は、機器設置場所への訪問工数などを削減できる点です

現場でのメンテナンス作業は、入室許可手続きや訪問日時の調整など、手間が掛かる作業が発生します。キキNaviであれば、現場でしか作業ができなかった簡易的なメンテナンスなどもインターネット経由で実行することが可能です。

機器設置場所への訪問工数などを削減できるため、企業の生産性アップにも繋がるでしょう。

 

まとめ

今回は、キキNaviでできることや搭載機能、メリットについて解説しました

キキNaviは、遠隔から対象機種の稼働状況を常に把握したり、簡易的なメンテナンスを実施したり、管理者の負担を軽減できる機能を多く搭載しています。

TeraStationやAirStation Pro、Business Switchなどを使っている企業であれば、無料で利用できます。ぜひ導入を検討してみてください。

 


株式会社アーデントは、IT導入補助金の支援事業者を行っております!



アーデントからIT導入補助金を使ってクラウドツールを導入するメリットは以下の通りです。

メリット①対象ツールを2年間、半額、もしくは1/4で利用可!

メリット②会計ソフトを導入するなら、PCやタブレットの購入も補助が受けられ半額!

メリット③補助期間終了後は、公式価格よりお値引き!

メリット④各種IT活用、DX、保守サポートでより貴社のIT化を促進、生産性を向上します!




【弊社取り扱いクラウドツール】

GoogleWorkspace※、Microsoft365、kintone、サイボウズオフィス、chatwork、LINEWORKS、マネーフォワード、freee、楽楽精算、楽楽販売、楽楽勤怠、freeeサイン、クラウドサイン、勤革時、OASIS、zoho、GMOトラストログイン、バクラクシリーズ、カスペルスキー、ESET、ウイルスバスタークラウド、NotePM、RoboTANGO、Adobe Acorbat、leaf、ロジザードZERO、DX-Suite、LANSCOPE、iTutor、INNOVERAPBX、MOTTEL※、yoom※など



※こちらのツールは補助期間終了後の値引不可

また、上記以外のツールも取り扱いできるものが多々ありますので、一度ご相談ください。





IT導入補助金2024の詳細、お問合せはお電話頂くか、以下の記事を御覧ください↓

IT導入補助金お問合せ:03-5468-6097






以下の動画では、採択のポイントや申請にあたっての注意点などを詳しく解説していますので、
あわせてご覧ください!




関連記事

ICTオフィス相談室 最新記事