トップページ > 賃貸オフィスのノウハウ > 賃貸オフィスQ&A > 「光ファイバーがMDFまできてる」とはどういうこと?

 「光ファイバーがMDFまできてる」とはどういうこと?

 MDFとは、主配電盤ともいい、
 
 電話回線等の配線を束ねている装置のことです。

 雨にさらされないように箱に入れられ、1階の管理人室や、駐車場などに
 設置されています。

 ここまで光ファイバーが来ているということは、
 
 NTTであれば、「Bフレッツのマンションタイプ」用ラックが
 MDF内に設置しているあるということです。

 あとは、各部屋で工事をすれば、
 光回線でインターネットができるということを意味しています。

 もし、MDFまでも光ファイバーが来ていない場合は、

 「マンションタイプ」より上位の
 「ハイパーファミリータイプ」「ベーシックタイプ」「ビジネスタイプ」などに
 申し込み、光ファイバーを直接部屋まで引き込む必要があります。


 その場合、オーナーの許可が必要なのですが、
 もし、マンションなどの区分所有建物だった場合、
 
 管理組合の許可が必要になり、光ファイバーが使えるようになるまで
 かなりの時間がかかります。

 また、当然管理組合で否決されれば、
 光ファイバーは使えません。

 ちなみに、MDFから各部屋までの工事費用は
 NTTが負担してくれます。







物件をお探しの方はこちらから
まずは、情報収集をという方はこちらから




このページ先頭へ戻る
物件探しをプロに依頼する 物件検索サイト

賃貸オフィス相談室

オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法

お客様の声

小規模オフィスレイアウト例

賃貸オフィスの借り方ノウハウ満載サイト

アーデントスタッフ紹介:私たちが事務所探しをお手伝い致します!

bn_typeA_200_120.jpg


imgblogbanner.jpg

東京 レンタルオフィス、サービスオフィスの現地取材ブログ RO JOURNAL

株式会社アーデント 求人サイト